出産・育児

最前線の子育て論byはやし浩司(メルマガ版)

子育て最前線で活躍するお母さん、
お父さんのための育児マガジン+育児エッセーほか。    
★★★★★2007年10月、
60000誌の中で、TOP-ONEに
評価されました!★★★★★

全て表示する >

●子育て最前線の育児論byはやし浩司・メルマガ(「与那国島の謎)

2013/01/23

☆☆☆この電子マガジンは、購読を登録した方のみに、配信しています☆☆☆
.  mQQQm            
. Q ⌒ ⌒ Q  ♪♪♪……   
.QQ ∩ ∩ QQ         
. m\ ▽ /m 彡彡ミミ      
.  /〜〜〜\  ⌒ ⌒      
. みなさん、   o o β       
.こんにちは!  (″ ▽ ゛)○  
.        =∞=  // 

□■□□□□□□□□□□□□□■□ ================= 
子育て最前線の育児論byはやし浩司   2013年 01月 23日
□■□□□□□□□□□□□□□■□ =================

メルマガ(6万3000誌)の中で、2008年度、メルマガ・オブ・ザ・イヤーに
選ばれました!

【1】(子育てのこと)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

休みます。
【2】(特集)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

(201301月23日byはやし浩司)+与那国島の謎

170 与那国島の謎(Mystery of Yonaguni-jima Island, Japan)

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/sl2JipXE51s" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/sl2JipXE51s

Here is this video, I’d like to explain that Yonaguni-jima Island is man-constructed, or arranged island by Aliens, because it was not human-beings that could do such a construction in ancient times. You may think I am crazy but I can show how come I believe to think so. But one thing is very clear that Yonaguni-jima is a very strange island whatever you may say and think. This is the story about it.

このビデオの中で、与那国島が、エイリアンによる人工島であることを説明します。なぜ、エイリアンか? 理由は簡単です。古代において、こんな工事が人間によってできるわけがないからです。突飛もない話に聞こえるかもしれませんが、謎の点と線をつないでいくと、答えが、おのずと出てきます。ともあれ、あなたがどう考えようとも、与那国島がたいへん不思議な島であることには、まちがいありません。これが今日の物語です。

はやし浩司
Hiroshi Hayashi
Jan., 22nd 2013


Hiroshi Hayashi+++++Jan.2013+++++はやし浩司・林浩司


○感想

 昨日、東京のO区の人たちから、手紙が届いた。
講演会の感想が、届いた。
昨年(2012年)の12月にした講演。
それについての感想。

 うれしかった。
みなさんに、喜んでもらえた。
というのも、講演には、いつも不安が残る。
いつも終わるたびに、「今日も失敗」と思う。
一度とて、「今日はうまくできた」と思った日はない。
いつも失敗。
そう思いながら、会場を去る。

○不安

 理由の第一。
そのつど、内容を変えている。
そのつど、会場の雰囲気を見ながら、話を変えている。
話の途中でも、変えている。
言うなれば、会話と同じ。
聞きに来てくれた人の表情を見ながら、話す。

 だから、いつも不安が残る。
「あれでよかったのか?」と。

 そんなとき、感想が届く。
読む。
不安が、やわらぐ。

○残り、25分

 昨夜は午前1時ごろまで、起きていた。
ビデオのUPLOADに、手間取った。
で、失敗。
「失敗」というのは、つまりいろいろあった。
で、今朝、再挑戦。
現在、そのUPLOADが、進行中。
その間に、この原稿を書く。
いくらパソコンの性能がよくても、UPLOADにかかる時間は同じ。
たった今、UPLOAD画面をのぞいたら、「残り、25分」とあった。

 25分で、何ができる?
何が、書ける?
そう思いながら、この原稿を書く。

○那智大社

 本当は、今日、那智大社へ行くつもりでいた。
その帰りに、名古屋での同窓会に顔を出すつもりでいた。
が、中止。
時間がない。
やるべきことが、いくつかあった。
それで中止。

 そのかわりというわけでもない。
昨日、九州のある市から、手紙が届いた。
九州は、大分県。
その市にある、ストーン・サークルの詳細図が、その中にあった。
それを見た瞬間、ドキッとした。
ただの詳細図ではない。
意味のある詳細図。
直感的に、それがわかった。

近く、その九州へ行ってくる。
今度は、行ってから謎を解くのではない。
あらかじめ謎を解いてから、行く。
・・・というか、75%は、解けている。
残りの25%が、解けない。

○謎

 またまた謎の話。
昨夜も、そうだった。
与那国島について調べた。

その与那国島。
それぞれの直線は、それぞれの拠点への方向を示している。
ギザ(エジプト)、モヘンジョダロ(パキスタン)、プレア・ビヒア(カンボジア)など。
しかし1本だけが、別のところを示している。
ナスカ(ペルー)の方角だが、ナスカではない。
なぜだろう?

 同じような経験を、あのスフィンクスでもしている。
ほぼ東を向いているが、しかし東ではない。
スフィンクスの向いている方向に直線を引く。
真東ではなく、やや南にそれている。
なぜだろう?

 南米のアタカマの巨人(チリ)にしても、そうだ。
あれほどまでの地上絵であるにもかかわらず、その先には何もない。
なぜだろう?

