出産・育児

最前線の子育て論byはやし浩司(メルマガ版)

子育て最前線で活躍するお母さん、
お父さんのための育児マガジン+育児エッセーほか。    
★★★★★2007年10月、
60000誌の中で、TOP-ONEに
評価されました!★★★★★

全て表示する >

●子育て最前線の育児論byはやし浩司・メルマガ(謎の点と線)

2013/05/20

☆☆☆この電子マガジンは、購読を登録した方のみに、配信しています☆☆☆
.  mQQQm            
. Q ⌒ ⌒ Q  ♪♪♪……   
.QQ ∩ ∩ QQ         
. m\ ▽ /m 彡彡ミミ      
.  /〜〜〜\  ⌒ ⌒      
. みなさん、   o o β      
.こんにちは!  (″ ▽ ゛)○  
.        =∞=  // 

□■□□□□□□□□□□□□□■□ ================= 
子育て最前線の育児論byはやし浩司   2013年 5月 20日
□■□□□□□□□□□□□□□■□ =================

メルマガ(6万3000誌)の中で、2008年度、メルマガ・オブ・ザ・イヤーに
選ばれました!

【1】(Vidfeo最新号)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【謎の点と線byはやし浩司】2013年5月中期号

Hiroshi Hayashi++++++はやし浩司

303+302+301+128(神の目の謎)(Eye of Providence) 
+神々の分度器と地球儀(天皇家の16花弁の菊の謎)
(Mystery of the Crest of Empero of Japan of 16-Petal-Chrysanthem)
CrestumGods’ Protractor and his Globe

天皇家の菊の紋章は、どうして16花弁なのか。
またどうして世界中で、16花弁の花(?)の紋章が見つかっているのか。
本当に、それらは花なのか。
Why 16 petals? Why have similar crests been found all over the world? Are they really flowers?

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/M1UxOy-Xgr8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/M1UxOy-Xgr8

Have you ever thought of the Map Aliens used to use in ancient times? Or do you think they used the same map as we have been using now? Here is a story about it along with the mystery of David’s Star.
あなたは古代、(今も)、エイリアンがどんな地図を使っていたか、考えたことがありますか。あるいは人間が現在、使っている地図と同じだと思いますか。ここにその物語があります。謎の六芒星(ろくぼうせい)。謎のダビデの星。ダビデの星は、エイリアンの地図だった。

What sort of Map do Aliens use on this earth? I have checked angles of directions and I have found there are so many 60 degrees (or 30, 90 or their combinations). Then I come to know they are using a different Map that we, humans, use. This is a video about the Alien's Map, which would help you understand how they choose the places to go. Hiroshi Hayashi Japan  Sep. 17th 2012

異星人たちはどんな地図を使っているか。その謎に迫ってみました。
つまり謎の点を線でつないでいくと、30度、60度、90度が、たいへん多く現れてきます。
そこで私は正20面体を疑ってみたわけです。
正20面体は、球体をおおうことができる最多面体です。
(あとはサッカーボールのような多面体です。)で、浮かび上がったのが、ここで示すような地図です。
この先、さらに古代遺跡を線でつなげば、正体はもっとはっきりとしてくると考えられます。
はやし浩司が考える地図モデルを紹介します。たいへん合理的な地図です。

○Aliens' Map and the Mystery of 120-degree Lines(異星人の地図と謎の120度線)

It is quite strange to know there are so many 120-degree Lines (60-degree Lines) together with 30-degree Lines and 45-degree Lines. This is a video in which I think about this mysteries, or Aliens' Map.
First they used the South Pole as their hub airport and then Nazca, and this is the reason why there so many Lines in Nazca. After this, they shifted their hub airport to Teoteihuacan, Mrxico.
Here in this video I'd like to talk about the Aliens' Map, they have been using. It is matter of you whether you believe in me or not, but it is not matter of you to deny these facts. Only what we can do is just to accept these facts as facts. Or why don't you accept these facts?
Anyway I hope you enjoy my videos. And please remember that it is strongly prohibited to use my ideas without my permission in any case, or without my name until the day comes. Thank you for your cooperation.

