出産・育児

最前線の子育て論byはやし浩司(メルマガ版)

子育て最前線で活躍するお母さん、
お父さんのための育児マガジン+育児エッセーほか。    
★★★★★2007年10月、
60000誌の中で、TOP-ONEに
評価されました!★★★★★

全て表示する >

●子育て最前線の育児論byはやし浩司・メルマガ(常識とは何か?)

2013/04/12

*********************************
 彡彡人ミミ      彡彡彡彡彡
| ⌒ ⌒ |   MM ⌒ ⌒ MM
q 0―0 MMMMM ∩ ∩ MM m
(″ ▽ M ⌒ ⌒ M″ v ゛)/ ̄)
凸/Σ▽乃q ・ ・ p ̄Σ▽乃 ̄` /
\   /(″ ▽ ゛)\    厂 ̄偶
(BW公開教室・まぐまぐプレミアム読者のみなさんへ)
   http://hiroshihayashi4.ninja-web.net/

 ===○=======○====================
 子育て最前線の育児論byはやし浩司     4月 12日号
 ================================  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━¬¬¬¬¬――――――――――――――
★★★★★★★★★★HTML版★★★★★★★★★★★
マガジンを、カラー版でお楽しみください。(↓)をクリック!

http://bwhayashi2.fc2web.com/page022.html
★メルマガ(6万3000誌)の中で、2008年度、メルマガ・オブ・ザ・イヤーに
選ばれました!
★2009年、2010年、連続、カテゴリー部門・人気NO.1に選ばれました。

【1】(常識とは?)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

はやし浩司の常識vs考古学者の常識

○常識

 常識とは、何か。
それがよくわからない。
昨日も、こんな記述に出会った。
学研の『古代ギリシア』という本である。

 それによると、あのパルテンノン神殿(アテナイ)の円柱は、輪切りになっているという。
(それは知っていた。)
で、石切り場で、円柱を作り、それを現場まで、「馬車」で運んだという。
が、ここで待ったア!
私の頭の中で、火花が飛んだ。
シナプスが、ショートした。

○8トン

 そこで計算を繰り返してみる。
半径を1メートル、高さを1メートル……。
それで計算してみると、円柱1個分(高さ1メートル前後)の重さが、何と8トンを超えた。
8トンだぞ。
市内を走っている中型トラックが、平均4トン。
8トンともなると、建設現場で見かける、大型ダンプが、それ。
私も自分の庭に、砂利を運んだことがある。
2トントラックだったが、1立米(1立方メートル)を運ぶのが、限度。
1・5立米も積んだこともあるが、クラッチが焼けてしまった(当時)。
比重を、2・6で計算しても、1立米で、2・6トン。
(実際には、砂利は、空気が混ざっているので、軽い。)

 そんな円柱(岩)を、馬車で運ぶ?
……ということは、ありえない。
車輪を支える、車軸が折れる。
車輪そのものが、つぶれる。
つまり、不可能。

 私はそれを呼んだとき、こう思った。
「これを書いた学者は、苦労を知らない都会人だな」と。

○イースター島のモアイ

 イースター島のモアイ。
あれについても、学者の定説によれば、人間が運んだという。
方法は、こうだ。

 モアイに綱をつけ、四方八方から、ユラユラと揺らしながら、運んだ、と。
事実、この方法なら、かなり重いものまで、運ぶことができる。
ビア樽を斜めにし、ころがしながら運んでいる人がいる。
原理的には、それと同じ。

 が、小さいモアイならまだしも、大きなモアイとなると、そうはいかない。
中には、10メートルを超えるものもある。
で、その中の一つを計算してみたら、200トンを超えた。
200トンだぞ。

 仮にその方法が有効であるとしても、その途中で、モアイは地面に、めり込んでしまう。
飛行場のように、コンクリートの厚さが、40センチとか50センチもあればよい。
が、ふつうの地面では無理。
不可能。
100トンでも、不可能。
10トンでも、不可能。
水田に、足を踏み入れたような状態になる。

 何でもその意見を発表した学者は、自分でそれを実験してみせたという。
ただし小さなモアイ。
つまり地面にめり込むことはない。
小さなモアイなら、それも可能だろう。
が、100〜200トンクラスともなると、そうはいかない。
ものごとは、常識で考えたらよい。

(モアイといっても、エイリアンが作った大型のものから、人間がまねして作った小型のものまである。
区別されたし。)

○ナスカの直線

 ナスカの直線についても、そうだ。
やはり定説によれば、何千人もの人たちが、クイをもち、一斉に並んで、あの線を描いたという。
結構な話だが、実際には、ナスカ平原は、かなりでこぼこしている。
山あり、谷あり……。
宇宙から見れば直線だが、地上でそれを引くのは、不可能。
仮に山を越えて見えるような長いクイを使えば、可能かもしれない。
しかしどこのバカが、そんなことをするだろうか。
そんなことをしてまで、直線を引くだろうか?
引いたところで、何になる。

 古代の昔においては、(労力)そのものが、今でいう(金銭的価値)をもっていた。
意味のないことのために労力を使うということは、現代風に言えば、まさにムダ金。
捨て金。
ものごとは、常識で考えたらよい。

 ……などなど。
今朝はそれについてのビデオをまとめた。

○ボスニアン・ピラミッド

 最近の発見で、最大級のものは、ボスニアン・ピラミッド。
ギザのピラミッド(クフ王)の、約1・5倍の高さがある。
1・5倍というが、実際、絵で描いてみると、2倍強の大きさになる。
(面積は、長さの二乗に比例する。)