 ・・・というような遠回しな言い方は、やめよう。
実は、その先には、ちゃんと「ある」。
人間にとっては、何もない。
しかし彼らにとっては、ちゃんと「ある」。
つまり彼らの基地。
それがある。

○UFO

 UFOの目撃例は、多い。
世界各地で、目撃されている。
が、おかしなことに、着陸しているUFOの目撃例は、驚くほど少ない。
私が知るかぎり、1例だけではないか。
森の中に着陸したUFOで、それがYOUTUBEの中で紹介されている。

 が、これはおかしい。
1例だけ?
ということは、そのつどUFOは、地球外から来ていることになる。
が、そんなことは、ありえない。
仮に来ているとしたら、月からということになる。
が、地球と月の間を往来していれば、もっと目立ってよいはず。
どんな乗り物なのかはわからない。
が、人間風に考えれば、不経済。
エネルギーの無駄。
つまり彼らの基地は、この地球上のどこかにある。
そう考えるのは、至極、自然なこと。
となると、彼らの基地は、どこにあるのか。

そのヒントが、火山と地下。

○阿蘇山

 私も、それを聞いたときには、ギョッとした。
あまりにも奇想天外。
ありえない。
そう感じた。
が、その人の話を聞いているうちに、「そうだ」と確信した。
こんな話。

 その人の息子氏が、大学の友人たちと、阿蘇山に登った。
5〜6人だったか、7〜8人だったかは、忘れた。
そのときのこと。
息子氏たちは、火口が見渡せる山頂で、休憩をとっていた。
そこへ上空から、1機、また1機と、UFOが空から現れた。
(そのときの詳しい様子は、聞いていない。)
で、そのUFOは、阿蘇山の火口の中に、吸い込まれるように消えていったという。

 白い円形のUFOだったという。
で、それを目撃したのは、彼らだけではなかった。
ほかにもなん人かの人たちが、近くにいたという。
その人たちも、それを目撃していた。

○UFOと火山

 何もない・・・と思いながら調べていると、そこには火山がある。
『謎の点と線』を調べているとき、私はそれを経験した。
必ずといってよいほど、火山がある。

 たとえば先に書いたスフィンクスにしても、そうだ。
その向いている方向に直線と引くと、その直線はボルネオにやってくる。
日本の本州ほどもある、大きな島だ。
その中央部には大きな山脈があり、そこには巨大な火山がある。

 さらにアタカマの巨人についても、同じ。
やはり火山がある。
「美しい」という表現は適切ではないかもしれない。
しかし本当に「美しい」。
富士山も美しいが、富士山の比ではない。

UFOの基地と火山。
私の頭の中で、こうしてこの2つが結びついた。

○『謎の点と線』

 私も、これほどまで深く、『謎の点と線』に、のめり込むつもりはなかった。
最初は、遊びだった。
いいかげんというよりは、遊びだった。
が、そのうち、こうしてのめり込んでしまった。
「まさか?」「まさか?」と思っているうちに、そうなってしまった。

 30年来の友人の1人は、こう言った。
「君のしていることは、単なる、つじつま合わせ」と。
つまり私がしていることは、(つじつま合わせ)と。

 が、これは事実に反する。
たとえば最初から結論がわかっていれば、そういうこともするだろう。
自分の都合のように、都合のよい事実だけを集めていく。
そういうのを(つじつま合わせ)というのなら、まだ話もわかる。
たとえば最初から、「火山が彼らの基地」とわかっていれば、そうする。
しかしそれがわかったのは、ずっとあとなってからのこと。

それに、もしそれがだめだと言うのなら、日本の考古学は、総崩れになる。
考古学者にしても、していることといえば、(つじつま合わせ)。
ウソはないにしても、本当のことも書かない。
自分に都合の悪い事実については、あえて目を閉じる。
伏せる。

○与那国島

 ともあれ、昨夜は、与那国島について調べた。
その結果は、先に紹介したビデオの通り。
が、ここで与那国島の謎が終わるわけではない。
先にも書いたが、もっとも重要な直線(与那国島を縦に横切る直線)の謎。
その直線が、ナスカの方向を示しているが、しかしナスカではない。
ナスカの南。

 私はそのあたりに何があるかは、知っている。
というより、そのあたりについては、以前に何度か、調べた。
今朝は、それについて、もう一度、調べてみたい。
何かがあるはず。
それをもう一度、調べてみたい。

 ・・・ということで、今朝は、ここまで。
先ほど、ワイフがお茶を届けてくれた。
それを飲み干したら、その作業に取りかかる。
とにかく、今は、一瞬一秒が大切。
私の命。
無駄にできない。

(はやし浩司 2013−01−23)


Hiroshi Hayashi+++++Jan.2013+++++はやし浩司・林浩司


【3】(近ごろ、あれこれ)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

休みます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 はやし浩司のホームページ http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■□コマーシャル★★★★★★コマーシャル□■

【BW生・募集中!】

 (案内書の請求)

   http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page228.html

 (教室の案内)

    http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page025.html

●小学生以上の方も、どうか、一度、お問い合わせください。

■□コマーシャル★★★★★★コマーシャル□■

***********************************

このマガジンがお役にたてそうな人が、あなたのまわりにいませんか?
よろしかったら、どうか、このマガジンのことを、お友だちの方に
話していただけませんか?

よろしくお願いします。              はやし浩司
***********************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
まぐまぐプレミア版(有料版)のお申し込みは……
http://www2.wbs.ne.jp/~hhayashi/page141.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                      
.   *※※
.※※  ***※
.*※※…※}※**   
. **++ ※))
. {※}※※ /
. ※*… /mQQQm
.**/| |Q ⌒ ⌒ Q  Bye!
.  = | QQ ∩ ∩ QQ   
.       m\ ▽ /m〜= ○
.       ○ 〜〜〜\\//
.=================================
.みなさん、次号で、またお会いしましょう!
.=================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-14  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。