自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

ふとん乾燥機のススメ(?)の(週刊 自転車ツーキニスト641)

2015/12/04

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
          ふとん乾燥機のススメの641号 

■北京の空気が懐かしい(?)

 わははは、COP21がパリで開催される中、北京の大気汚染がますます進んでるなぁ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00050212-yom-soci
 いやはや、先日訪れた際も、えー加減すごかったんだけど、もはやそれ以上だというんだから。いやはや北京の空気が懐かしいよ。なんちて、もちろんウソですけどね。全然、懐かしくない(笑)。
 ただし、あの極太自転車レーンだけは懐かしいなぁ。こちらはウソに非ず。あれは素晴らしかった。
 でも、その一方で、その極太自転車レーンをすいすいと自転車で走りながら、かの国の人民たちは、汚れた大気をスーハーと吸ったり吐いたりしているわけだ。
 なんともお気の毒としかいいようがない。
 これからの季節、またまた石炭ストーブがフル稼働し、北京周辺の工場は相変わらずバンバン排煙を出し続けるんだから、こりゃもう北京の自転車は、健康に悪いの、煙いの、寒いの、タマランわけだ。

 ただ、お気の毒と言ってるだけではすまんのが、この列島に住む我々の不幸で、こうしたPM2.5だの、漂流物だの、毒物だのは、必ず(薄まりながらも)我々のアタマに降ってくるわけだ。
 困ったもんだなす。本気で。
 習主席は、この状態の中、COP21で「それでも先進国が悪い」と言い続けるんじゃろうか。

■「ふとん乾燥機」の復活

 1年半前に引っ越してきた現在のマンションは「ベランダで布団干すの禁止」となっていた。
 んで、「ああ、そうかよ」と、昨今は、ふとん乾燥機を使うことが多いわけだ。
 掛け布団と敷き布団の間に、風船(?)みたいなヤツを入れて、そこに熱風を送り込むというタイプのもの。
【こういうヤツね】
http://up.gc-img.net/post_img/2015/04/zfZeAXkRqHThgF4_dp8rB_3.jpeg
 ちょっと前に流行った。
 ん? ちょっと前? いや、ちょっと前どころか、製品の横に貼られたシールを見てみると「90年製」とか書いてある。うわお、バブルまっただ中。もう25年も前の製品じゃなかとね。

 ……うん、ま、そうだよなぁ。
 買ったの、憶えてるもん。
 まだ新入社員の頃、葛飾金町のジョーシン電器で買ったよ。ああ、だんだん思い出してきた。同時に「留守番電話」も買ったんだ。まだケータイがない時代だったから。
 でもね、この布団乾燥機を見ていると、あんまり「古い!」感がないのでもあります。
 製品の横に貼ってある「ダニパンチ!」とか書かれたシールも、その横ちょのイラストも、製品全体の佇まいも。今、そのままビックカメラの売り場に置かれていてもおかしくないくらい。
 製品自体も、まだ何の問題なく使えるよ。

■それでも分解してみる

 というわけで、私はこの手のものの、物持ちがいいもので、相変わらず使いつづけるために、内部を掃除してみた。裏ぶたをあけてみると、うん、なるほどホコリがそれなりにたまってるね。
 こういうのって(当然ながら)中に電熱線が入ってるわけで、その周囲にホコリがたまるのが一番恐いのよね。物持ちがいいのはいいんだけど、放っておくと(極端な話)ホコリが発火しかねん。
 というわけで、それを取り除いてキレイキレイにして、至極満足であった。90年製・三菱ふとん乾燥機、まだまだ現役でござる。
 私は割合この手の作業が嫌いじゃなくて、先日も、掃除機の先端部分(実際に床につく部分ね)を分解して、ホコリの摘出手術などを施した。
 すると、おや、先端に付いたパワーブラシってのが「キーン」という音とともに超高速で動き始めて(それまではドロドローッという感じの低速)なるほど、今まで数々のホコリが回転を邪魔してたのね、と頷き、またまたしごく満足でござった。

