トップ > スポーツ > 自転車 > 疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



“見守りケータイ”拾ったら…、の(週刊 自転車ツーキニスト712)

発行日:3/26





  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
      “見守りケータイ”拾ったら…、の712号

■近所の道に落ちていた

 家の近所の路上に落ちていたわけですよ。オレンジ色のポップな物体が。
 一目で子ども用のケータイだと分かった。なぜなら、つい2、3日前に、似たようなモノを自分の長男に買い与えていたからだ。
 防犯ブザーがついてて、GPSで子どもの居場所が分かり、パパママへの通話ができる、というやつでね。小学3年生になるんで、そろそろ持たせた方がいいかなと思って。
 これから、1人で、どこへ行く、ここへ行く、ということも増えるだろうから。
“見守りケータイ”というそうな。

 んで、その路上に落ちていた“見守りケータイ”だ。
 このままじゃクルマに踏みつぶされちゃうよ。誰が落としたんだろう、たぶん困ってるよな、と思って、拾い上げた。
 画面を見ると「ママのでんわ」と書いてあった。で、そのまま押して通話した。
 すると、画面の通り、ママが出た。
 ママにしてはしわがれた声というか、ドスのきいた(?)声で「あー、ありがとうございます、困ってました、どこですか、○○町4丁目ですか」ということになった。

■ドスのきいた(?)ママと待ち合わせ

「近くに“Sスーパー”はありますか?」と聞いてくる。
 あ、一発で分かった。私は「はい、“Sスーパー”すぐそこです、分かります」と答えた。
 ママが言う。
「私、そのSスーパーが1階に入ってるマンションの、上の階に住んでいるんです」
「あ、分かりました。じゃ、店の前で待ってますよ」
「ありがとうございます、では、すぐにとりに伺います」ということになった。

 んで、私がSスーパーの前で待っていたら、当該のママが現れた。
 ちょっと小柄ながらガッチリした感じ、半分ダンダラに脱色した髪。私は一瞬「おや、元ヤンママか?」と思ったが、決して悪い印象じゃない。
 彼女は例のドス声で「ありがとうございます、助かりました」と何度もお礼を言い、私は見守りケータイを手渡した。
「ふーむ、善いことをした後は気持ちいいな」とか思いながら、そのまま立ち去った。

■後から考えてみたら…

 でね。
 なんか引っかかってたんですよ。あのドス声、佇まい、半分脱色した髪の色……、あれ? なんかねー、どっかで見たことがあるんだよなぁ…。
 んで、ちょっと脳裏にひらめくモノがあった。れれ? もしかしたら???
 というわけで、ネットで画像を検索してみた。
 すると…、わお、ビンゴ。顔つきもそっくりというか、そのものだし、さっき見た「半分脱色した髪」が、本人ブログ写真(ついこのあいだ更新したらしい)とピタリ合致する。
 チョー有名女子プロレスラーの○○さんでした〜。
 わひょー、○○さんは、あのマンションに住んでいたのか。ブログには、おそらく見守りケータイの持ち主と思われる長男さんも一緒に写ってる。どうやら私の長男と同じ小学校に通ってるみたい。わお、同じ学校の先輩くんだ〜、もうケータイ道端に落とすんじゃないよ〜。
 それにしても、一見コワモテの○○さん、じつにフツーの受け答えをする、フツーのママさんでした。
 同じ学校のPTAとして、今後もヨロシクね〜♪

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「もう迷わない! Wordで作る長文ドキュメント」西上原裕明著 技術評論社

 最初の4、5冊(2000年代前半)を除くと、本でも雑誌原稿でも、常に“Word”で文書をつくっている私であります。
 ま、きっと多くの人にとってもそうだろうて。Microsoft社のもはや世界標準のワープロソフトだ。
 しかしながら、当初(今も?)この“Word”は使いにくくなかっただろうか。
 何しろ「余計なお世話」が多すぎる。ヘンなことを勝手にするんで、思った通りのドラッグ&ドロップ(特に画像)ができなかったりとか、たとえば「●」とか勝手に「章立て」にしてくれて、その書式が元に戻らず、イライラしてみたり、とか、そういうことが多々あった。とにかく「ヒトの言うことを聞かず、勝手に自己主張してる」みたいなテイスト。それが“Word”だ。
 こういうのが原因となって「“Word”嫌い」というヒトが世に溢れたんだと思う。
 だが、やがて人々はあきらめの境地に入っていった。
 もはやデフォルトなのか…、じゃ、しゃーないね。たかがワープロ、テキスト扱えれば、もうどーでもいいや、それより“エクセル”とかの勉強しよっと…。なんてね。
 世間一般の「“Word”の教則本」にしても、いわば対処療法というか「こういう場合困るでしょ、だから、どうする、こうする」というものばかりだった。

 ところが、本書だ。
 私が本書に出会ったのは2010年頃。
 これまでの凡百のマニュアル本とは完全に一線を画していて「“Word”というソフトの“コンセプト”」を知ることですべてが使いやすくなる、ということが、話の根幹だった。
 コンセプトとは「長文構成&編集こそが“Word”の得意分野、だからこそ最初の挙動さえ指定できればあとは楽々になる」という部分。
 キーワードは「スタイル」だ。
 ホントにもう目からウロコがバリバリ落ちて「なるほどー」「んで、次には?」「わおー、こりゃ親切!」「便利〜!」ということになった。
 この“Word本”にて、私は“Word”が好きになった。

 いや、このマニュアル本は、まじオススメです。
 デスクワーカーの方々、これまでも、そして、今後も長くつきあう“Word”ですから。
 ただの「なんか使い勝手のヘンなワープロ」と思わず、いちど知ってみるってのは悪くない。
 文書の見た目も見違えるし、作業効率もよくなるし、ルーティーンワークの様々な部分が自動化されるし、本気でいいことばかりです。便利な機能も多いですぜ。
 私が(多少忙しめの)サラリーマンをやりながら、これまで自著を29冊書けたのも、もしかしたら、“Word”というソフトと、この西上原先生のおかげかもしれません。いや、半分以上本気で。
 ちなみに私は“Word for Mac 2011”を使ってます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%86%E8%BF%B7%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84-Word%E3%81%A7%E4%BD%9C%E3%82%8B%E9%95%B7%E6%96%87%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-2007-2003-2002%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/4774138533/ref=sr_1_11?s=books&ie=UTF8&qid=1490483820&sr=1-11

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
http://www.amazon.co.jp/dp/4777931048
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4022617616
【好評既刊本】
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書

「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. DTP駆け込み寺

    最終発行日:
    2017/06/14
    読者数:
    10123人

    DTP駆け込み寺は、DTP、デザイン、印刷に関する情報交換の場です。困った時の手助けとしてヒントにでもなれば幸いです。 1998年の建立以来、10年以上に亘って発行しております。 今後も地味ながら継続して参りますので、皆様、何とぞよろしくお願いいたします。

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24333人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/06/07
    読者数:
    3293人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  5. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    5715人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

発行者プロフィール

ヒキタ

ヒキタ

http://japgun.infoseek.ne.jp

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。 と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

過去の発行記事