出産・育児

最前線の子育て論byはやし浩司(メルマガ版)

子育て最前線で活躍するお母さん、
お父さんのための育児マガジン+育児エッセーほか。    
★★★★★2007年10月、
60000誌の中で、TOP-ONEに
評価されました!★★★★★

全て表示する >

●子育て最前線の育児論byはやし浩司・メルマガ(ナスカ、謎と答え)

2013/04/15

*********************************
 彡彡人ミミ      彡彡彡彡彡
| ⌒ ⌒ |   MM ⌒ ⌒ MM
q 0―0 MMMMM ∩ ∩ MM m
(″ ▽ M ⌒ ⌒ M″ v ゛)/ ̄)
凸/Σ▽乃q ・ ・ p ̄Σ▽乃 ̄` /
\   /(″ ▽ ゛)\    厂 ̄偶
(BW公開教室・まぐまぐプレミアム読者のみなさんへ)
   http://hiroshihayashi4.ninja-web.net/

 ===○=======○====================
 子育て最前線の育児論byはやし浩司     4月  15日号
 ================================  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━¬¬¬¬¬――――――――――――――
★★★★★★★★★HTML版★★★★★★★★★★★
マガジンを、カラー版でお楽しみください。(↓)をクリック!

http://bwhayashi2.fc2web.com/page021.html

●まぐまぐプレミアの購読料は、月額300円です。よろしかったら、お願いします。
********安全は確認しています。どうか安心して、お読みください*****
★メルマガ(6万3000誌)の中で、2008年度、メルマガ・オブ・ザ・イヤーに
選ばれました!
★2009年、2010年、連続、カテゴリー部門・人気NO.1に選ばれました。

【1】(謎の点と線)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【04−15】

Hiroshi Hayashi+++++April.2013+++++はやし浩司・林浩司

267+258+169 謎のピコ山(Mystery of Mt. Pico)
エイリアンの世界(Aliens' World)

For skeptical people about what I have been taliking, I present this video to these people. Here are Facts! The important thing is that you re-examine these facts by yourselves and know that what I ahve been talking are correct as well facts.

まだ私を疑っている人は多いですね。そういう人たちのために、このビデオを作りました。これらは、すべて私が発見した事実です。どうかご自身でご確認ください。

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/bC9twN-tfJU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/bC9twN-tfJU

Please remeber that no one can use my ideas inany case in the public without my permission and names, since these facts are all found by me, Hiroshi Hayashi.
Thank you for your cooperation.

これらの事実は、すべて私が発見したことです。
個人で話題にしていただくことはかまいませんが、公の場で、私の許可なく、転用、流用、盗用することは、固く禁じます。
どうかご協力ください。

はやし浩司
2013年04月13日
Hiroshi Hayashi
April 13th  2013


Pico,Mt. Pico,ピコ山,ピコ山の謎,謎のピコ,Teoteihuacan,Nazca,Nazca Theory,ナスカ,ナスカの直線,ナスカの地上絵,地上絵の謎,直線の謎,Palenque,Nazca,Nazca Lines, Line Pictures,Mystery of Japan,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,


Hiroshi Hayashi+++++April.2013+++++はやし浩司・林浩司

268+259+251+248  Michelangelo di Buonarroti(疑惑のミケランジェロ)(4)

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/ZVuJiP_6q1Q" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/ZVuJiP_6q1Q

This is a story about the Mystery of Michelangelo di Buonarroti. Were his masterpieces really created by him? Or can you ask yourself if the common sense you have is correct or not. Something is very strange about Michelangelo.

これはミケランジェロの謎についての物語です。彼の作品は、本当に、彼によって彫刻されたものでしょうか。あなたも一度、自分のもっている常識を疑ってみませんか。ミケランジェロについては、何か、おかしいです!

I have examined the hair lines of a statue, which is said to have been sculpted by Michelangelo but I am very much suspicious about it. This is the story about it.

ミケランジェロが作ったとされる彫刻の、髪の毛の「紋」を調べてみました。写真がクリアでないため、正確なことは言えませんが、疑惑をもつにじゅうぶんな証拠を手に入れました。みなさん自身で、ご確認ください。

はやし浩司
Hiroshi Hayashi
April 14th 2013


疑惑のミケランジェロ,Michelangero in Susupicion,Michelangelo di Buonarroti ,Mystery of Michelangelo,ミケランジェロの謎,謎のミケランジェロ,彫刻,謎の彫刻,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,Athens,Gandhara,Ancient Greece,Mauso;eum of the Qin Emperor,ガンダーラ,古代ギリシア,仏像,衣服,兵馬俑,西安,ナスカNazca,仏像の衣服,Malta,Malta Island,Nazca,Nazca Lines,Mystery of Nazca Lines,Hiroshi Hayashi’s theory of ancient civilizations,マルタ島,アテネ,ギリシア,ギリシャ,はやし浩司,はやしひろし


