福祉・介護

福祉保健研修交流センターウィリング横浜 メールマガジン「研修のご案内」

福祉保健研修交流センターウィリング横浜が実施する、横浜市内在住・在勤の福祉保健従事者・活動者を対象とした研修のご案内を毎月1回お届けします。

全て表示する >

福祉保健研修交流センターウィリング横浜 メールマガジン「研修のご案内」

2013/03/15

みなさん、こんにちは!ウィリング横浜人材開発担当です。
   暖かくなり春を感じる頃となりました。
新年度もウィリング横浜研修へのご参加をお待ちしています。

目次
 1 平成25年度 研修のお知らせ
 2 その他のお知らせ
───────────────────────────────────
1 平成25年度研修のお知らせ
───────────────────────────────────
「平成25年度 ウィリング横浜 研修のご案内 ダイジェスト版」
ができました。施設研修のご参考にしていただきたくよろしくお願い
します。
詳細はこちらから http://www.yokohamashakyo.jp/willing/25-2.html

【横浜市内在勤の福祉保健従事者で新卒入職後1年以内の方対象】
「組織力を高める」NO.5新任職員研修
パッケージ研修のため、全課程参加とします。
日 程: 
      1日目    2日目     3日目   
1コース  5月20日(月) 7月 2日(火) 8月21日(水)
2コース  5月27日(月) 7月 8日(月) 13:30〜16:30
3コース  6月 3日(月) 7月19日(金) 健康福祉総合
4コース  6月10日(月) 7月25日(木) センター4Fホール

           4日目     5日目      6日目
1コース  9月20日(金)10月15 日(火)10月16日(水)
2コース  9月25日(水)10月21 日(月) 10月22日(火)
3コース  9月27日(金)10月28 日(月)10月29日(火)
4コース  10月4日(金)11月12 日(火)11月13日(水)
※3日目以外の時間は10:00〜16:30までとします。
研修内容:
※全国社会福祉協議会「福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程
(新課程)」に基づき、ウィリング横浜が6日間で構成しています。

1日目 『オリエンテーション』
自らのこころとからだの健康を学ぶ 
『セルフマネジメント(ストレスとの上手なつきあい方)』
職業人として心身の健康管理の基本を理解し、自らの健康について
考える。
      講師・・・神奈川県臨床心理士会 臨床心理士 
               岩倉 拓 氏 菊池 恭子氏 大塚 由希氏  
 

2日目 社会福祉の基本を学ぶ
『社会福祉の専門性(利用者主体の支援)』
福祉サービスの基本理念・倫理の基礎を理解し、利用者主体の
支援を考える。
講師・・・和泉短期大学 教授 鈴木 敏彦 氏
3日目 『横浜の福祉制度』 
講師・・・横浜市行政職員
利用者の生活の場である横浜の福祉制度(子ども・青少年、障害、
高齢)を理解する。
    ※4コース合同で実施します。
午後のみ(13:30〜17:00) 健康福祉総合センター4階ホール
4日目 組織人としての基礎を学ぶ
      1『対人関係マナーとコミュニケーション』
       職業人として必要な接遇・マナーを身につける。
      2『福祉職員としてのキャリアデザイン』
       組織における役割を確認し、福祉職員としての将来像を描く
       必要性を理解する。
       ※【自己学習】課題レポートを作成する。
5日目 3『組織の一員としてのメンバーシップ』
       組織の一員として、チームのレベルアップに貢献するための
       基本的心構えと姿勢を学ぶ。
      4『福祉サービスとリスクマネジメント』
       福祉サービスの特徴を理解し、リスク及びリスクマネジメントの
       基本的な考え方を学ぶ。
6日目 5『自らのキャリアデザインを描く』
          福祉職員としての将来像を描き、目標達成のための自己管理
          について考える。
       6『研修の振り返りとこれからの目標』
研修での学びを振り返り、描いたキャリアデザインを仲間と
考える。
4日5日6日目講師・・・福祉職員生涯研修課程 専任講師 
(株)フォーコンサイツコンサルティング楠元 睦巳 氏
※キャリアとは「生涯を通じた職業人生経路」「時間軸でみた職業
生活パターン」を意味しています。
申込締切:4月22日(月)必着
受 講 料:18,000円(税込)※受講決定後、事前振込
定  員:144名(36名×4コース)
会  場:福祉保健研修交流センター ウィリング横浜 

