自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

世に“疑似科学”のタネは尽きまじの(週刊 自転車ツーキニスト750)

2017/11/03


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
      世に“疑似科学”のタネは尽きまじ、の750号

■タワーマンション嫌いの人

 なぜか知らんが、世の“リベラル系週刊誌”は、タワーマンションが嫌いらしくてね。特に「週刊AERA」なんてのは、ことあるごとに「タワマンは危険だ」「風が強くて窓も開けられない」「子どもが先天的疾患になる」「住民同士で派閥ができる」ほか、どうのこうのと批判ばっかりしてる。

 ほとんど納得できん(笑)。

 結構長いこと、芝浦のタワーマンションの33階に住んでいた私としては、なんだか首をかしげる話ばかりだ。
 ウチの場合、子ども3人はみなこのタワーで生まれてるし、その頃のママ友さんたちとは今でも付き合いがあるし、風? 東京湾花火のときなんて毎年バルコニーでメシ食ってたぞ。なんらタワマンの悪いところなんて感じたことはなかった。
 あの震災の日もタワマンにいた。
 免震構造だったから、長周期振動でどうの、なんてこともほぼなく、パパ部屋(つまり私の部屋)に積み重ねてた「文庫本タワー」にもまったく被害はなかった。棚の上の一輪挿し花瓶でさえ花瓶も落ちも倒れもしなかった。エレベーターが停まったのには閉口したけど、それも3時間ほどで復活した。

 ふむ、なんだろう、この根拠なき誹謗中傷は、と思う。
 たしかにね、50年後の権利関係やら、大規模修繕やらについては、ふむ「どうなんだろう」と思わんではないが、それはすべてのマンションという形態に関わる話でね、だいいち、そのころ私はすでにこの世にいない。私個人の経験を、ひとことで言うなら、あの時代はホント幸せだったなぁという思い出しかないよ。

 あ、ついでにいうと、当該マンションは「オール電化」でありましてね。当然、キッチンはIH調理器だった。
 これがまた「その手」方面の方々に評判悪くてね(笑)。
 なぜか“批判メンツ”がほぼ一致するのが面妖なところだが、「電磁波でガンになる」「EDになる」「1.1m以上離れろ」「IHを使ってるのは日本だけ、海外ではすべて禁止、日本は笑われてる」などなど。
 ひとことで言うと「アホか」と(笑)。ほぼ根拠なし。イメージと雰囲気だけだ。

■あ、なるほど、そういう論理展開

 ずいぶん前、誰とは言わないけれど(それなりの有名人に)タワーマンションについて、こんな話をされたことがある。
「もともと人間がそんな高いところで暮らすのはおかしい。33階なんてのは、落ちたら確実に死ぬ高さだろう? つまりその高さに住む人は、いつ死んでもおかしくない“リスクエネルギー(?)”を抱えて生きているわけだ。そんな生活が人体に悪い影響を与えないわけがない。だから、タワーに住む人は早死になんだ」
「早死に」って誰がだよ(笑)。私が知る範囲では、またまたまったく根拠レスだ。

 でも、あえて「ふーん、そんなもんすかね?」とか言ってみる。すると、彼はこう続けた。
「我々が普通に乗ってるエレベーターだって基本的には危ない。落ちたら即死程度の“リスクエネルギー(?)”があるのに、それを、ゆっくり降りることによってゴマカしてるだけなんだ。エレベーターにたくさん乗る人は、やっぱり早死にだね」
 そうすか、これもまた早死にですか(笑)。
 じゃあ階段は? とか、高原に住む人は? とか、落ちて死ぬのは高さの問題ではなく、衝撃の問題では? などと、反論はいくらでも出てくるけど、こういう人は「根拠=自分」だから、何を言っても無駄なのだ。
 しかしね、困ったことに、この程度の話にも頷く人は、やはりいるわけですよ。
 Fさんも、Eさんも、Tさんも、まだまだ意気軒昂。世に“疑似科学”がつきないわけだ。

■そういうわけで明日は「サイクルモード」♪

 私の出番は、11/4(土)の午前11時半。つまり明日。「メインステージ」です。幕張メッセっす。今回のお題は当然のように、今話題の「シェアサイクル」だ。すでに全世界に1600万台あるそうで、つい先日まで450万台とか言ってたのに、本気でネズミ算みたいに増えてる。それにしても、どこまで増えるんだ。いいのか、これで? いいのかも、これで…。でも…。というわけで、私と一緒に考えてみませんか?

【“CYCLE MODE International 2017”メインステージ】
http://www.cyclemode.net/event/detail/22/
http://www.cyclemode.net/event/main_stage/

■翌日は「はままつ自転車フォーラム」♪

 んで、その翌日、11/5(日)は、浜松で「はままつ自転車フォーラム」だよん。
 朝10時スタートで、私と一緒に「津波の際の避難経路」を自転車で走りましょう。モノスゴク意義がある。ザザシティ浜松中央館向かい「有楽街」入り口に集合だ♪

【浜松自転車協会公式ウェブサイト】
https://hamamatsujk.jimdo.com/

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「ペダリング・ハイ」高千穂遙著 小学館

 高千穂先生の最新刊自転車小説っす。私は見本版をようやく読み始めたところ。面白い。すぐに引き込まれる。続きは浜松行きの新幹線で読もうっと。
 amazonで予約受付中です。
 読み終わったら、すぐにこのコーナーで取り上げるつもり。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4-%E9%AB%98%E5%8D%83%E7%A9%82-%E9%81%99/dp/4093864853/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1509660335&sr=8-1&keywords=%E3%83%9A%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%8F%E3%82%A4

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「新・自転車“道交法”BOOK」自転車活用推進法が分かる!(?出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4777946207
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878

【好評既刊本】
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 91 点