出産・育児

最前線の子育て論byはやし浩司(メルマガ版)

子育て最前線で活躍するお母さん、
お父さんのための育児マガジン+育児エッセーほか。    
★★★★★2007年10月、
60000誌の中で、TOP-ONEに
評価されました!★★★★★

全て表示する >

●子育て最前線の育児論byはやし浩司・メルマガ(エイリアンの確たる証拠)

2013/06/05

☆☆☆この電子マガジンは、購読を登録した方のみに、配信しています☆☆☆
.  mQQQm            
. Q ⌒ ⌒ Q  ♪♪♪……   
.QQ ∩ ∩ QQ         
. m\ ▽ /m 彡彡ミミ      
.  /〜〜〜\  ⌒ ⌒      
. みなさん、   o o β      
.こんにちは!  (″ ▽ ゛)○  
.        =∞=  // 

□■□□□□□□□□□□□□□■□ ================= 
子育て最前線の育児論byはやし浩司   2013年 月 日
□■□□□□□□□□□□□□□■□ =================

メルマガ(6万3000誌)の中で、2008年度、メルマガ・オブ・ザ・イヤーに
選ばれました!

【1】エイリアンの証拠(改作)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【2013年06月03日】

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

【321】

A conclusive Evidence of Aliens
(エイリアンの存在を示す、決定的証拠)

エイリアンの存在を示す、決定的証拠をお見せします。
私たち人間は、現在の今も、エイリアンによって、管理、コントロールされています。
私の頭がおかしいと思う前に、このビデオを見てください。そのあとで、そう言ってください。

Here in this video I can show you a conclusive evidenve that even now we, human-beings, are under the control of Aliens. Before you think of me to be out of mind, please watch this video. And then say so. And this is a real stort story, not but a fiction or science fiction. This is real as real as you are now there and watching this video. So It’s smply matter of you whether you believe in me or not, but a matter whether you accept these facts or not. Here is a plain which is not at all known in the world. 

(321C+All)

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/vj0ZpytgnV0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/vj0ZpytgnV0

(321Only 日本語版)

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/DySTjFTUJRY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/DySTjFTUJRY

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

○映画鑑賞会

 昨夕(6月2日)、中学生たちを連れて、映画を見てきた。
トム・クルーズ主演の『オブリビオン』。
意味のわからない題名を、堂々と使うところが恐ろしい。
(今、辞書で調べたら、「忘却(oblivion)」という意味が出てきた?)

 はっきり言えば、字幕の翻訳がでたらめ。
ギリシャの詩人のホレイシオを、「ホレテイアス」とかなんとか、翻訳していた。
(映画の中では、みな、「ホレイシオ」と言っていたぞ。
日本でも、「ホレイシオ」と言うぞ!)
映画を見ないで翻訳した、証拠。
台本だけを見ながら翻訳した、証拠。
翻訳した本人も、内容がわかっていなかったのでは?

で、翻訳者は、あの「TN」になっていた。
相当の年齢の方だと思う。
だから字幕を読んでいても、まったく意味がわからない。
加えて、映画も、SF映画らしく、難解。
わざとわかりにくくし、観客を楽しませようという趣向か。

 映画館から出てきたとき、中学生たちは、みな、こう言った。
「よくわからなかった」と。
映画『オブリビオン』は、そういう映画。
ここで書くわけにはいかないが、あの映画をみるときは、あらかじめどこかで、あらすじを聞いておくとよい。
ストーリーそのものは、単純。
一言、内容を簡単に聞いておくかどうかで、理解度がぐんと増す。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

(内容)

 トム・クルーズは、クローン兵士だった。
大量に生産された、クローン兵士の1人。
エイリアン(コンピューター生物)の手先になっているとも気づかず、生き残った人間の弾圧を繰り返す。
が、やがて感情を取り戻し、生き残った人間と力を合わせ、エイリアンを攻撃する。
エイリアンは、地球の海水をくみ上げ、エネルギーに転換。

 簡単に言えば、それだけの映画。
ただし映像は、100点満点。
俳優の心の微妙な変化も、うまく表現している。
すばらしい。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

○ミステリーサークル

 昨日(6月2日)、こんなタイトルのビデオを作った。
「エイリアンの存在を証明する決定的証拠」と。

 少し大げさかな?と思いつつ、そういうタイトルをつけた。
ビデオも350本を超えた。
もうそろそろ、結論的な内容にしたい。
「〜〜かな?」式のビデオではなく、断定調。
それで「決定的」という言葉を使った。

 私の頭がおかしいと思う前に、ビデオ(321)を見てほしい。
この原稿の冒頭に、それをつけておく。
それを見たあと、私の頭がおかしいかどうか、それを判断してほしい。

 もちろん、これはトム・クルーズの映画とはちがう。
SFではない。
もちろん作り話でもない。
現実。
現実の話。
あなたは今、そこにいて、この原稿を読んでいる。
それと同じくらい、現実。
どうか、その(事実)を忘れないでほしい。
そのうえで、このビデオを見てほしい。

 ミステリーサークルで見たエイリアンと、そっくり同じのエイリアンを、南アフリカで見つけた。

○コメント

 いろいろな人から、コメントが届く。
YOUTUBEのチャンネル登録者も、もうすぐ600人になる。
1か月で100〜150人前後。
この分だと、8月までには、1000人になるかも。
昨年(2012年)の8月1日前後から、ビデオを作り始めた。
それで「8月」が気になる。

