出産・育児

最前線の子育て論byはやし浩司(メルマガ版)

子育て最前線で活躍するお母さん、
お父さんのための育児マガジン+育児エッセーほか。    
★★★★★2007年10月、
60000誌の中で、TOP-ONEに
評価されました!★★★★★

全て表示する >

●子育て最前線の育児論byはやし浩司・メルマガ(ブッダの故郷はペルセポリスだった)

2015/05/17

1419+1220+1246
Stonehenge as a Calnedar
ストーンヘンジ・カレンダー説

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

https://youtu.be/knrfVn0zVo8

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/knrfVn0zVo8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

May 11th, 2015
ransuke
Hiroshi Hayashi
はやし浩司

John,Calendar,Stonehenge as Calendar,Stonehenge for a calendar,ストーンヘンジ・カレンダー説,Shogakukan,BBC Propaganda TV, BBCのプロパガンダ番組,Davyszabo,Stonehenge,Reconstructed,Mystery of Stonehenge,ストーヘンジ,再生遺跡,謎のストーンヘンジ,はやし浩司,浜松市,United Kingdom,Stonehenge, UK,re-constructed Stonehenge,fake ruins in UK,Hiroshi Hayashi,true story about Stonehenge,ストーン・ヘンジ,Stonehenge true,偽岩,fake rock,fake rock at Stonehenge,Fake Ruins,fake rock,Stonehenge,ハリボテ遺跡,偽遺跡,偽岩,擬岩,擬岩遺跡


【Hiroshi Hayashi******May  2015******はやし浩司・林浩司】
1420+1417
“Washington Panic Incidence”(ワシントン・パニック事件)
+Mystery of Flatwood Monster Incidence
(フラットウッド怪物事件の謎)

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

【Digest】

https://youtu.be/_48TfvZzAsA

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/_48TfvZzAsA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

【Full】

https://youtu.be/PclrCg2HZvQ

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/PclrCg2HZvQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

The 1952 Washington, D.C. UFO incident, also known as the Washington flap or the Washington National Airport Sightings, was a series of unidentified flying object reports from July 12 to July 29, 1952, over Washington, D.C. The most publicized sightings took place on consecutive weekends, July 19?20 and July 26?27.
「ワシントン・パニック」あるいは、「ワシントン空港目撃事件」と呼ばれる、「1952年のワシントンUFO事件」は、1952年の7月12日から29日にかけて、ワシントン上空で起きた、一連のUFO目撃事件をいう。もっとも広く知られたこの事件は、7月19日〜20日、7月26日〜27日にかけての週末に起きた。
At 11:40 p.m. on Saturday, July 19, 1952, Edward Nugent, an air traffic controller at Reagan National Airport, spotted seven objects on his radar. 
1952年の7月19日(日曜日)の午後11:40分。レーガン国立空港のエドワード・ヌジェントは、レーダーに7つの物体が映っているのを見た。
It is claimed that the Flatwoods Monster is some form of extraterrestrial, as this creature was spotted in the vicinity of a large UFO that either hovered above or rested on the ground in the town of Flatwoods, in Braxton County, West Virginia, on September 12, 1952. 
フラットウッド怪物について、異星人ではないかという説もある。というのも、その怪物が、大きなUFOが、ホバリングしていた町で目撃されたからである。1952年、ウエスト・バージニア州のブラクストン群の町でのことである。

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

May 12th, 2015
Hiroshi Hayashi
はやし浩司

Marygoround Incidence,Washington Panic,UFOs over Washington D.C.,ワシントン・パニック,メリーゴーラウンド事件,Flatwood,flatwood monster,UFO Incidence in Washington DC,エイリアン遭遇事件,フラットウッド怪物,Washington D.C.,Washington UFO,West Verginia,ウエスト・バージニア,はやし浩司,
Hiroshi Hayashi,


