出産・育児

最前線の子育て論byはやし浩司(メルマガ版)

子育て最前線で活躍するお母さん、
お父さんのための育児マガジン+育児エッセーほか。    
★★★★★2007年10月、
60000誌の中で、TOP-ONEに
評価されました!★★★★★

全て表示する >

●子育て最前線の育児論byはやし浩司・メルマガ(神々の話)

2013/08/23





☆☆☆この電子マガジンは、購読を登録した方のみに、配信しています☆☆☆
.  mQQQm            
. Q ⌒ ⌒ Q  ♪♪♪……  
.QQ ∩ ∩ QQ         
. m\ ▽ /m 彡彡ミミ    
.  /〜〜〜\  ⌒ ⌒     
. みなさん、   o o β       
.こんにちは!  (″ ▽ ゛)○  
.        =∞=  // 

□■□□□□□□□□□□□□□■□ ================= 
子育て最前線の育児論byはやし浩司   2013年 8月 23日
□■□□□□□□□□□□□□□■□ =================

メルマガ(6万3000誌)の中で、2008年度、メルマガ・オブ・ザ・イヤーに
選ばれました!

【1】(神々について)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【神々の話】(はやし浩司 2013−08−23)

Hiroshi Hayashi++++++はやし浩司

この地球という惑星を支配しているのは、
私たち、人間ではない。
エイリアンである。
私たちが「神」と呼んでさしつかえのない、エイリアンである。

そのエイリアンは善玉なのか。
それとも悪玉なのか。
あるいはエイリアンの正体は、何なのか。
人間の敵なのか、それとも味方なのか。
その謎に迫ってみたい。

Hiroshi Hayashi++++++はやし浩司

○消えた神々

 消えた神々について、考える。
「どういう神々がいたか?」ではなく、「どういう神々が消えたか?」と。
そのほうが、わかりやすい。
神々の正体を知るには、そのほうがわかりやすい。

 そこで順に並べてみる。
過去、この地球から消えた神々である。

(1)ゾロアスター教の神々
(2)マヤ・インカの神々
(3)古代エジプトの神々
(4)旧約聖書の世界の神々※A
(5)古代中国の神々
(6)ギリシア神話の神々
(7)ヒンズー教の神々(復活※B)

 こうした神々が消えたあと、この地球に、四大宗教が生まれた。

(1)ヒンズー教
(2)仏教
(3)キリスト教
(4)イスラム教

 ほかにも、マイナーな宗教はあるが、ここでは、考えない。

○ゾロアスター教

 ゾロアスター教は、宗教の中の宗教と言われている。
宗教の原点とも考えられている。
古代においてはペルシャ一帯で広がり、そこから世界各地へと散っていった。
今でも、ゾロアスター教を信じている信者は多い。
教会もある。

 位置的には、ゾロアスター教は、イコール、シュメールの神を神とした。

○マヤ・インカの神々

 先に、「悪玉エイリアン」という内容のビデオを作った。
マヤ・インカの神々は、まさに悪玉。
人肉をむさぼり、人間の生血を飲んだ。

○古代エジプトの神々

 遺伝子操作によって、好き勝手なことをした。
エドフ神殿には、4種類のエイリアン+人間が描かれている。

 順に……。

(1)頭が大きく、体が細いエイリアン
(2)頭が長い、長頭人間
(3)頭が鳥の、鳥頭人間
(4)頭が獣の、獣頭人間
(5)人間

 一応順位をつけたが、ここでいう長頭人間と、鳥頭人間は、順位が逆かもしれない。
あのツタンカーメン王もふくめて、その一族は、長頭人間だった。

鳥頭人間にしても、2種類ある。
猛禽類の鳥の頭をした人間。
シギかサギのような頭をした人間。
また獣頭人間にも、ライオン風の人間と、犬風(日本語的には、キツネ風)の人間がいる。
日本のキトラ古墳の壁画にも、これら2周囲の獣頭人間が描かれている。