Hiroshi Hayashi

謎の点と線を調べていくと、120度線(重要拠点への角度)、30度、60度、45度の線が多いのには、驚きます。
逆にこのことを考えると、「彼ら」は、人間がもつ感覚とはちがった地図をもっていることがわかります。
なお当初、「彼ら」は、南極を、ハブ空港としていました。
が、そのうち、ナスカに移しました。
さらにそのあと、今度は、テオティワカンへと、移しました。
謎の点と線をつないでいると、おぼろげながら、そんな構図が浮かんできました。

最終的には、テオティワカンから北極経由の航路を使うようになったと考えています。
比較的新しい遺跡に、その痕跡が多く残っているからです。

一度、人間がもつ常識を忘れ、異星人の視点で、この地球をながめてみてはどうでしょうか。
楽しいですよ。
このビデオは、そういう目的で作りました。

はやし浩司
Hiroshi Hayashi
May 18th 2013

All ideas and copies are reserved as copyrights by Hiroshi Hayashi, Japan and no one is allowed to use my ideas without my permission, for which I thnak you very much.流用、盗用、転用を固く禁じます。はやし浩司Hiroshi Hayashi Japan



Hiroshi Hayashi+++++May.2013+++++はやし浩司・林浩司

303+72+258 まだ、私を疑っている人たちへ(For Skeptical People about Me)

謎の点と線の入門版です。私の説を疑っている人はおおいですね。
そういうひとたちのために、入門版を用意しました。

This is a guidance video for those who are skeptical about what I have been talking. If you are so, please give me 5 minutes, and then you will understand what I am talking.
May 19th 2013

(Japanese Version 日本語版)

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/6eaIpmHXdAI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/6eaIpmHXdAI

(English Version 英語版)

English Version 

This is a guidance video about mysterious Lines of Ancient Times. You will know about the mysterious world of Lines which connect ancient ruins and remains of the world. I take in this video three ancient cities and I have examined the Lines between them.  What is important for you is just examined these facts by yourselves then you will know what I have been talking is correct.  These are NOT conincidences, I am sure.

Hiroshi Hayashi Hamamatsu Japan

No one is allowed to use my ideas without my permission and my name, for which I thnak you for your cooperation.  
May 19th 2013


Hiroshi Hayashi+++++May.2013+++++はやし浩司・林浩司

305+161 長頭人間と長い腕(エイリアンの骨格)

長頭人間(神々の頭蓋骨)日本語版(Japanese Edition)
Long head men with long arms

○ツタンカーメンと彼の家族も長頭人間だった

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/Xf4ZoMJxjc0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/Xf4ZoMJxjc0

Hiroshi Hayashi++++++はやし浩司


 百聞は一見に如かず。
ツタンカーメン王の頭蓋骨をみてほしい。
彼のみならず、彼の父親も、義理の妹も、長頭人間だった。
長頭人間の頭蓋骨は、
では、鳥頭人間はどうか?
鳥頭人間の頭蓋骨はあるのか?

 なお、2005年、北コーカサスのキスロヴォックで、長い頭の奇妙な頭蓋骨が見つかったという(「プラウダ紙」)。
が、このタイプの頭蓋骨は、珍しくない。
世界中で発見されている。
彼らこそが、異星人、つまり神だったのか?
知れば知るほど、新しい謎が生まれてくる。
今回は、長頭人間について。

The more I know, the more mysteries come out before me.
Mystery of long-head men is one of them.
This is the story about it.

Hiroshi Hayashi
May 20th 2013


Hiroshi Hayashi+++++May.2013+++++はやし浩司・林浩司

306+161 卑弥呼の隠し財産(沖ノ島の謎)+邪馬台国の謎への終止符
Himiko’s Secret Treasure and Mistery of Okinoshima Island, Japan

沖ノ島は不思議な島です。岡 琢磨さんよりいただきました情報をもとに、沖ノ島を検証してみました。結果、大変なことがわかりました。沖ノ島が、卑弥呼の財宝の隠し場所であった。そういう疑惑が、謎の点と線の手法で浮かび上がってきました。そのビデオです。

Okinoshima Island is a very strange island in japan with underwater ruins. Moreover I find Himiko’s secret treasure having been hidden in this island. This is the story about it. 