【Hiroshi Hayashi******May  2015******はやし浩司・林浩司】

1421+1075+1328
Mysterious Marks on the Helmet of Jomon Venus, or the Crest of Inanna
(縄文ヴィーナスのヘルメットにある、謎の記号、つまりイナンナの紋章)
Jomon Navels in Mystery(縄文土器、謎のヘソの穴)
Jomon in Nagano,Ishtar(Jomon Venus)
Inanna - Sumerian goddesses was at once lovely and terrible, seducing many great men and then killing them. Her unearthly white skin and glowing red eyes warn those who might answer her as she beckons with her right hand.
イナンナ=シュメールの女神。愛らしくも恐ろしい。多くの男たちを堕落させ、殺した。彼女のこの世のものと思われない白い肌と、燃えるような赤い目は、彼女が右手で招いたとき、それをやり返すことを許さなかった。
+A Queen with a Mask in Chino-city Nagano, Japan(長野県茅野市の仮面の女王)
土偶はエイリアン(Dogu Clay Figures are Aliens)。その証拠と証明(The Evidence and its Proof)。縄文文明の謎(縄文土器・土偶の謎)
Mystery of Clay Figures and Earthenware and its answer at Idoziri Acheological Museuma, Nagano, Japan. Jomon civilization is Father of other civilizations around the Pacific Ocean, including such as Maya, Inca and American Indians.

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

https://youtu.be/BaIT8RsICr4

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/BaIT8RsICr4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

土偶=エイリアン説は今では常識ですが、さらにそれを深く掘り下げて証明してみました。その深く掘り下げた部分についての、アイデア、セオリーの無断、転用、転載、盗用、流用は、禁止です。2014年09月25日現在、どなたにも許可していません。リンク張りは自由にしてください。
These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

May 12th, 2015
Marika(Tokyo)
はやし浩司
Hiroshi Hayashi

うずまき,うずまき文様,ソの穴,マリカ,ジャズ,ジャズダンス,マリカ,茅野市,ハイレグ,ハイレグ・パンティ,Ishtar,土偶,仮面の女王,Chino,Chino City,Pha Team,Lascaux,Tashili n Ajjer,Cueva de las Manos,Baja,PPintadosIdoziri Archeological Museum,hand marks,手形,謎の手形,山梨県立考古博物館,Idoziri,井戸尻,長野,甲府,井戸尻,考古館,doki,Earthenware,clay figures,土器,土偶,宇宙服を着たエイリアン,Alien in spacesuit,Hachinohe,Hakodate,Azteca,Maya,はやし浩司,


【Hiroshi Hayashi******May  2015******はやし浩司・林浩司】

1422+1419+1220+1246
Stonehenge as a Calnedar
ストーンヘンジ・カレンダー説

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

https://youtu.be/5sS4TWp1oPs

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5sS4TWp1oPs" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

May 14th, 2015
ransuke
Hiroshi Hayashi
はやし浩司

John,Calendar,Stonehenge as Calendar,Stonehenge for a calendar,ストーンヘンジ・カレンダー説,Shogakukan,BBC Propaganda TV, BBCのプロパガンダ番組,Davyszabo,Stonehenge,Reconstructed,Mystery of Stonehenge,ストーヘンジ,再生遺跡,謎のストーンヘンジ,はやし浩司,浜松市,United Kingdom,Stonehenge, UK,re-constructed Stonehenge,fake ruins in UK,Hiroshi Hayashi,true story about Stonehenge,ストーン・ヘンジ,Stonehenge true,偽岩,fake rock,fake rock at Stonehenge,Fake Ruins,fake rock,Stonehenge,ハリボテ遺跡,偽遺跡,偽岩,擬岩,擬岩遺跡


【Hiroshi Hayashi******May  2015******はやし浩司・林浩司】

1423+
The Kecksburg UFO Crash Incidence
(ケックスバーグ・UFO墜落事件)+
Space Acorn - 1965 UFO Kecksburg, Pennsylvania December 9, 1965. 
どんぐり型UFO−ペンシルバニア州、ケックスバーグ、1965年。
A fiery object rockets across the night and crashes into the woods northeast of rural Kecksburg, Pennsylvania. 
火のように燃える物体が、夜空を横切り、ペンシルバニアのケックスバーグの北東に墜落した。
Some say that it's a copper-colored spacecraft, maybe 15 feet long, encircled by a band of writing like Egyptian hieroglyphics. 
それが銅色の宇宙船であったと言う人もいる。長さは、15フィート(4・5メートル)で、その周囲には、エジプトのヒエログリフ(象形文字)のようなものが書いてあった。
The Army arrives within hours, throws a tarp over the thing, and hauls it away on a flatbed truck. 数時間後には軍隊が到着し、そのものに覆いをかぶせ、平台トラックに積んで持ち去っていった。
Everyone in town is told to forget about it.And almost everyone did. 
町の人たちには、忘れるよう(軍人に)言われた。で、ほとんどの人たちは、それを忘れた。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

https://youtu.be/feGlXYiL1lE

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/feGlXYiL1lE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