○旧約聖書の神々

 常識の世界では、旧約聖書の中の神々イコール、新約聖書の中の神(イエス・キリスト)は、同一視されている。
しかし聖書を読むまでもなく、これら2つの世界に出てくる神々は、まったく異質の神々。
似ても似つかない。
(常識にだまされてはいけない。)

 つまりこれら2つの世界の神は、同じ「キリスト教」として扱われているが、新約聖書の中の神(イエス・キリスト教)は、旧約聖書の流れを利用して生まれた。
わかりやすく言えば、旧約聖書は、ユダヤ教。
新約聖書は、ユダヤ教から離れた、当時としては、新興宗教(※A)。

 そのユダヤ教は、シュメールの物語をもとにして、自分たちの神々の物語を、作りあげている。
アッシリア物語(シュメールに残る物語)を、例にあげるまでもない。
ユダヤ人が、シュメール人の血の流れを引き継いでいるということはありえる。
しかし旧約聖書が最初に著されるのは、シュメール人が消えてから、500〜700年もたってからのこと。
わかりやすく言えば、アッシリア物語などに自分たちの神々を勝手に書き加え、それでもって旧約聖書とした。

○古代中国の神々

 古代中国にも、神々がいた。
三星堆遺跡に残る神々が、その一例である。
が、歴史的にみるかぎり、大きな宗教となることはなく、そのまま影を消した。

○ギリシア神話の神々

 ギリシア彫刻が、今でいう、3D写真によって作られていることは、まちがいない。
何度も書いてきた。
証明もしてきた。
今から50年前に、こんな話をしても、だれも信じなかっただろう。
が、今なら、信ずる人も多い。
3D写真技術は、今では、珍しくも、なんともない。
さらに50年後には、もっと多くの人たちが、信ずるだろう。
技術もさらに向上する。
そのころになると、ギリシア彫刻的な彫刻を、子どもでも作ることができるようになる。

 で、ゼウスを中心とする古代ギリシアの神々は、姿を消す。
が、まったく消えたわけではない。
たとえばミケランジェロ。
ミケランジェロは、歴史上、最高の彫刻家ということになっている。
が、本当にそうか?
……という視点で、私は、ミケランジェロの彫刻を、疑っている。
どこかどうみても、ミケランジェロの彫刻は、ギリシア彫刻。

○ヒンズー教の神々

 ヒンズー教の神々も、消える運命にあった。
アショカ王が仏教を国教としたとき、それで決定的かと思われた。
が、ヒンズー教は、信者という人間によって、やがて復活した(※B)。

 つまり神々は消えたが、人間による信仰は、そのまま残った。
これはそれをもくろんだエイリアンたちの誤算でもあった。
インドの地では、仏教は、根付かなかった。

○儀式から教え(教条)へ

 儀式宗教から、思想宗教へ。
ヒンズー教をのぞいて、大きな流れとしては、そうなる。
世界の神々は、釈迦誕生前後から、大きく方向転換をした。
それまでの人間には、教え(教条)を理解する能力さえなかった。
言葉も貧弱だった。
世界観も小さく、狭かった。

 が、人間の知的能力は、飛躍的に発達した。
その背景に、エイリアンたちによる遺伝子操作もあった。
ともかくも、儀式宗教から思想宗教へ。
釈迦は「慈悲」を説き、つづくイエス・キリストは、「愛」を説いた。
私は孔子も、釈迦やキリストと同列に置いている。
孔子は、「仁」を説いた。
中身、つまり黄金律なるものは、同じである。

○消滅か変化か

 神々は方針を転換したのか。
それとも神々どうしの勢力争いの結果、上下関係が変わったのか。

 これについては、私は後者の説を採用する。
つまり遠い昔、神々による勢力争いが起きた。
その過程で、核戦争もあった。
結果、地球支配型の古いタイプのエイリアンは滅び、より人間に近い新しいタイプのエイリアンが、主導権を握った。
その結果が、仏教であり、キリスト教であり、さらにはイスラム教ということになる。

