自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

テレビから飛び出たかのような衝撃の(週刊 自転車ツーキニスト735)

2017/08/12



  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
       テレビから飛び出たかのような衝撃の735号

■世界陸上2017ロンドンで♪

 いやはや世界陸上のおかげで、弊社朝番組が大幅縮小になって、ヒジョーに楽をさせてもらってる今日この頃であります(←昭和の新聞投稿っぽい言い方)。
 それにしても、その世界陸上ロンドン、先日の男子マラソンなんかで思ったんだけど、背景に写りこむロンドンの自転車道だ。こりゃもう、スゴいことになってるね。
 じつにいい。

【ロンドン参考マラソン画像】
http://fast-uploader.com/file/7058061094795/
http://fast-uploader.com/file/7058061064977/
 この画像なんかでも分かるとおり、自転車道が、車道1車線よりも広いんですぜ。
 これなら対面通行でもおけおけーだ。かのまちは着々と進歩してる。
 あのロンドン五輪から5年だよ、あの五輪への準備こそがロンドン自転車革命(ボリス革命)のキッカケとなったんだけど、グレーターロンドン、自転車のことをついぞ忘れず、ここまできたか。がんばっとるなぁ……。

【それに較べて東京の新虎通り】
http://fast-uploader.com/file/7058062419776/
 もう広さから何からまったく違う(@∀@;)。一番違うのがやはり基本コンセプトだよね、もうTOKYOは何を考えているのやら(苦笑)。ちなみにこの新虎通りは“都道”405号・環状2号線の一部であります。

■スズキの「イグニス」がバックミラーに

 さて、先日久しぶりにクルマで走ってたときに(東京湾横断道路“アクアライン”を通ってたときだ)ルームミラーにちらりと映り込んだクルマがあってですね、何か強烈な違和感というか、いや、既視感があったわけだ。

「い、今、仮面ライダーが走ってなかった?」

 そんなバカな。でも、たった今ちらりと見えたのは、仮面ライダー…。しかも「チョー巨大な仮面ライダーの顔」なわけ。
 何だ、何だ、とルームミラーで確認しようとしたら……、ジャジャーン、その数秒後に、私のクルマのすぐ後につけてきた1台のクルマがあった。ルームミラーに大写し。あ、これだ! これか〜。
 スズキの新小型車「イグニス」だ(←後で確認した)っ・・・!(←しつこくカイジ風)
 ぜひ見てくれ〜、この顔を〜!!!

【スズキ「イグニス」】
https://shinnaturalism.com/wp-content/uploads/2015/10/20151027-2.png

 見た? 見てくれた? スズキ・イグニス。
 これね、もうそっくりなのよ。現在の仮面ライダーに。うちの長男と次男が夢中で観てる「仮面ライダー・エグゼイド」に!!

【仮面ライダー・エグゼイド】
http://www.tv-asahi.co.jp/ex-aid/img/main.png

 わはははは、なんだこれ、現在の仮面ライダーはこんなスゲー顔と色づかいになっとるの? という突っ込みはさておき、似てるでしょ。イグニスとエグゼイド。

■どこが似てるといって

 具体的にどこが似てるかと言えば、うーむ、ディテールを、細かく細かーく付きあわせると、別に似てるとこなんてない。
 でも、似てる。そっくりといってもいいくらいだ。
 全体コンセプトというのか、強いて言うと「眼」だな。
 眼が似てる。
 んで、人間にとって顔の印象とは、ほとんどが眼で決まるから(逆に眼がないと判断材料が半分程度に落ちる。だからこそ人物特定させないための「目線」というやつはあるのだ)、その眼が似てると「大まかな印象すべてが似てる!」ということになってしまうのだ。
 いやー、どうなんだろう、もしかして、イグニスとエグゼイド、デザイナーが同じなんだろうか。まさかね。でも……。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「今日から第二の患者さん がん患者家族のお役立ちマニュアル」青鹿ユウ著 小学館

 家族の誰かががんにかかってしまって、それからの家族がどういう心境になるかというお話。
 なるほど、そうか。
「しまった、あのとき、ああいうことを言うべきではなかったんだ!」とか「家族は第二のがん患者なんだな、大変なんだな」というのが、よく分かって身につまされる。
 なかなかの良書なんだけど、これ、私、自転車ルール本と同じジレンマがあると思ってしまったなぁ。
 何かというなら、ホントに読んで欲しい人には届かない!……という厳然たる事実だ。
 読んでくれる人は、恐らくみな「そうそう、そうなのよ」「あるある、泣けてくる」と思ってくれる。ところが、そういう人は最初から「分かってる」人なのだ。ところが、ホントに読んで欲しい人は、そもそもこんな話に興味がない。ないから読まない。だから相変わらずの無神経ぶりを発揮してくれるってわけ。
「抗がん剤とかさ、そんなのダメよ、西洋医学に頼ってるから、がんなんて病気は増えたのよ。やっぱ気功が一番だっていうわよ。その上でにこにこ笑ってポジティブシンキングしてれば、がんの方から消えてくれるって」とかね。
 これ「チャリは右側通行してる方が、クルマも見つけやすいし、安全だって」というのにどこか似てる、よね。

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「新・自転車“道交法”BOOK」自転車活用推進法が分かる!(枻出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4777946207
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878

【好評既刊本】
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。