自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

デフォルト・リボに驚いた(週刊 自転車ツーキニスト728)

2017/07/11





  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
         デフォルト・リボに驚いた728号

■けっこうスゴい反響

 わお、みんな怒ってるねぇ。
 前回このメルマガで「リボ払い」の話を書きましたら「おれも!」「私も!」というヒトが、やたら多くて驚きました。今やかなりメジャーなカード会社でも、カード作る際に「何の説明もなく」「デフォルトで」リボ払いになってるんだってね。
 ああ、やだやだ。当然ながら、多くの人は怒ってた。
「即座に解約した(怒)!」という人、多数。
 そりゃそうだよね、頼みもしないのに、勝手に分割(しかも累積する)にさせられて、勝手に15〜18%の高利をとられるんだから。

 なかには「勝手に月々3000円のリボ払い設定にされてました、もちろん即解約」なんて人までいた。
 彼女は「月々たかだか3000円しか払えないようなビンボー人に見られてたというのが悔しい」なんてことを言ってたんだが、これはじつは私のカミさんのことである(笑)。
 そうか、リボは平和な我が家の中にも忍び寄ってたか(笑)。

 でも、話は、そういう「(笑)」どころの騒ぎじゃないよ。
 たとえば、そのカミさんが、その設定のまま、3万円の買い物をしたとする。
 すると、どこからともなく、見えない悪の天使が舞い降りてきて、不思議や不思議、なぜか秘密に分割11回にされてしまうのだ。んで、11回目はまるまる利息。2,247円のマイドアリ〜、だ。
 なんなんだ、その2,247円は。
 3万円くらい、一括で払うわい。
 そもそもだれがそんな利息を支払うことに同意したんだっての(怒)。

■恐ろしいのは「気づかずにリボ」

 今回メールをいただいたヒトにもいたけど、恐ろしいのは「気づかないで」という場合、つまり下記のリンク先のような例だよ。

【「勝手にリボ払いにされてる? 知らぬ間自動リボ払いに要注意!」の典型例】
http://camatome.com/2014/05/shiranuma-jidou-ribo.php

 つまり、この人(Aさん)の場合、銀行口座には、常にちゃんとそれなりの額(100万だの200万だの?)が入ってるわけだ。おそらく給料の振込先とかにもなってるんだろう。
 その口座からの自動引き落とし、ということで、新しく作ったカードで何かを買う。
 ところが、そのカードが勝手にリボ設定になってるから、あんまり口座から引き落とされないままに(この場合、毎月1万円)それ以上は、勝手に借金、勝手に利息にさせられてた。
 リンク先の例だと、ふと気づくと「借金100万円!」「払わなくてもよかったはずの利息が10万円!」てなことになってたわけだ。
 フツーに言って「詐欺だ!」と思うよね。

 何も言わなくて、何も書いてなければ、モロ詐欺だろう。
 だけど、こっそり小さくどこかに書いてある。だからグレー。
 ……あほか。

■勝手に嫌われてろ

 今回の反響の中にも「こういうやり口は、法律で禁止すべきレベルだと思う」とか「気づいたときには後の祭り。勝手にかすめとられた○万円が悔しくて、夜も眠れん」とかのヒトがすっごく多かった。
 そりゃそうだよね、当たり前だ。大いに分かる。
 だが、待て。
 こういう商売をやってる会社には、必ずや鉄槌が下ると思う。
 こういうことをする会社は、当然ながらチョー嫌われるからね。ここでは社名を特定しやしないけど、今回一番苦情が多かったのは、ほぼ最大手というに近い「・・社」だった。客がみんな怒ってる。「潰れろ」というヒト多数。昨今、外資にやられてけっこうたいへんだと聞くけど、もしも左前になったとしても、同情するヒトは少ないと思う。こういうやり口を続けていたら、ね。
 当然ながら、今後も、口コミやネットで「○○のカードはひどいよ」というのが、各方面に伝わり続ける。
「デフォルトでリボ」、すぐにでもやめた方がいい。
 ……ま、よけいなお世話といえば余計なお世話で、勝手に嫌われてろ、とも一方で思ってる。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「四間飛車のポイント」十五世名人大山康晴著 日本将棋連盟

 いえ、これは今、手もとにあっただけで、じつはタイトルは何でもいいのだ。
 最近、寝る直前に将棋の本を読んで、アタマの体操をして、というのが、私のマイブームなんだが、いや、脳味噌が適度に疲れて、すっと眠れるんでいいね。楽しいし。
 ところが、ちょっと驚いたんだけど、この手の将棋本、昨今、古本価格が異様に高いのだ。
 将棋本なんて、新旧そこまで差がないし、1冊100円均一なんてのの常連だと思っていたら、けっこう定価の半額とか、それ以上とかする。
 あれま、これは何だろうと思うと……、はい、ご推察の通り、藤井四段効果なんだね。
 連日テレビで見ていて「そういや昔は好きだったよな」というおやじが、こういう本を購入する。まさに私のことなんだが、ま、それでブックオフ価格も高騰。とまあ、そういうことなのだ。

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「新・自転車“道交法”BOOK」自転車活用推進法が分かる!(枻出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4777946207
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878

【好評既刊本】
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。