 現在の今も、世界中からボランティアが集まり、発掘中。
が、ここでおもしろい現象。

 学者の説によれば、紀元前1万年くらいから、紀元前500年くらいにかけてできたという。
根拠は、人間。
そのあたりには、イリリアン人(Illrian)が住んでいた。
で、そういうことになった(ウィキペディア百科事典)。

 が、炭素年代測定法によれば、何と、2万5000年〜6000年前という数字が出てきた。
ボスニアン・ピラミッドは、何と、2万5000年〜2万6000年前にできたという。

 となると、学者の意見とは、まっこうから対立する。
2万5000年前というと、原人最後の時代。
そのころ原人(ジャワ原人)は、急速な進化を遂げ、今に見る人間の原型になった。
顔つきも、大きく変わった。
そのころの原人に、ピラミッドなど、建設する能力はなかった。
技術もなかった。
作る目的も、なかった!

○書き込み

 こうした私の意見に対して、辛らつな書き込みがつづく。
「ゴミ」論などは、まだよいほう。
中には、「お前の意見は、歴史学に誤った先入観を与える」「即刻、やめろ」とかいうものまで、あった。

が、本当に(誤った先入観を与える)のは、どちらなのか。
ギリシア彫刻にせよ、ガンダーラ彫刻にせよ、人間彫刻説にこだわり、そのワクから一歩も外に出られないでいる。
が、ものごとは、常識で考えたらよい。
あんな彫刻、人間に彫れるわけがない。
1体や2体ではない。
それこそ、ゴロゴロと!
しかもだ、やや時間差をおいて作ったような彫刻が、多い。
ミロのビーナスにしても、まったく同じものが、その200年前に作られていた。

 こうした事実を、当然のことながら、歴史学者は、受け入れない。
この世界では、宇宙人説を唱えただけで、はじき飛ばされてしまう。
問答無用に、無視。
心が狭いというか、バカというか(失礼!)。

 ともあれ、みなさん自身で、判断してほしい。
今朝作ったビデオは、そのまま、ここに紹介する。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

265+71 考古学者のウソ(Lies by Archeologists)
ボスニアン・ピラミッド(Bosnian Pyramids in Bosnia)

考古学者たちは、ウソは言いません。しかし本当のことも言いません。で、証明された(?)わずかな証拠だけをもって、世界の歴史を説明しようとします。そもそも、ここがウソの始まりです。矛盾や謎が、そのため、つぎつぎと生まれます。ものごとは、まず常識で、考える。それがすべての基本です。おかしいものは、おかしいと、声をあげる。どうしてこの日本では、それができないのでしょうか。このビデオの中では、ボスニアン・ピラミッドを例にあげて、考古学者のウソについて考えます。考古学者の説では、イリニアン人が作ったという前提で、その年代を推定しています。しかし炭素年代測定法によれば、2万5000年〜2万6000年前という数字が出てきているのです。が、そういう事実には、目を閉じてしまう。私は、それがおかしいと言うのです。私のビデオ作りは、こうした保守主義者との、まさに闘いでもあるのです。

Here I'd like to explain about Bosnian Pyramids in Bosnia. These pyramids are recently discovered and they found that they are giant pyramids much bigger than those in Giza or Teotihuacan. Three pyramids show the directions to each major spots of the world.
Oct 16th 2012 by Hiroshi Hayashi, Japan

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/sTUWScQG7IA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/sTUWScQG7IA

最近発見されたボスニアン・ピラミッドについて。
現在50〜70センチ程度の泥におおわれているようで、発掘が始まったばかりです。
その大きさは、メキシコのテオティワカン、エジプトのギザのピラミッドをはるかにしのぐものです。
では、なぜ、また何のために、こんな巨大なピラミッドがボスニアにあるのか,点と線で、その謎解きに挑戦してみました。
で、その結果、ボスニナン・ピラミッドは、主要な拠点を指し示していることがわかりました。
が、それは同時に、このピラミッド自体が重要なピラミッドであったことを意味します。
ふつうのピラミッドでないことは、No70のほうを見てくださると、おわかりになると思います。
はやし浩司 2013年04月12日


(資料)

<a href="http://www.flickr.com/photos/84465752@N05/8092135919/" title="img125 by Photo Studio of Hiroshi Hayashi, on Flickr"><img src="http://farm9.staticflickr.com/8476/8092135919_58562393f0_b.jpg" width="738" height="1024" alt="img125"></a>


Hiroshi Hayashi+++++April.2013+++++はやし浩司・林浩司

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 はやし浩司のホームページ http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
***********************************

このマガジンがお役にたてそうな人が、あなたのまわりにいませんか?
よろしかったら、どうか、このマガジンのことを、お友だちの方に
話していただけませんか?

よろしくお願いします。              はやし浩司
***********************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
まぐまぐプレミア版(有料版)のお申し込みは……
http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page141.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                      
.   *※※
.※※  ***※
.*※※…※}※**   
. **++ ※))
. {※}※※ /
. ※*… /mQQQm
.**/| |Q ⌒ ⌒ Q  Bye!
.  = | QQ ∩ ∩ QQ   
.       m\ ▽ /m〜= ○
.       ○ 〜〜〜\\//
.=================================
.みなさん、次号で、またお会いしましょう!
.=================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。