 同時に、エイリアンたちは、人間の前からは、姿を消した。
直接的に、人間と接するのを、やめた。
間接的に、人間に影響力を行使するようになった。
時期的には、1200〜1300年ADごろのこと。
つまりそれ以後は、エイリアンは、人間を、裏から操るようになった。

○宗教

 だからといって、どうか誤解しないでほしい。
私は、「宗教」を否定しているのではない。
神々がエイリアンだったといっても、逆に見れば、エイリアンが神々だったということになる。
全知全能ではないかもしれない。
しかし人間にすれば、その程度の力は、ある。
「差」と言い換えてもよい。
少なくとも、スピリチュアル(霊的)な存在ではない。

 神々が、「霊」であると考えるのは、携帯電話の電波が、「霊」と考えるくらい、バカげている。
また慈悲にせよ、愛にせよ、仁にせよ、黄金律であることには、ちがいない。
人間のみならず、エイリアンにとっても、まさに黄金律。

○謎の点と線

 謎の点と線を調べる過程で、私は、「本(もと)はひとつ」ということを知った。
釈迦誕生以後、エイリアンが使った航空ルートは、ひとつの転機を迎える。
当初は、テオティワカンからの直接ルートを使っていた。
が、そのころから、北極経由のルートを使うようになった。
(もちろんその双方を使うこともある。
たとえばテオティワカンからモヘンジョダロへは、テオティワカンの参道をまっすぐ北上するルートと、北極を経由するルートがある。
北極を経由するときは、クロスポイントNWアジアを経由する。)

 が、どうであるにせよ、本はひとつ。
ひとつが、北極で枝分かれし、それぞれの拠点へ向かう。
その枝は、大きく、5つのルートに分かれる。
テオティワカンから見て、西(左)側から、(1)南太平洋ルート、(2)プレア・ビヒアルート、(3)敦煌(とんこう)ルート、(4)モヘンジョダロルート、(5)ギザルート。

 それぞれの先に、現在の仏教があり、イスラム教があり、キリスト教がある。
(ヒンズー教のルートはない。)

○核戦争

 ここで私は「核戦争」という言葉を使った。
これについては、多くの研究者たちが、すでに深く言及している。
その核戦争は、あったのか。
なかったのか。
あったとすれば、どういう神々が勝ち、どういう神々が敗れたのか。

 流れからすると、地球支配型の神々が敗れ、人間指導型の神々が、勝ったことになる。
が、そのまま(争い)が終わったというわけではない。
敗れたほうが、消滅したということでもない。
あくまでも、この地球上での(争い)ということになる。

(たかがこんなちっぽけな地球のことで、総力戦などするエイリアンは、いない。
残念ながら、地球には、それだけの価値はない。
勝った、敗れたといっても、言うなれば局地戦。
冒頭に書いた、消えたエイリアンといっても、この地球から姿を消したにすぎない。)

○人間の常識、

 エイリアンを考えるときは、人間の常識を使って考えてはいけない。
たとえば先日も、こう書いてきた人がいた。

ナスカ平原の直線について、「どうしてどんな原始的な方法を使うのか」と。
「人間が使っているような、ナビゲーション・システムだって、あるではないか」と。
つまり直線で、拠点を示すことが、原始的である、と。

 人間にとっては、そうかもしれない。
が、もう一歩、深く考えてみよう。
つまり人間の英知をはるかに超えるエイリアンにとっては、そうではない。
彼らにしてみれば、ちっぽけな地球である。
しかも20〜30キロも高く上昇すれば、満天の空に、無数の星々が散らばっている。
エイリアンにしてみれば、それが位置を示すナビゲーター。
星々を頼りに、宇宙空間を自由に行き来している。
人間が、QR・リーダー(読み取り機)で、QR・コードを読み取るように、エイリアンたちは、瞬時に自分たちの位置を知ることができる。

