自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

ファンで冷え冷えの(週刊 自転車ツーキニスト786)

2018/08/01



  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
          ファンで冷え冷えの786号

■ヒートシンクに続いて

 アルミ製の剣山みたいな格好をした「ヒートシンク」を使ってましてね。例のHDD「タイムカプセル」の話だ。バックアップHDDで無線LANルーターであるところの“Apple Time Capsule 3TB”の温度が劇的に下がった。
 ……と、ここまでは、前回のメルマガで書いたとおり。
「うひゃ、アッちっち!」だったのが「まあまあ暖かいな」という程度までに下がった。
 ふむ、これはいい。
 こうなると「ならば、もっと温度を下げてみたいな」と思うのが、ワタシクの特質とでも言いましょうか、なんと言いましょうか、いつものパターンでありまして、うーむ、と考えた末に、USBミニファンってやつを買ってきた。
“Time Capsule”のUSBスロットがひとつ空いてたということもありまして。
 安いね。1000円しない。
 ミニミニ扇風機みたいなやつなんだけど、それを挿して、さあ、どうなるか。試してみたのだ。

■またまた下がった!

 ファンの向きは、まさに剣山(ヒートシンク)部分。そこにそよ風が流れる、という形。
 スイッチオン。音も静かだ。
 で、10分後に剣山部分を触ってみた。
 わお。
 つ、冷たい。
 なにこれ、暖かくないどころか、冷たいよ。
 すごいなぁ、風効果。剣山部分も冷たいが、同時に当然ながら“Time Capsule”の筐体も冷えましてね。スッゴク気持ちがいい。おそらく“Time Capsule”くんも喜んでると思うが、私自身も非常に気分がいい。
 うーん、何といいましょうか、なんだかファンをじーっと見ながら、ひとりにやにやと頷いたりしておりましたよ。けっこう私の中では満足でありましてね。
 うん、精神衛生上じつにさわやか。

■笑ってしまう「もろヤクザ」スタイル

 と、そういうさわやかな話とはまったく別に、非常にさわやかでない、というか、いやー、もう笑ってしまったのが(いきなり話が変わるけど)日本ボクシング連盟の山根会長のことでね。
 いやー、もう疑惑の奈良判定(こりゃもう“疑惑”どころじゃないね)だの、不明朗なカネの流れだの、いろいろありながら、誰もが思ったのは「誰、この会長、どう見てもヤクザ…!」だっていう(笑)。
 いや、セルフプロデュースっていうんですか、この会長、自分自身「ヤクザの親分っぽくしよう」としてるよね。その結果、100%そうなった。どこからどう見てもヤクザの親分。立ち方も、座り方も、会長室(?)の背景も、サングラスも、髪型も、ケータイの待ち受け音声(ゴッドファーザーのテーマ)も、スーツの色も、形も、つまり、すべてがすべてモロヤクザ。
 というのか、悪役商会(笑)。
 悪役商会どころか、ここまでベタだと、ドラマを撮ってても監督がストップかけると思うなぁ。
「ちょっと待って、山根さーん、そりゃ役作りしすぎ(苦笑)。そこまでモロヤクザだと、もうギャグだよ、ギャグ。ドリフのコントだよ。せめてスーツの色だけでも変えようよ」とかね。
 だって、ここまでマンガのようなヤクザスタイルって、昨今、久しぶりにみたもんね。八名信夫だって、ここまではやんないよ。
 いやー、ぜひとも会見開いて欲しいなぁ。
 あのスタイル堅持で、葉巻でもプカプカ吸いながら、ちょっと斜めに座って会見して、ときどき記者を「おんどれ、それ腹くくって聞いとるんか? おお?」とか恫喝するという。で、後には直立不動のサングラススーツ男が4人くらい並んでる。
 もうワイドショーも視聴者も大喜び。「伝説の会見」になること間違いないね。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「FIRE and FURY」Michael Wolff著 Henry Holt & Co

 トランプ大統領についてのいわゆる暴露本「炎と怒り」(マイケル・ウォルフ著)の原書。まあまあ読みやすいし、Kindle版で読んでみたわけだ。……というのか、読んでないな、読むの挫折した。
 といいますのは、やはりここまで有名な本だと、内容の「いいところ」は、ほぼすべて他のメディアに流れてしまってるし、出てくる登場人物バノン氏とかもとっくに表舞台から退場してしまってる。またヒラリー女史と戦った選挙戦にしても、もうあまりに話題が古すぎて「もういいよ」になってしまってね。
 これが日本語本だったなら、それでも「せっかく買ったんだから」と全部ダダーッと斜め読みに読んでしまうんだけれど、さすがに英語版では、ダダーッと斜め読みとはいかない。斜め読みだと、それこそ本当にサッパリ分からなくなる(@∀@;)。
 んで、結局ザセーツ♪ トランプ大統領のタマラナサは、こういう私の読書生活にまでおよんでいるのであります。

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「新・自転車“道交法”BOOK」自転車活用推進法が分かる! 木世(えい)出版社
https://www.amazon.co.jp/dp/4777946207
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878

【好評既刊本】
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト 木世(えい)出版社
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 91 点