Hiroshi Hayashi+++++April.2013+++++はやし浩司・林浩司

269+201 Answer to Nazca (補足版)

Mysteries of Warriors of the Mausoleum of First Qin Emperor in China
兵馬俑の兵士の謎(前篇)

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/AxfV1TQu3Q8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/AxfV1TQu3Q8

兵馬俑の兵士の製作には、エイリアンが関与していました。
ナスカ平原に2本の、同じ直線があるのが、その理由です。
それをみなさんに、ご覧いただきます。

また兵馬俑の兵士たちは、みな、例外なく、口を閉じています。
また耳たぶは、例外なく、頭部にくっついています。
理由はわかりきったこと。
現在でいう3D・NCルーターで作られたからです。
3Dルーターでは、体の回り込んだ部分まで、カットすることはできません。
(私が住むこの浜松市で、NCルーターを製作していますから、私は内容をよく知っています。
若いころは、平安木工(社)の、カタログ製作や貿易を手伝っていました。)
そのこともこのビデオの中で説明します。


Warriors in the Mausoleum of Qin Emperor were made by 3D NC cutting machine, and this is why none of them have open mouths.
And there are two Lines in Nazca which show the direction sharply to the Museum, one of which has a beautiful platform.
This is the proof that Aliens assited Chinese people for making warriors.

No one can use my ideas and theories in any case.
どなたもアイデア、理論の盗用、流用、転用はできません。

はやし浩司
Hiroshi Hayashi

April 15th 2013

Hiroshi Hayashi+++++April.2013+++++はやし浩司・林浩司


○1日、1100件

 おととい作ったビデオが、1日、650件のアクセス数を記録した。
(今日までのアクセスは、1173件。)
驚いた。
といっても、YOUTUBEでは、ときどきこの種の誤集計が起きる。
何かのまちがいだろう。
ありえない。

……とは思いつつも、実のところ、うれしかった。
ふだんだと、1日、1作あたり、40〜50件。
よくて、その程度。
それがたった1日で、650件!
それがつぎのビデオ。

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/TTrjhKebmzQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

○登録者数

 YOUTUBEの登録者数も、着実にふえている。
今日(4月15日)現在、485人。
登録者の方イコール、確実な読者ということではない。
が、ひとつの目安にはなる。
もちろん多ければ多いほど、それだけ注目されていることを意味する。

 孤独な世界だが、こうして外の世界と、つながりができる。
言うなれば、外の世界へつながるトンネル。
そのつながりが、励みになる。
またつながりがあるからこそ、ビデオ作りに熱が入る。
生きがいになる。

 登録者のみなさん、ありがとう。
本当にありがとう。
みなさんの期待を裏切らないよう、これからも誠心誠意、謎解きを重ねていきます。

○兵馬俑(へいばよう)

 目下の最大の関心は、中国の兵馬俑。
兵馬俑の兵士たち。
陶器製。
どういう形かは、まだ断言できないが、かなりの部分まで、エイリアンが関与していた。
そのことは、ナスカでの直線を調べれば、わかる。
ナスカには、兵馬俑と同じ直線(=ぴったしと重なる直線のこと)が、2本もある。
うち1本は、見事なプラットフォームになっている。

 で、昨日、昼休みに2時間ほど、時間があったので、図書館へ行ってきた。
資料集めのため、である。
図書館の人たちとは、すっかり顔ななじみになった。
入ると手際よく、書類を渡してくれる。
駐車券を機械に通してくれる。
(写真を撮るばあいは、複写申請書というのを、提出しなければならない。)

 その兵馬俑。
英語では、「Terracotta Army」という。
明らかにエイリアンが関与している。
その証拠のひとつが、焼いたはずの窯(かま)が見つかっていないこと。
あれほどまでに、おびただしい像である。
しかも巨大。
等身大のものもあれば、2メートル近いものまである。
(人間の2分の1サイズのものも、あるが。)

 それほどまでの陶器の像を作ろうと思ったら、巨大な窯が必要。
近くに何千ところがっていても、おかしくない。
が、その窯が、見つかっていない。
エイリアンたちは、別の方法で、像を焼いていた。

○証拠

 が、その証拠は、あるのか。
またどうすれば、見つかるのか。

 ひとつの手掛かりは、鎧(よろい)。
兵士たちは、みな、鎧を着ている。
その鎧には、みな、特徴がある。
その特徴を寄せ集めれば、証拠がつかめる。
というのも、鎧だけは、どこかで大量生産しているはず。
つまりCAD製。

