トップ > スポーツ > 自転車 > 疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



なははー、きょうは「自転車の日」♪ の(週刊 自転車ツーキニスト718)

発行日:5/5





  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
      なははー、きょうは「自転車の日」♪ の718号

■こどもの日は自転車の日

 なははー、というわけで、昨日のメルマガに書いた通り、5月5日、本日は「自転車の日」であります。
 って、だからといって、何が変わるというわけじゃないんだけどね。
 でも、来年は変わるかもしれん。その次はもっと変わるかもしれん。
 自転車活用推進のムーブメントは、これからも(おそらく)止まらんぞ〜♪

 というわけで、私にとっては、ゴールデンウィーク(テレビ局の中でNHKだけは、カタクナに「大型連休」というんだね)通常とあまり変わりませぬ。
 昨日今日と、朝2時(朝? 未明だよ、未明)から会社だったり(必然としてお昼過ぎは自宅に帰ってる)、小学生の息子2人がキャンプに出かけていなかったりで、都心は交通量も少ないし、なんだか静かなGWなのであります。

■3歳の娘とサイクリング

 んで、保育園はお休みだ。子どもを預かってくれない。
 だからして、昨日は、午後、3歳の娘を自転車の前カゴ(子乗せ)に乗せて、のんびりと近所まわりなどしてた。近所の児童公園に行く。まだ3歳だから、近所の公園「ブランコ!」「すべり台!」「ジャングルジム!」なんかでスゴく喜んでくれる。
 おカネかかんない(笑)。
 文字通りの「子どもだまし」なわけだが、ケラケラ笑って手をパチパチたたく。まあかわいいね。
「パパー」といって、私の後を小走りでついてくる。タラちゃんみたいだ。
 じつにかわいい。
 ま、そりゃそうだよね。「3歳の娘!」がかわいくなかったら、いったい何を称して「かわいい」という言葉はあるのだ、というくらいのもんだ(笑)。

 自転車の子乗せに3歳娘。
 セラヴィ、これぞ人生だよ、諸君。(←なにもの?)

■お、昨日の読売にひきつづき朝日も♪

 お、昨日の読売新聞にひきつづき、朝日新聞社も書いてくれとるぞ、例の「自転車活用推進法」の話。
 本紙じゃなくて、ジュニアAERAなんだけどさ。

自転車が日本を変える!?「自転車活用推進法」とは? (AERAx週刊朝日)
http://news.fresheye.com/mart/iM4/r-x01aq-iM4-0W/

 うーむ、これはまた、ずいぶん分かった人が書いた、エクセレントな良記事だなぁ。このライターは、自転車をとりまく世界の趨勢を相当理解しているな〜。

 って、おれじゃねえか〜(@∀@;)!!!

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「ドイツのコンパクトシティはなぜ成功するのか: 近距離移動が地方都市を活性化する」村上 敦 著 学芸出版社

 こりゃスゴい。
 最近出たばっかりなんだけど、久々に自転車がらみ(?)の「大オススメ本」であります。

 話は、同じ程度の人口規模である、青森市とフライブルク市を比較するところから始まる。
 で、青森を例に、なぜ、日本のまちまちが、いずれも短期の未来しか指向できないか(要するに都市としての寿命が短いか)? なおかつ、なぜスプロール現象をはじめとする伝統的都市問題が、頻々として起きるのか? 都市の維持コストが結局高くつくのはなぜか? などなど諸々の疑問点を、実に説得力のある筆致で分析していく。

 じつは日本の30万人レベルの街の中では、例としてあげられた青森市は(富山市と並んで)コンパクトシティを最初に目指した都市であり、本当は先進例のはずなのだ。ところが、ドイツの諸都市と較べると、困ったことに、見劣りするところばかり…。

 もはや多分野において、ドイツに引けを取らないはずの日本なのに、こと「まちづくり」分野においては、はるかに後塵を拝している。それはなぜなのか。おそらく、もう1つの(引けを取る)分野「交通システム」がおかしな方面にいっているからだ、というのが、この本の要旨である。
 特に「近距離移動」、それも、非首都圏、非近畿圏の近距離移動だ。
 同じクルマ工業大国であるはずなのに、いったい、その差はどこから生まれるのだろう?

 じつは本書の第5章から後には、サステイナブル都市を作るための最終兵器として、自転車の利用が描かれている。
 フライブルク市などが選んだ、もっとも理想的な自転車レーン(または自転車道)は、どんな形か。
 それは読んでのお楽しみ、というのか、なるほど、行き着く先はここか、と思うはず。

 私は、青森市のような、いや、盛岡市のような、宮崎市のような、高知市のような、中小の県庁所在地が「住んで快適なまち」「高齢化にも対処できるまち」「豊かなまち」として生き残って欲しいと思っている。
 それこそ、いちばん「人間らしくて豊かな暮らし」ができる規模ってのは、それくらいのもんだからだ。暮らしやすさと、便利さと、自然と、子育てと、と、要するに豊かさのバランスがとれてる。東京のようなメガシティに、過度に一極集中することがイイコトだと思ってる人なんて(おそらく)誰もいないだろう。

 そういうわけで、本書は、今後の日本の未来に、ものすごく参考になると思う。
 タイトルが少々アレなんだけど(というのか学芸出版社さんの本が、そんな「売らんかな」を目指す必要なんてまったくないと思うけど)、大オススメです。

【アマゾンはこちら】
https://www.amazon.co.jp/dp/4761526394

 ぜひご一読を(^_^)b。

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
http://www.amazon.co.jp/dp/4777931048
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4022617616
【好評既刊本】
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書

「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. 里山を歩こう

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    1096人

    自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    24267人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    3294人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  5. Lyrics Master Users Connection

    最終発行日:
    2017/03/13
    読者数:
    128918人

    iPod+iTunes にも対応した無料歌詞検索ソフト「Lyrics Master」のメールマガジン。 ダウンロード・詳細は http://www.kenichimaehashi.com/lyricsmaster/ から。

発行者プロフィール

ヒキタ

ヒキタ

http://japgun.infoseek.ne.jp

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。 と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

過去の発行記事