+The 1952 Washington, D.C. UFO incident, also known as the Washington flap or the Washington National Airport Sightings, was a series of unidentified flying object reports from July 12 to July 29, 1952, over Washington, D.C. The most publicized sightings took place on consecutive weekends, July 19?20 and July 26?27.
「ワシントン・パニック」あるいは、「ワシントン空港目撃事件」と呼ばれる、「1952年のワシントンUFO事件」は、1952年の7月12日から29日にかけて、ワシントン上空で起きた、一連のUFO目撃事件をいう。もっとも広く知られたこの事件は、7月19日〜20日、7月26日〜27日にかけての週末に起きた。

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

May 14th, 2015
Hiroshi Hayashi
はやし浩司

ケックスバーグ,ケクスバーグ,Kecksburg UFO Incidence,Acorn UFO,どんぐり型UFO,ドングリ,ペンシルバニア,Marygoround Incidence,Washington Panic,UFOs over Washington D.C.,ワシントン・パニック,メリーゴーラウンド事件,Flatwood,flatwood monster,UFO Incidence in Washington DC,エイリアン遭遇事件,フラットウッド怪物,Washington D.C.,Washington UFO,West Verginia,ウエスト・バージニア,はやし浩司,
Hiroshi Hayashi,


【Hiroshi Hayashi******May  2015******はやし浩司・林浩司】

1424
The Real Image of Buddha and who is He?, Where is He from ?
ブッダの実像、ブッダは誰なのか。どこから来たのか。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

https://youtu.be/WTxa9xlR3vg

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/WTxa9xlR3vg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

Ancient Persian Inscriptions Link a Babylonian King to the Man Who Became Buddha
古代ペルシアの碑文により、バビロニアの王と、ブッダ(釈迦)になった男がつながった。 

Dramatic evidence has revealed the presence of Siddhartha Gautama, the man who became Buddha, as far west as Persia. 
シッダルタ・ゴータマ(Shiddhartha Gautama)、つまり彼はブッダ(釈迦)になったのだが、その存在を示す劇的な証拠が、遠く西のペルシアで明らかになった。
Family seals and records found at Persepolis, the ancient capital of the fourth Persian Emperor, Darius the Great, have been identified and associated with the names of Siddhartha Gautama and his father, Suddhodana Gautama.  
ペルセポリスで見つかったファミリー印章および記録(Family seals and records)によれば、第4ペルシア皇帝のダリウス大王(Darius the Great)が、シッダルタ・ゴータマ(=ブッダ)と、ブッダの父親のスドダナ・ゴータマ(Suddhodana Gautama)という名前と認識され、かつ関係していることがわかった。
The Persepolis Seals identified royals and other important personages within the Persian ruling sphere. 
ペルセポリスの印章により、王族および他のペルシアの支配地域の重要な人物が明らかになった。
Guatama was the name of the royal family of the Saka kingdom.
ゴータマは、釈迦王国の王族家族の名前であった。
Analysis of Seals PFS 79, PFS 796 and PF 250 found among the collection of important seals in Persepolis, the Persian capital of Emperor Darius I, are purported to be the Gautama family according to an interpretation by Dr. Ranajit Pal (The Dawn of Religions in Afghanistan-Seistan-Gandhara and the Personal Seals of Gotama Buddha and Zoroaster, published in Mithras Reader: 
ペルセポリスの重要な印章の中でも、印章番号(PFS 79, PFS 796, PF250)の分析により、これらの印章が、ラナジッと博士の翻訳によれば、ゴータマ家族であると考えられている。ペルセポリスというのは、ダリウス皇帝第1世のペルシアの首都である。(著書名:「アフラニスタン・セイスタン(Afghanistan-Seistan-Gandhara)における宗教の夜明けと、ゴータマ・ブッダとゾロアスター教」、発行元:ミトラ・リーダー)

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

May 15th, 2015
Hiroshi Hayashi
はやし浩司

ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,ペルセポリス,Buddha,Persepolis,Lumbini,ブッダ,はやし浩司,ブッダの正体,Darius the Great,ダリウス,Hiroshi Hayashi,