 登録してくれた、みなさん、ありがとう!
これからも、より良質なビデオを、お届けします。

 で、アメリカ人のMという男性から、コメントが届いた。
ていねいな日本語だった。
(ていねいすぎるほど、ていねいだった。)

 『……私は子供のころから、ずっと、何かに操られているように感じてきました。
が、あなたのビデオを見るようになって、その理由がよくわかりました。本当の自分を気づかせてくれて、ありがとうございました。……あなたのファンです」と。

 アメリカ人で、日本語?
ということで、そのMという男性をたどってみると、ロック・シンガーということがわかった。
彼のコンサートの様子が、YOUTUBEでも紹介されている。
それを見ると、どれも数万人規模のコンサート。

 驚いた。

 で、息子に聞くと、「パパ、Mを知らないの?」と。

 Mという男性は、現代のアメリカを代表するロック・シンガーだった。
驚きは、すぐ、喜びに変わった。
「英語版を出してきてよかった!」と。
アメリカ人にも、私の心が直接、伝わった!

 ……つまり、日本は、小さい。
日本だけに住んでいる人には、それがわからない。
私のビデオを見る人は、まず、それに気づいてほしい。

私「でも、日本語がじょうずだね」
ワ「彼のブレーンに、日本人がいるんじゃないの?」と。

○視野

 視野を大きくもつことは、重要。
その視野にも、2つある。

 地理的な視野。
もうひとつは時間的な視野。

 地理的な視野については、わかりやすい。
が、時間的な視野は、むずかしい。

 たとえば太古の廃墟を見たとする。
フィルザバード(Filzabad)ならフィルザバードでもよい。
そういうところの写真をながめていると、不思議な錯覚にとらわれる。
「古代にも、いろいろなドラマがあったんだなあ」と。
と、同時に、私という人間が、かぎりなく小さくなる。

 人生、80年というが、あっという間のできごと。
つぎの瞬間には、私も、そしてあなたも、この世から消えてなくなる。
それがわかるだけでも、こう思うようになる。
「時間を無駄にできない」と。

 生き様そのものが、変わってくる!

○No 321+

 今、ビデオNo321+が、UPLOADを完了するところ。
静かにその時を待つ。
このビデオのタイトルに、はじめて「決定的」という言葉を使った。
『謎の点と線』を調べ始めて1年になる。
この1年の間に、私のカンも、かなり鋭くなった。
(まちがえることもあるが……。)
本物かどうかは、見た瞬間にわかる。
そうなった。

 南アフリカのVernuekpanは、本物だぞ。
ペルーのナスカなど、足元にも及ばないかもしれない。
それほどまでの遺跡。
が、現在のところ、まったくと言ってよいほど、人に知られていない。
現地の写真すら、ない。
グーグルアースでもさがしてみたが、写真はまったく関係のない3枚だけ。
もちろんネットでも調べてみたが、地上絵に関する説明は、ゼロ!

 Verneukpanは、この先、大きな話題になるはず。
私がその先鞭を切った。
この快感。
このうれしさ。
そのビデオのUPが、もうすぐ完了する。
世界に向け、発信される。

 繰り返す。
 
 私の頭がおかしいと思うなら、まずそのビデオを見てからにしてほしい。
逆に言うと、みなさんのほうこそ、騙(だま)されている!
みなさんのほうこそ、そこにある(事実)に気づいてほしい。
そしてその(事実)が何を意味するか、考えてみてほしい。

 その先に、やがて(真実)が見えてくる。

○ワイフの誕生日

 近く、ワイフの誕生日がやってくる。
「何をしたいか?」と聞くと、「温泉に行きたい」と。
それで温泉に行くことにした。

 場所は、K市にある、K。
先日、義兄が割引券をくれた。
このあたりでも、最高級旅館。
楽しみ。

○肌寒い朝

 湿った空気。
肌寒い風。
心地よい眠気。
今週も、始まった。
がんばろう! 


Verneukpan,Zecharia Sitchin,ザカリア・シッチン,Verneukゼカリア,シッチン,ゼカリア シッチン, Pan,South Africa,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu Japan,hiroshihayashi,Teoteihuacan,Second Nazca,line pictures in Verneukpan South Africa,Lines in Verneukpan,謎の地上絵,南アフリカ,謎のサークル,Mystery Circles,Aliens’ Map,はやし浩司,浜松,謎の点と線, Mystery of Map,異星人の地図,神々の地図, 地上絵の謎,直線の謎,Palenque,Nazca,Nazca Lines, Line Pictures,Mystery of Japan,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司


【Hiroshi Hayashi********June 2013********はやし浩司・林浩司】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 はやし浩司のホームページ http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■□コマーシャル★★★★★★コマーシャル□■

【BW生・募集中!】

 (案内書の請求)

   http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page228.html

 (教室の案内)

    http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page025.html

●小学生以上の方も、どうか、一度、お問い合わせください。

■□コマーシャル★★★★★★コマーシャル□■

***********************************

このマガジンがお役にたてそうな人が、あなたのまわりにいませんか?
よろしかったら、どうか、このマガジンのことを、お友だちの方に
話していただけませんか?

よろしくお願いします。              はやし浩司
***********************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
まぐまぐプレミア版(有料版)のお申し込みは……
http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page141.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                      
.   *※※
.※※  ***※
.*※※…※}※**   
. **++ ※))
. {※}※※ /
. ※*… /mQQQm
.**/| |Q ⌒ ⌒ Q  Bye!
.  = | QQ ∩ ∩ QQ   
.       m\ ▽ /m〜= ○
.       ○ 〜〜〜\\//
.=================================
.みなさん、次号で、またお会いしましょう!
.=================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。