エコ・リサイクル

月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩“コマンタレブー”

旬を感じながら幸せになれるナチュラルでオーガニックな暮らし方を提案。美味しい・綺麗・気持ちいいが三原則。食の裏側の話や要注意の落とし穴も経験者が語ります。

全て表示する >

【月のリズム67】食べ過ぎはストップできない!? 2009/12/2

2009/12/02

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

コ┃マ┃ン┃タ┃レ┃ブ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

*∴★ --- 月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩☆*∴★

2009 12/2(満月) 第67号(あたりまえの食卓 Vol.96)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  インデックス

  1 暦の話 ・・・  「お歳暮」
  2 日々是ナチュラル ・・・「内臓にもお休みを!」

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

   暦・・・二十四節気:小雪(しょうせつ)〔11月22日〜12月6日〕
             大雪(たいせつ) 〔12月7日〜12月21日〕

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

★暦の話★

「お歳暮」

お歳暮の季節になりました。皆さんご用意はお済みになりましたか?
不況の影響や、若者には意味のわからない虚礼と映るのか、年々市場は
縮小傾向にあるようですが、お歳暮の由来は「歳暮の礼」という祭事
でした。

年末から年始にかけて、先祖を祭り歳神を迎えるための供え物を
嫁いだり分家した者が本家に持ち寄ることに始まります。

それが次第に年末に帰省できない子どもや遠方に住む親戚が、
生きている祖先である両親やお世話になった親戚へ贈り物をするように
変化していきました。

また、贈る品物は神様へのお供え物として、塩鮭、するめ、数の子、
魚介類の干物でした。

現在では神様へのお供えという意味は忘れられ、贈り物の内容も様々に
なりましたが、多くが食品であるというのは、この祭事の名残のように
思われます。

贈り物の時期は、元々は、12月13日の「正月事始め」の日から
12月20日頃までとされていたようですが、今は関東では12月初旬から
12月31日、関西では12月13日から12月31日までとされています。

お歳暮に間に合わなかったら、お年賀として松の内に贈りますが、松の内も
関東では7日まで、関西では15日までと違いがあるのはおもしろいですね。

本来は自らが携えて持っていったお歳暮。
今年は、エコロジーの観点からも、お付き合いの原点に戻って、1件くらい
は手持ちでお届けしてはどうでしょう。

                         (ながたけいこ)



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
    ■□ ★日々是ナチュラル★・・・河井 晴菜美 □■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「内臓にもお休みを!」

いよいよ今年も残すところ1ヶ月近くとなりました。
これからの時期、忘年会、お正月、新年会と、飲んだり、食べたりが
多くなり、ついつい飲み過ぎたり、食べ過ぎたりしてしまいがちです。

私はすでに11月から、いくつかの会があり、毎回のように飲み過ぎと
食べ過ぎで、翌日、調子がよくなくて後悔と反省を繰り返しています。

次回は過ぎないようにしようと誓うのですが、
正直なところ、この後悔と反省もやはり毎回という始末・・・。

私たち人類の長い歴史の中で、飢餓の経験は多くあっても、
満腹過ぎて生命が危険ということはほとんどなかったことなので、
どうやら食べ過ぎのときにストップをかける機能が身体に備わっていない
らしいのです。

なので、いくら反省をしても、また次には度を超してしまうのも仕方がない
ことなのかも知れません。

私は、飲み過ぎたり、食べ過ぎたりすると、身体がだるくて、
とても疲れているという実感があり、普段より睡眠時間を多く必要とします。
また、腎機能が弱いため、顔にむくみが出て、内臓に負担をかけていると
いうことが、一目瞭然。

翌朝、鏡にうつった顔を見て、あーあ、またやってしまったと思うわけです。
そんな調子の悪いときは、まず、朝食が食べられません。

実は、消化活動は身体にとってはとても重労働。
その重労働を思いっきり強いられて、疲れ果てているところに、
また消化させないとならない食べものが入ってくるというのは
あまりにも酷です。

食べたものが消化され、排泄までされるには18時間かかるらしく、
食事と食事の間を18時間くらい空けないと内臓は働きっぱなしなので、
できれば1日2食の方がいいという説(メルマガ「1日2食健康法」
http://www.2shock.net/article/0012.html)もあります。