【Hiroshi Hayashi******May  2015******はやし浩司・林浩司】

1425+1424
Eight Secrets of Buddha
ブッダ、8つの謎
The Real Image of Buddha and who is He?, Where is He from ?
ブッダの実像、ブッダは誰なのか。どこから来たのか。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

https://youtu.be/Id5yKKdsFXo

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Id5yKKdsFXo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

Ancient Persian Inscriptions Link a Babylonian King to the Man Who Became Buddha
古代ペルシアの碑文により、バビロニアの王と、ブッダ(釈迦)になった男がつながった。 

Dramatic evidence has revealed the presence of Siddhartha Gautama, the man who became Buddha, as far west as Persia. 
シッダルタ・ゴータマ(Shiddhartha Gautama)、つまり彼はブッダ(釈迦)になったのだが、その存在を示す劇的な証拠が、遠く西のペルシアで明らかになった。
Family seals and records found at Persepolis, the ancient capital of the fourth Persian Emperor, Darius the Great, have been identified and associated with the names of Siddhartha Gautama and his father, Suddhodana Gautama.  
ペルセポリスで見つかったファミリー印章および記録(Family seals and records)によれば、第4ペルシア皇帝のダリウス大王(Darius the Great)が、シッダルタ・ゴータマ(=ブッダ)と、ブッダの父親のスドダナ・ゴータマ(Suddhodana Gautama)という名前と認識され、かつ関係していることがわかった。
The Persepolis Seals identified royals and other important personages within the Persian ruling sphere. 
ペルセポリスの印章により、王族および他のペルシアの支配地域の重要な人物が明らかになった。
Guatama was the name of the royal family of the Saka kingdom.
ゴータマは、釈迦王国の王族家族の名前であった。
Analysis of Seals PFS 79, PFS 796 and PF 250 found among the collection of important seals in Persepolis, the Persian capital of Emperor Darius I, are purported to be the Gautama family according to an interpretation by Dr. Ranajit Pal (The Dawn of Religions in Afghanistan-Seistan-Gandhara and the Personal Seals of Gotama Buddha and Zoroaster, published in Mithras Reader: 
ペルセポリスの重要な印章の中でも、印章番号(PFS 79, PFS 796, PF250)の分析により、これらの印章が、ラナジッと博士の翻訳によれば、ゴータマ家族であると考えられている。ペルセポリスというのは、ダリウス皇帝第1世のペルシアの首都である。(著書名:「アフラニスタン・セイスタン(Afghanistan-Seistan-Gandhara)における宗教の夜明けと、ゴータマ・ブッダとゾロアスター教」、発行元:ミトラ・リーダー)

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

May 16th, 2015
Hiroshi Hayashi
はやし浩司

ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,ペルセポリス,Buddha,Persepolis,Lumbini,ブッダ,はやし浩司,ブッダの正体,Darius the Great,ダリウス,Hiroshi Hayashi,Magi,占星術,ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,


【Hiroshi Hayashi******May  2015******はやし浩司・林浩司】

1426R+1192B+1132+Nazca Theory by Hiroshi Hayashi
Japanese “Zenpo-Koen-Fun” in Korean Penisula(朝鮮半島にある前方後円墳)
(Japan-land is the Land for Gods, its proof  and evidence on Nazca Theory)
日本は神々の国だった+ナスカ理論による証拠と証明
¿Qué es Nazca? 
Usted sabrá la respuesta en este video.
Nazca Theory by Hiroshi Hayashi(ナスカ理論byはやし浩司)
What is Nazca and what are the Lines and Line Pictures in Nazca?
(ナスカとは何か、ナスカの直線と地上絵とは何か)

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

https://youtu.be/QeeBEj6EEXc

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/QeeBEj6EEXc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

May 17th, 2015
Hiroshi Hayashi
はやし浩司

韓国の前方後円墳,朝鮮半島の前方後円墳,任那の日本府,日本府,Japan in Nazca,ナスカの中の日本,Nazca Theory,ナスカ理論,はやし浩司のナスカ理論,ナスカのランドマーク,地上絵,意味,meaning of Geoglyphs in Nazca,line pictures in Nazca,landmark in Nazca,Yinxu,殷墟,はやし浩司,北朝鮮の古墳,北朝鮮の前方後円墳


【Hiroshi Hayashi******May  2015******はやし浩司・林浩司】

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。