健康・家庭の医学

花粉症★100%★の自信!!

花粉症を必ず改善できる方法があるのに、なぜ多くの人はわざわざ勘違いをしているのでしょうか?薬は一切使用しませんし自宅だけでできる方法です。

全て表示する >

★花粉症★アレルギー発症のメカニズム!!

2007/04/21

今回は、アレルギー発症のメカニズムについてお話しします。

!)有害化学物質によって鼻粘膜、呼吸器粘膜、皮膚が傷んで弱くなり炎症が起きる。

!)同時に、有害化学物質によって人体の免疫の働きが撹乱され、正常に機能しにくく
なる。

!)そこに、花粉やダニ、ある種の食べ物など、抗原となるものが侵入すると、免疫反
応が暴走を始める。 


つまり、アレルギー症状の根本的な原因は、

「化学物質に身体が痛めつけれれてしまったこと」なのです。

このアレルギー反応が起きるのは、体の中でも一番弱っていて過敏になる部分です。

粘膜や皮膚が強くて抵抗力が十分にあり、免疫機能の暴走が起こらなければ

たとえ抗原が侵入してもアレルギーは起こりません。

花粉やダニ、ハウスダスト、そば、卵が

アレルギーを起こす最大の敵ではないという事をどうか認識してください。



では、どのようにして花粉症(アレルギー)を予防したり治したりできるのでしょう
か?

多くの方がよくされる方法は、

病院で処方される薬を使用したり、

マスクや、最近では服に花粉がつかないようにスプレーを吹きつけたり、

花粉がつきにくいようなレインコートのような服を着てみたり、

いろいろな策を試しているはずです。

それって・・・よく考えてみてください。

これらは症状を根本から治す方法でしょうか?

病院で処方される薬には、アレルギー性疾患である、

花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などを根本的に治すこと、

つまり体そのものを丈夫にする効果はありません。

西洋医学(現代医療)では、症状を和らげる対処療法が主体で、

病気の原因を治療することはほとんどおこなわれていません。

私は病院がまったく必要ないと言っている訳ではありません。

診断や救急医療については発達していますし必要だと感じます。

ただ、本来の対処療法とは、

私は患者さんの苦痛を軽減させることに主眼をおくべきだと考えていますが、

日本の医療現場では、

逆に患者さんを苦しませる行為がおこなわれていることが少なくないのです。


次回は、日本の医療現場の裏側についてお話します。

早く詳しい内容を知りたい方はこちら↓↓↓
http://www4.ocn.ne.jp/~kayutodo/kafunnsyou.html


■□■ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
かゆとど
http://www4.ocn.ne.jp/~kayutodo
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ■□■


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。