 明日は、……というか、明日は、別の遺跡を調べたい。
不思議な山を見つけた。
ナスカにも、同じ直線がある。
日本からも、成都(三星堆遺跡)を経由し、まっすぐとつながっている。
明らかに、エイリアンの基地。

 ……というようなことは、このところ、カンでわかるようになってきた。
わかりやすく言えば、エイリアンの好みが、カンでわかるようになってきた。
写真を見ただけで、「ここだ」と。
それがわかる。
それを明日は、調べる。
兵馬俑の謎解きは、そのあと。
つまり明後日。

○山形大学

 話を戻す。
1日、650件のアクセスを記録したビデオは、ナスカについてのもの。
ちょうどその前日、山形大学のチームが、ナスカで、新しい地上絵を2つ3つ、発見したという。
ネットでも、テレビでも、報道されていた。
が、私は「?」。

たかが新しい絵を2つ3つ発見したくらいのことが、どうしてそれほどまでのビッグ・ニュースになるのか。
テレビの記者会見場には、3人の学者が顔を並べていた。
大げさというか、バカげている(失礼!)。
地上絵は、すでに1000個以上も発見されている。
それを新たに2つ3つ発見したからといって、それがどうしたというのか。
また日本が、地球の反対側まで行って調べなければならないような調査でもない。
往復の旅費だって、最高額。
調査隊は、「ペルー政府より、正式に認定されました」と、誇らしげに語っていた。

 フ〜〜ン……。

 世界には、調べなければならない遺跡が、ゴマンとある。
観光地としては、魅力的だが、学術的には、ナスカは、すでにその意味を失っている。
つまりナスカは、すでにその段階、つまり調査団を派遣してまで調べる段階を過ぎている。
私のこうした意見について、生意気と思う人は、どうか私の制作したビデオを見てほしい。

○デニケン

 さて、今日もこうして終わった。
日々に眠く、時間が足りない。
日々に謎が出てくる。
謎そのものは、簡単に解ける。
が、ビデオ化に、時間がかかる。
その時間を作るのが、たいへん。
たいていは、朝早く起きる。
朝食前の2〜3時間。

 慢性的な睡眠不足。
慢性的な運動不足。
もちろん収入は、ゼロ。
だから正直に告白するが、ああいう山形大学の研究チームの話を聞くと、よけいに腹が立つ。
渡航費も、滞在費も、すべて国の負担。
研究費も、プラス給料も、すべて国の負担。
そういう恵まれた環境の中で、新しい地上絵を見つけましたは、ない。

 山形大学のX教授は、テレビの中でこう述べていた。
「デニケンは、宇宙人説を唱えていましたが、受け入れがたいです」と。

 あのね、デニケンは、私財をはたき、命がけで調査した人だぞ。
そんなデニケンを、頭から、しかも軽く否定する。
私はその言葉を聞いたとき、「何を偉そうに!」と思ってしまった。
これを学者の傲慢と言わずして、何と言う。

 ……少し頭が熱くなったので、今夜は、ここまで。
ともかくも、最後まで、こうして読んでくださったことに感謝します。
ありがとうございました。

2013年04月15日


Hiroshi Hayashi+++++++March, 2013++++++はやし浩司・林浩司

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 はやし浩司のホームページ http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
***********************************

このマガジンがお役にたてそうな人が、あなたのまわりにいませんか?
よろしかったら、どうか、このマガジンのことを、お友だちの方に
話していただけませんか?

よろしくお願いします。              はやし浩司
***********************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
まぐまぐプレミア版(有料版)のお申し込みは……
http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page141.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                      
.   *※※
.※※  ***※
.*※※…※}※**   
. **++ ※))
. {※}※※ /
. ※*… /mQQQm
.**/| |Q ⌒ ⌒ Q  Bye!
.  = | QQ ∩ ∩ QQ   
.       m\ ▽ /m〜= ○
.       ○ 〜〜〜\\//
.=================================
.みなさん、次号で、またお会いしましょう!
.=================================
疑惑のミケランジェロ,Michelangero in Susupicion,Michelangelo di Buonarroti ,Mystery of Michelangelo,ミケランジェロの謎,謎のミケランジェロ,彫刻,謎の彫刻,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,Athens,Gandhara,Ancient Greece,Mauso;eum of the Qin Emperor,ガンダーラ,古代ギリシア,仏像,衣服,兵馬俑,西安,ナスカNazca,仏像の衣服,Malta,Malta Island,Nazca,Nazca Lines,Mystery of Nazca Lines,Hiroshi Hayashi’s theory of ancient civilizations,マルタ島,アテネ,ギリシア,ギリシャ,はやし浩司,はやしひろし

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。