 それに惑星、衛星は、無数にある。
ナビゲーターがどうのこうのという問題ではない。
言うなれば、小さな村の中での方向指示板のようなもの。
観光地にある、案内板でもよい。
つまり方向を示すには、直線でじゅうぶん。
それでこと足りる。
その方向に向かって上昇すれば、あとは目視で飛行できる。

 ……そうした発想の転換、常識の転換が必要である。

○動物村

 神々についても、同じ。
「神」という概念そのものも、変える必要がある。
それにつては、こう想像してみればよい。
あなたはある動物村の園長。
自然動物園の園長でもよい。

 そういったところに住む動物にしてみれば、あなたは神のような存在かもしれない。
が、どの動物も、あなたを「神」とは思っていない。
毎日、餌を与えられながらも、感謝の「カ」の字もない。
スキさえあれば、あなたにですら、襲いかかってくるかもしれない。
エイリアンと人間の関係も、それに似ている。
あるいは、どこもちがわない。
そんな動物を相手に、たとえばライオンに、「シマウマさんとは、仲よくしなさい」と教えたところで、意味はない。
同居させたとたん、ライオンはシマウマに襲いかかる……。

 が、それでもあなたは園長。
動物が病気になれば、獣医を呼び、治療する。
寒暖に応じて、エアコンを調整する。
予算を獲得するため、経営を考え、ときには、公的機関とかけあわねばならない。

 そんなある日、事件が起きた。
事件というほど、おおげさなものではないかもしれない。
園内で、派閥闘争が起きた。
あなたのやり方に不満をもった職員たちが、あなたの追い落としにかかった。
「あなたのやり方は、動物に対する愛情に欠ける」と。

 園長室でのはげしい口論が、喧嘩になった。
とっくみあいの喧嘩になった。

 ……もうおわかりのことと思う。
先に書いた、「勝った・敗れた」というのは、そのレベルの話にすぎない。

○神々は神々

 神々は神々。
私たちは私たち。
その間に、一線を引くのは、まちがっていない。
逆に言えば、神々にせよ、エイリアンにせよ、(どちらでもよいが)、人間の側から一方的に絶対視してはいけない。

 これは信仰論にもつながるが、信仰にせよ、その主体者は、私たち人間。
その人間が、より心豊かに生きるため。
より平和で、安穏に生きるため。
が、それは徹底した従属性によって、生まれるものではない。
だいたい従属される神々だって、困る。
うるさくて、しかたない。
私がその神なら、こう言う。

 「自分で考え、自分で生きなさい」と。
「私たちは、そのヒントを、あなたがた人間に教えるだけです」と。

 釈迦仏教の心(法句経)は、ここにある。
キリスト教にしても、イスラム教にしても、そうだろう。
祈るにしても、自分のためであってはいけない。
自分のために、祈ってはいけない。

欲望(煩悩)をもっとも警戒する神々が、欲望(煩悩)の追求のために、手を貸すはずがない。
「この信仰をすれば、金が儲かる」「大学に合格する」などと教えるのは、邪道も邪道。
インチキ。
いわんや「バチ論」「地獄論」を教えるのは、さらに邪道。
そんな宗教があるなら、こちらから蹴飛ばしてやればよい。

 こんなことは、信仰の常識。
イロハ。
神がエイリアンだとか、エイリアンが神だとか、そういったことを論ずる以前の常識。

○善玉エイリアン

 で、ひとつだけはっきりしていること。
現在、この地球は、善玉エイリアンに支配されている。
人間も、その支配下にある。
人間を見捨ててはいない。
見捨てることもない。
ただそれには、重要な条件がある。

「AMNESTY(アムネスティ)」。

 カナダの前国防大臣が、そう発言している。
「アムネスティ」。
「アムスティ」とも聞こえるが、そういう単語はない。
「アムネスティ」。

 辞書をひくと、「大赦」などとある。
「すべてを受け入れる、許す」という意味。
つまりすべての人間が、ひとつになること。
人種、宗教、国を越え、ひとつになること。
貧富もない、強弱もない、上下もない、差別もない。
「アムネスティが条件である」と。
エイリアンは、それを人間に伝えている(同、議会での証言より)。