私たちは1日24時間のサイクルのなかで生活しています。
1日は体内の働きに準じて大きく3つの時間帯に分けられるといわれている
というのを聞いたことがあります。

12時から午後8時までが栄養素を体内に取り込む時間帯。
午後8時から午前4時までが体内に取り込んだ栄養素を利用して
細胞の入れ替えを行う時間帯。
そして、午前4時から12時までは体内浄化の時間帯。

つまり、昼と夜はしっかり栄養を摂り、逆に朝は浄化・排泄を助けることに
ポイントを置くので、朝食は食べないか、または軽い方がいいということ
です。

食事というのは、単に栄養を摂るということだけでなく、精神的に
リラックスし、楽しむものでもあるはずです。
特に夜は、ゆっくり時間をかけて食べたいと思います。
人との外食も楽しみのひとつです。

そう考えていくと、やはり、夜には、精神的にも身体的にも満足した食事を
しっかりとり、翌朝はほとんど食べないような食事のパターンがいいように
思えます。

ただ、人によって生活パターンや身体もそれぞれなので、これがすべての
人にあてはまるわけではないでしょう。

たとえば、私は、日々60代、70代の方と一緒に仕事をしていますが、
その年齢の方たちはかなり、健康に対する意識が強いように感じます。

朝は、5時頃起きて、栄養のバランスを考えた食事をゆっくりととる。
お昼もお弁当持参か、宅配のお弁当屋さんのお弁当を食べる。
夜は、7時とか8時とか、決まった時間に軽く食べ、それ以降は
食べものは口にしない。

夜寝る前にしっかり食べると太るとか、いい睡眠がとれないとか、
よく耳にしますし、健康雑誌や健康番組で理想の食べ方として
取り上げられていることを良しとして実践されているのでしょう。
そして、それで調子が良く、続けられているのだと思います。

パターンは違っても、それぞれ一食を軽くするということ、
睡眠を挟むので次の食事までの時間がかなり空くという共通点があります。

私たちは必要以上に食べてしまいがちなので、意識して、食べものを
あまり入れない時間帯を作ってあげることが、身体にとっていいことだと
言えます。

その時間帯をどうやって作るかは、自分の体調をみながら、
自分にとって最も元気でいられるという方法を見つけるようにするのが
いいと思います。

 ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□ 河井 晴菜美(かわい はなみ)□■
 ■自然体で自己流、無理をするのが嫌い。
 ■面白いことを聞いたり、知ったりすると、人に教えたくなる。
 ■素材からオリジナル料理を発想するのが特技。
 ■一期一会料理(二度と作れない)も得意。薬膳に興味を持ち勉強中。
 ■趣味は書道、タップダンス、ヒップホップダンス。
 ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
□・編集後記・□
不況をよそに右肩上がりな私の・・・。暴飲暴食が内臓や骨に負担をかける
のはわかっていても、美味しい物の前では五感が総動員で食べようよ〜と
ささやきかける。よほど飢餓に苦しんだDNAを持っているのか。(な)
--------------------------------------------------------------
いよいよ年末。飲み食いの予定が日々どんどん入っていく。体力勝負だ。
体調を整えて臨まないと。食べながら、生き、死に向かう日々。(晴)
--------------------------------------------------------------
粗食がいいとか、いや現代人は実は栄養失調である、しっかり食べるべし、
など、健康情報は様々ですね。翻弄されず自分に心地よく食べたい。(絵)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

次回配信予定日:2009年12月16日(新月)
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
発行:コマンタレブー編集部 http://www.atarimae.com/
代表:ながたけいこ
日々是ナチュラル:河井晴菜美
美しさはこころよさ:絵本まや
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
☆月のリズムメールマガジンのバックナンバーは下記へどうぞ。
http://www.atarimae.com/
☆ご意見・ご感想はこちらへ。 mm@ atarimae.com
☆登録の解除・変更は下記ページでお願いいたします。
まぐまぐ!
http://www.mag2.com/m/0000229335.html
melma!
http://www.melma.com/backnumber_167535/
☆禁複写・転載☆
本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
Copyright(c)2009 atarimaeno-shokutaku. All rights reserved.
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
◎月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩
  のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000229335/index.html


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-25  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。