■というわけで、再びふとん乾燥機

 というわけで、ふとん乾燥機なんだけど、そろそろ初冬に入ろうとする今、これをかけた後だと、寝るとき気持ちいいよ。
 乾燥して気持ちがいいのもさることながら、暖かくていい。
 外気が低い中、ふとんにくるまって熟睡できる冬。じつは本当に眠りも深くて、睡眠時間が少なくてすんだりもする。
 そういうわけで、私はこれからの季節が、割合、嫌いじゃなかったりするのだ。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「中国人が選んだワースト中国人番付 やはり紅い中国は腐敗で滅ぶ」遠藤誉著 小学館新書

 前回の「毛沢東・日本軍と共謀した男」が、やたら面白かったもんで、今回も同じく遠藤誉先生の本。
 新幹線のキヨスクで偶然手にした。書棚にこの一冊だけが残ってたもんでね。
 というのか、じつは、タイトルを見る限りではあまり面白いものとは思ってなかった。なんか「週刊誌ネタっぽい感じの中国ディスり本」てなテイストでしょ。少なくとも私にはそう見えてしまって。
 ところが、ところが、これが、嬉しい誤算ながら、なかなかイカした本だったのだ。

 本書は、中国の匿名網民(ネット市民)が選んだ「クズ中国人番付」(もちろん当局にすぐに削除された)をもとに、現在の中国人たちが何に怒っているか、どこに不満を持っているかを分析した本であります。
 一読、不正、腐敗、裸官、城管、土地収用、と、それぞれの具体例が満載で、「なるほど、よくこれで国がもつな」「年間20万件の暴動も当たり前」と思う。しかしながら、本書のいいところは、その具体例について、ある種のストーリー性をもって「なるほど、だからかー」と思わせてくれるところだ。

 たとえば、第三章に出てくる、鉄道部長(鉄道大臣)劉志軍について。
 極貧の少年時代を過ごした彼が、どのようにエラい人に食い込み、娘婿となり、出世の階段を上り、次々と離婚&結婚を繰り返し、人臣を極めていくか、が、分かりやすく描かれる。
 途中で出てくる「愛人紹介ブローカー女」丁書苗(極貧から大金持ちオバさんにのし上がった)というバイプレーヤーもいい。
 結局、劉志軍は、カネと女のスキャンダルで死刑判決(執行猶予2年付き)を受けるんだけど、江沢民、李克強、習近平、など実力者の狭間で、彼がどのようにコマとして使われ、どのように道を踏み外し(というのか、道を踏み外してない人はいないんだけど)、失脚、死刑判決にいたるのか。
 中国というワケの分からないシステムと、権謀術数の中南海。いろいろなウラの顔が続々と出てきて、非常に興味深い。でも「興味深い」だけじゃすまんのが我々日本人のタマランところで、こういう最低ワースト中国人たちは、都合が悪くなるとすぐに「反日」を叫び始め、怒りを外にそらそうとするのだ。
 海峡の向こうで、こんなワケの分からない巨大帝国(“帝国”はリアルな意味)が、色んなことを仕掛けている。本気の本気で薄気味悪い。

 ちなみに、遠藤誉先生は旧満洲の長春生まれであります。
 国共内戦の惨禍で家族を失った経験を持っている。
 1953年に、やっと帰国でき、苦学した後、中国専門家としての地位を確固たるものとた。現在は筑波大学名誉教授および、東京福祉大学国際交流センター長を務めている。
 驚いたことに、海峡の向こう、中国社会科学院客員教授も務めた。
「その情報の確度の高さ、分析力には定評があります。この本を読まれた読者はきっと驚かれると思います」とは、本書の担当編集者の弁だ。

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
http://www.amazon.co.jp/dp/4864120609
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
http://www.amazon.co.jp/dp/4777931048
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4022617616
【好評既刊本】
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書

「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 91 点