【横浜市内在住または在勤で高齢・障害分野の介護業務で
働いている、経験年数が浅い方対象】
「専門力を高める」No.B-12
新任介護職員基礎研修〜「いいね!」上手な介護〜
★「自信」と「やりがい」をもって介護することを目標に、
介護技術の基礎を学びます。
★「自信」と「やりがい」に納得するまで何回でも申込可能です。
(ただし、初回者が優先)
日  時:9:30 〜 16:30  
第1回:平成25年 4月26日(金)申込締切4/5(金)
第2回:平成25年 6月28日(金)    6/7(金)
第3回:平成25年 8月23日(金)    8/2(金)
第4回:平成25年10月25日(金)    10/4(金)
第5回:平成25年12月20日(金)    11/29(金)
第6回:平成26年 2月28日(金)    2/7(金)
※郵送の場合は必着
内  容:1 介護の基本
        2 人の動作の基本
         (1)寝返り(2)起きてベッドに座る
          (3)ベッドから立つ(4)立位から歩く
        3 介護技術の基本
     (1)移動・移乗(2)食事介助 (3)排泄介助(4)身支度 
受講料:各回4,500円(税込)別途テキスト代500円(税込)
※受講決定後、振込
定  員:各回24名※先着順 定員になり次第締切ります
講  師:公益社団法人 神奈川県介護福祉士会
     介護技術講習(主任)指導者
会  場:福祉保健研修交流センター ウィリング横浜10階介護実習室

【横浜市内在住または在勤の福祉保健従事者・活動者の方
 その他、本セミナーに関心のある方対象】
〔横浜市立大学共催講座 医療基礎知識セミナー〕
くすりを知って上手につきあおう
─医療用麻薬によるがんの痛みの治療─
日  時:平成25年5月24日(金)15:00 〜16:30  
参 加 費: 無料
定  員: 100名 ※定員を超えた場合は、調整させていただきます。
講  師:横浜市立大学附属病院 薬剤部 小宮 幸子  氏
申込締切:平成25年4月30日(火)必着
会  場:福祉保健研修交流センターウィリング横浜5階 501研修室

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
福祉保健に関する自主研究団体 募集します
自主研究団体として活動すると、こんな特典があります♪
○ウィリング横浜の研修室等で活動ができます。
○団体専用のロッカーを利用できます。
○研究に必要な資料や情報などを提供します。
活動の期間: 原則として、利用開始から平成26年3月31日まで
募集団体数: 概ね10団体
応募の条件: 横浜市内在住または在勤の福祉保健従事者または
              活動者をメンバーに概ね5名以上20名以内で構成する団体。
具体的な福祉保健に関する研究目的・テーマを持っている。
*年間の研究活動の成果をまとめ、発表していただきます。
*ウィリング横浜が実施する「人材育成事業」へご協力いた
だく場合もございます。
応募の方法:『平成25年度研究事業利用団体申請書『構成員名簿』
に必要項目をご記入いただき、郵送にてご提出ください。
※本会ホームページからダウンロードしてください。
http://www.yokohamashakyo.jp/willing/s-14-7.html
2 その他のお知らせ
───────────────────────────────────
●情報資料室からのお知らせ
福祉保健に関する情報を集め、提供しています。
お気軽にご利用ください。

★開館時間 火曜日〜金曜日 9:00〜21:00 
日曜日・月曜日9:00〜17:00
 ※年末年始・館内整理日(毎月第2金曜日)をのぞく
★お問い合わせ・情報資料室 045-847-6677         
情報資料室の詳細はこちらから↓↓
http://www.yokohamashakyo.jp/willing/s-14-2-3.html

●よこはま福祉・保健カレッジ講座実施中!
カレッジ講座の詳細はこちらから↓↓
http://www.yokohamashakyo.jp/willing/college/index.html
メールマガジンの内容について、ご意見やご提案などございま
したら下記のメールアドレスまでご連絡ください。
よろしくお願い申しあげます。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-13  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。