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/A-Uloll7QAM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/A-Uloll7QAM

【卑弥呼の隠し財産と邪馬台国の謎】

Where was Yamataikoku in Japan?
Here is the answer about where Yamataikoku was and who Himiko was.
Please give me 5 minutes and then you will know the answer with evidences.

○邪馬台国&卑弥呼の謎と、その答


 今朝は、邪馬台国について考えてみた。
ご存知のように、邪馬台国がどこにあったか?
それについて、長い間、議論がかわされてきた。
で、その「答」を、ここで出しておきたい。
2012−12−05日。
私、はやし浩司は、その謎を、30分で解いた。
(本当は、5分足らずで、説いた。)
そのビデオをここに添付する。

「まさか?」と疑う人は、どうか、つぎのビデオを見てほしい。
(恐らく、みな、そう思うだろう。
つまり、はやし浩司の頭はおかしい、と。)
このビデオを見て、私を疑う人がいたら、むしろ、そちらの人のほうの頭がおかしいということになる。

ビデオ(114)も、添付しておいたので、そちらもどうか見てほしい。
邪馬台国はどこにあったか?
卑弥呼は、どこにいたか?
その答をこのビデオの中に、収めた。
不毛な議論に、これで終止符を打ちたい。

はやし浩司
Hiroshi Hayashi
May 20th 2013

Hiroshi Hayashi++++++はやし浩司


【2】(謎の点と線)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【ダビデの星】

○ダビデの星

 今日はダビデの星について調べた。
6つの頂点のある星をいう。
六芒星(ろくぼうせい)ともいう。

 前もって、あちこちのサイトをのぞく。
これが基礎知識。
で、結論から先に言えば、ダビデの星が世に出てきたのは、近世のことだそうだ。
つまり太古の昔(紀元前)には、ダビデの星はなかった(ウィキペディア百科事典ほか)と。

 が、六芒星はあった。
となると、ダビデの星と、六芒星は、どこがどうちがうのか。
それについては、こういうことらしい。

正三角形が2つ組み合わさってできたのが、ダビデの星。
ナチス・ドイツ時代には、ユダヤ人の象徴にもなっている。
イスラエルの国旗にも、なっている。

 一方、線画ではなく、黒くぬりつぶしてあるのが、六芒星。
日本人は、一般的に、頂点が5つある星の形を好む。
6つの星を描くと、金平糖(こんぺいとう)になってしまう。
というより、6つの星は描かない。
また5つの星にしても、日本人は、とがったところを真上する。
欧米人は、とがったところを真下(逆さま)にする。

 どうであれ、この説は、おかしい。
ダビデの星(線画)は、バビロニアなど、世界各地に残っている。
ユダヤ人に無理に結びつけるほうが、おかしい。
正しくは「ユダヤ人が、自分たちの象徴として使い始めたのは、近世になってから」ということになる。

 ……というのが、基礎知識。
どうであれ、私が知りたいのは、その先。
ダビデの星は、そのままエイリアンの地図と、一致する。
どう一致するかは、ビデオ301のほうを見てほしい。
私の謎解きは、いつも、逆。

このばあいは、ダビデの星は、エイリアンの地図だったという視点から、謎解きを始める。
考古学者の意見は、アテにならない。
彼らは、証拠のある範囲だけで、ものを考える。
証拠のある範囲だけで、古代文明を説明しようとする。
つまり、ここに無理がある。
像の全体像を、像の足跡だけで想像するようなもの。
いちいち証拠を集めていたら、簡単な謎を解くのにも、100年はかかる。
卑弥呼論争をみれば、それがわかる。

 一方、私は、仮説を先に立て、その仮説を証明する証拠をさがす。
手法が、逆。
ダビデの星が、エイリアンの地図と一致すれば、そのあと、その理由を考える。
証拠をさがす。

○ボスニアン・ピラミッド

 同じような例は、ボスニアン・ピラミッドについても、言える。
考古学者は、イリニアン人が作ったという。
ギリシア彫刻を作った、あのイリニアン人である。
またそういうことにしないと、説明がつかない。
当時、あのあたりにいたのは、イリニアン人。
石材の加工に慣れていた(?)。
それでイリニアン人。