 が、こうも言っている(同、証言)。
「すでに(遅すぎる=too late)という時点を過ぎている」と。
つまりすでに、その「ターニングポイント(分岐点)は過ぎている」と。

○相互信頼

 そのために過去、エイリアンは、地球の指導者(とくにアメリカ大統領)と、こんな約束を交わしたという(同、証言)。
「私たち(エイリアン)の存在を人間に明かしてほしい。相互の信頼関係を作らねばならない」と。

 が、人間側(アメリカ大統領)は、こう答えたという。
「ほとんどの人間は、その準備ができていない」と。
で、エイリアンは、それについて、人間側は、「約束を守っていない状況」と言ったという(同、証言)。

 だったら、人間の私たちどうしが、エイリアンの存在を明らかにするしかない。
方法は、いくらでもある。
今、私がしているのも、そのひとつ。
謎の点と線を手がかりに、数学的に証明する。
エイリアンの存在を、証明する。

私がかつてより、「手遅れになる前に、エイリアンの存在を、事実として受け入れよう」と話しているのは、そういう理由による。
説明しても、わかってもらえない。
UFOを見ても信じない。
「超常現象」などという言葉を使い、かえって、真実を述べている人を、排斥してしまう。

○話を戻す

 話がグチっぽくなってきたので、話を、戻す。
 
 消えた神々を追い求めていくと、その先に、現在の神々がいる。
その神々を知るためには、消えた神々を知る。
結果、繰り返しになるが、この地球の支配者は、人間ではない。
エイリアンである。
その上、幸いなことに、本当に幸いなことに、現在、地球を支配しているエイリアンは、善玉。
ひかえめで、もの静か。
私たち人間に、けっして犠牲を求めない。
もし彼らが悪玉なら、人間は、とっくの昔に、彼らの奴隷になっていた。
あるいは、この地球上から姿を消していたはず。

 さあ、勇気を出し、黄金律なるものを、実行しよう。
方法は簡単。
ささいなことでよい。
たとえば、人を悪く思わない。
憎まない。
うらまない。
うらやましがらない。
悪口を言わない。
悪口を聞かない。

 そこに困った人がいたら、手をさしだせばよい。
貪欲にならない。
傲慢にならない。
謙虚に、ただひたすら謙虚に、相手の心に耳を傾ける。
悲しみや、苦しみ、それに孤独を共有する。

 その積み重ねが、その人を変える。
人間全体を変える。
人間の社会を変える。
?
あなたの前に、姿を現す。
神が、あなたの前に、姿を現す。
人間を、仲間に入れてくれる。

 さあ、時間がない!
時間との勝負。
成功すれば、人間は生存できる(同、証言)。
失敗すれば……。

(はやし浩司 2013−08−23 HIセンターにて)


Hiroshi Hayashi+++++++July.2013++++++はやし浩司(ひろし)




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 はやし浩司のホームページ http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■□コマーシャル★★★★★★コマーシャル□■

【BW生・募集中!】

 (案内書の請求)

   http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page228.html

 (教室の案内)

    http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page025.html

●小学生以上の方も、どうか、一度、お問い合わせください。

■□コマーシャル★★★★★★コマーシャル□■

***********************************

このマガジンがお役にたてそうな人が、あなたのまわりにいませんか?
よろしかったら、どうか、このマガジンのことを、お友だちの方に
話していただけませんか?

よろしくお願いします。              はやし浩司
***********************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
まぐまぐプレミア版(有料版)のお申し込みは……
http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page141.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                      
.   *※※
.※※  ***※
.*※※…※}※**   
. **++ ※))
. {※}※※ /
. ※*… /mQQQm
.**/| |Q ⌒ ⌒ Q  Bye!
.  = | QQ ∩ ∩ QQ   
.       m\ ▽ /m〜= ○
.       ○ 〜〜〜\\//
.=================================
.みなさん、次号で、またお会いしましょう!
.=================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。