自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

「焼きそば弁当」はなぜ北海道でウケたのか? の(週刊 自転車ツーキニスト701)

2017/01/11





  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
    「焼きそば弁当」はなぜ北海道でウケたのか? の701号

■「焼きそば弁当」とはなにか?

「焼きそば弁当」って、ご存じあります?
 北海道在住およびご出身の方なら絶対に知ってますよね。
 北海道限定の大ヒット商品、マルちゃん(東洋水産)のカップ焼きそばであります。向こうのコンビニとかに行くと、もうこの「焼きそば弁当」が、所狭しと並んでいて、こりゃもう「北海道では堂々・大ベストセラー」だということがよく分かる。
 これ、普通のカップ焼きそばと何が違うかというと「中華スープの素(粉末)」がついているところなのだ。
 カップ焼きそばの…、あれはなんつーんだろう、要するに麺を戻した後のお湯で、中華スープの粉末をといて、それが飲める。だいたいマグカップ1杯分。ちょうどいい。
 正直、私はかなり好きでしてね。
 焼きそば本体はすっごく正統派のソース焼きそば味で普通においしいし、中華スープも、乾燥野菜などのエキスが出てる(気がして)なかなか味わい深い。
 ときおり東京のアウトレット店なんかに出てたりするんで、そのときに買ってくる。

 ただ、なぜなんだろう?
 なぜ北海道限定で、かくもウケたんだろうか? 

■北海道で事実バカ売れ

 カップ焼きそばの好みってのは、ほんと地域差があってね。
 ソフトブレーンフィールド社の「カップ焼きそばに関する調査」によると、
http://www.sbfield.co.jp/news/2015/06/30_100000.html
 好きなカップ麺のブランドは、次のようなことになる。

◎関東(および甲信越) 1位 ペヤング(まるか)…46.8%
◎関西(および北陸)  1位 U.F.O(日清)…63.3%
 
 それ以外も、おおまかにいって、東日本はペヤング、西日本はUFO、という感じの棲み分けではある。
 だけど、北海道だけが、全ッ然、まーったく違うのだ。

◎北海道 1位 焼きそば弁当(東洋水産)…81.1%

 ね、驚くほどの圧勝であります。一般に言って、8割を超えるってのは、もう「道民はこれしか食ってない」といってもまんざら過言じゃない。一説によると、昭和50年の発売当時からずっと不動の1位だそうで、ま、それだけ北海道民の舌にあってたということなんだろうね。
 一義的にはそれが一番。
 ただし、私は考えた。
 それ以外に、絶対的な理由がある。おそらくは次にあげる内容だ。キーワードはやっぱり「中華スープ」だと思うのだね。

■お湯を捨てるの、寒いじゃない

 そもそもカップ焼きそばを食べよう、なんて思うときは、心の中に「なまけ心」「たりー心」が浮かんできたときだと思う。そうじゃなければ「じゃ、作るか!」「食べにいくか!」になるもんね。
 ということになると、カップ焼きそば特有の「二度手間」が、なんかイヤなのだ。

 カップラーメンと違って「お湯を注いで3分、はいOK!」というわけにはいかない。
 3分待って、んで、またまたキッチンに立って、お湯を捨てなくてはならない。または寒いキッチンで待たねばならない。
 ところがですぞ、中華スープの素と、マグカップがひとつあったら、話はガラリと変わるのだ。
 湯切りのお湯を、そのままマグカップに注ぎ込み、それがおいしいスープとなるってわけ。わざわざキッチンに立たんでもいい。
 こりゃあーた、最高のソリューションでしょうが。

 そこを考えると、ウケるのは、間違いなく「寒い地方」だろう。
 しかも、カップ焼きそばを食べるのは、ほとんどの場合、若い男性である(本当。これに関しては次号をお楽しみに)というファクターも加わってくる。
 そのあたりを前提に考えてみよう。

■昭和50年代、札幌、20歳前後

 たとえば「焼きそば弁当」が定着した昭和50年代、場所は札幌。
 彼らが住むところといったら、六畳一間、キッチン共同、トイレ共同の、2階建て木造モルタルアパートだったろう(定番!)。
 そこで考えてみる。
 さあ、お湯を入れた。んで、3分経った。
 自分の部屋から出て、スリッパ履いて、ペタペタ寒い廊下を歩き、足先が冷たくなり、お湯を捨て、流しが「ベッコン」と鳴り、麺にソースを混ぜ、掻き回しているウチになんとなく麺も冷めてきて……と、この一連の作業をするか。
 それとも、ぬくぬくコタツに当たったまま、湯切りはマグカップ一発! で、余計なお湯がそのまま中華スープに変身するか。
 わお、こりゃ断然後者。こりゃ売れないわけがないだろう。他地域にならいざ知らず、厳寒の北海道ではワンアンドオンリーだ…!

 とね。以上の考察は、別に東洋水産に聞いたわけでもなく、誰が唱えたわけでもない、私の勝手な推測でありますが、いかがでしょう。
 たぶん、当たってると思うのだけど。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「がんは切ればなおるのか」近藤誠著 新潮文庫

 前回に引き続き近藤誠本。
 そうかー、やっぱり手術ってのは大変なんだなぁ…。
 なんかね、我々平均的な現代日本人は、いまの日本医学をスゴく信頼しているから、ともすれば、手術に関して「そうすか、手術上等! では行ってきます! 先生、お任せしましたぜ!」となりがちじゃないすか(それはそれで、そこまでワルイコトじゃない)。だけど、一方、手術というものの本質。それが、身体に与えるダメージ、細菌に与えるスキ、と、そういうものを知らなくてはならんとも思うわけだ。

 それにしても、判じかねるのは近藤先生の「がんもどき理論」でね。
 私はかなりの説得力を感じる。だが、確かに反論も多々ある。
 そして、決定的な何かがいまだにない。
 それは、がんの手術というもの、対照実験が不可能だからだ。がんもどき理論が正であれ否であれ、それを証明することができないのだ。
 放っておいてそのまま消えた、またはそのまま別の病気にかかってそれで亡くなったならば「あれはやはりがんもどきだった」、転移が明らかになったら「あれは本物のがんだった」となる。
 手術で摘出した場合も同じだ。そのまま回復できれば「そもそもあれはがんもどきだった」で、転移した場合は「やはり本物のがんだった」となる。
 そもそも初期の転移は、目に見えない。調べたって分からない。どこからどこまでが初期がんで、進行がんで、末期がんなのか分からない。

 本書に関しては「手術は決してカジュアルなものではないんでっせ」「特に高齢の場合、体力が弱っている場合、考えた方がいいもんなんでっせ」ということをリアルにリアルに知ることができる。そこが一番の読みどころだと思う。

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
http://www.amazon.co.jp/dp/4777931048
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4022617616
【好評既刊本】
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書

「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • こたつ?2017/01/11

    北海道民はこたつを使わないと聞いたことがあるのですが?

    という要素ば別に、何らかの理由がなければ80%以上のシェアは取れないですね(笑)