 が、炭素年代測定法によれば、ボスニアン・ピラミッドは、2万6000年〜2万5000年前という数字が出てきた。
イリニアン人など、いるわけがない。
が、考古学者は、それを認めない。
認めないというより、ほうかぶりして、逃げてしまう。

 なお現在、ボスニアン・ピラミッドは、いわゆるアウト・ローの世界に生きる学者と、ボランティアの人たちによって発掘がつづけられている。
世界最大のピラミッド。
カラクウムル(メキシコ)と並んで、この100年で、最大の発見と言われている。

○ダビデの星

 ダビデの星(六芒星)については、いろいろな説明がなされている。
興味深いのは、金環日食のときに、その瞬間、6方向に光が走るという。
それが六芒星に見えるという。

私もその写真を見たが、たしかに6つの方向に光が走っている。
(加工写真の可能性もあるが……。)

 そういうこともある。
が、ダビデの星は、やはりエイリアンの地図と関係がある。
星は、60度、120度を基本としている。
その角度が、証拠。
それについても、ビデオ301のほうで、説明した。
興味のある人は、つぎのビデオを見てほしい。

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/Pg-77oqyZ1Y" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/Pg-77oqyZ1Y

 が、これですべてではない。
またほかのことを調べていると、予想もしていなかったところから、別の証拠が出てくる。
そういうことは、よくある。
今回も、そうだ。
私は皆神山を調べていた。
その過程で、ダビデの星(六芒星)が出てきた。

 あのフリーメイソンのシンボルマークにしても、そうだ。
あのシンボルマークは、分度器を示している。
人間が使う(360度)を、(96度)にした分度器。
96度にすると、96→48→24→12→6→3度まで、5段階まで2分できる。
(360度)分度器より、すぐれている。
つまりエイリアン製。
詳しくは、ビデオ296を見てほしい。

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/HAZkalzA0zU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/HAZkalzA0zU

○誤解

 といっても、今日は、今朝から気分が悪かった。
ビデオ作りをしている最中も、ずっと、ゆううつだった。
理由がある。

 私は皆神山で、ダビデの星を見つけた。
驚いた。
驚いて、それを昨日、ビデオにした。
しかしそのマークは、昭和になってだれかが勝手に彫り込んだものらしいということがわかった。
わかりやすく言えば、私は、だまされた(?)。
だれが彫ったにせよ、ガッカリ。
罪深い。
あろうことか、ダビデの星を、そのまま彫り込んだ?

といっても、原因は、私の不勉強。
もう少し下知ら調べをしてから、皆神山へ行けばよかった。
それをしなかった。
旅行気分だった。

 だから失敗した。
だから気分が悪かった。
ビデオの中では、訂正文とわびを書き入れておいた。
それで許されるとは思わないが、そういうこともある。

 誤解というより、早とちり。

 みなさん、ごめんなさい!

 が、私はめげない。
ころんでも、ただでは起きない。
それが、ビデオ301。

○7月末

 気分を入れ替え、2本のビデオの制作にかかる。
「1日1作」。
7月末までに、365作。
それが目標。
現在305号前後だから、残り、60。
がんばろう。
 

Hiroshi Hayashi+++++++May2013++++++はやし浩司(ひろし)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 はやし浩司のホームページ http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■□コマーシャル★★★★★★コマーシャル□■

【BW生・募集中!】

 (案内書の請求)

   http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page228.html

 (教室の案内)

    http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page025.html

●小学生以上の方も、どうか、一度、お問い合わせください。

■□コマーシャル★★★★★★コマーシャル□■

***********************************

このマガジンがお役にたてそうな人が、あなたのまわりにいませんか?
よろしかったら、どうか、このマガジンのことを、お友だちの方に
話していただけませんか?

よろしくお願いします。              はやし浩司
***********************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
まぐまぐプレミア版(有料版)のお申し込みは……
http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page141.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                      
.   *※※
.※※  ***※
.*※※…※}※**   
. **++ ※))
. {※}※※ /
. ※*… /mQQQm
.**/| |Q ⌒ ⌒ Q  Bye!
.  = | QQ ∩ ∩ QQ   
.       m\ ▽ /m〜= ○
.       ○ 〜〜〜\\//
.=================================
.みなさん、次号で、またお会いしましょう!
.=================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。