自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

どんなテレビがウケるんだの(週刊 自転車ツーキニスト637)

2015/10/30

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
         どんなテレビがウケるんだ、の637号 

■前回の話について

「テレビのナレーションが気になる」という前号の話には、割合多くの反響がありましてね。
「ピーク」や「絶頂」だけじゃないぞ、と。「実は」や「なんと」も気になるぞ、「何のヘンテツもない」や「ココロの闇」も気になるぞ、と。「だいたいヒキタさん、以前も似たようなこと書いてたじゃん」とね。
 わはは、たしかに3年前、2012年の5月にも同じようなことを書いてるや、おれ。

http://melma.com/backnumber_16703_5558337/

 ただね、個人的な感想でいうなら、上記のメルマガよりも、現在状況はもっと進んでると思う。もちろん悪い方向にだ。
 一面的で、薄っぺらくて、ステレオタイプ。以前から言われていたテレビの悪弊は、いよいよ深みを増している。いやはや「深みのなさ」が「深化している」というタマラナサ(笑)。
 でもね、何だか笑いごとじゃないような気がするのよ、このところ。

■視聴者は分かってる

 視聴者はそのあたり、もうずいぶん分かっててね。その証拠というべきか、昨今、同じテレビでも、より本格派方面に、人気と視聴率は集まるようになった。
 このところでいうと、TBS池井戸潤大先生のシリーズなんかがそれにあたる。
 現在2話目終了の日曜劇場「下町ロケット」なんかを見ていると分かるけど(特に原作と較べてみると)原作から逸脱せず、適度に端折りながら、なおかつ整合性がとれていて、よく練り込まれた脚本だと思う。原作の良さをいかしつつオリジナル。これまでのところでいえば、特に恵俊彰さん演じる神谷弁護士がいいね。原作のキャラクターとちょっとばかし違う。でもそこがいい。
 フツーにいえば「男と男の夢の物語」だよ。そこに、派手さ、キラキラ、ケレン味、こけおどし、「絶頂」「ピーク」「ココロの闇」はない。でも、その重厚かつ軽妙な物語運びと、テンポの良さ、絶妙な配役ほか、さまざまな努力が相まって人気を博してる。思えば「半沢直樹」「ルーズベルト・ゲーム」だってそうだった。
 こういうことをテレビはもう少し考えた方がいい。
 私の立場でいうのもどうかしてるとは思うけど。

■サイクルモードの季節がやってきた

 わおー、そろそろサイクルモードの季節だよ。1年が経つのは早いね。
 今年の私の出番は、来月11月の8日、日曜日。最終日の午後だ。
 14時45分からの「メインステージ」と、16時からの「NEWトレンドステージ」。ぜひぜひ来てみてちょ。今年もまた幕張メッセだよーん。

 来月8日(日)14時45分、メインステージのテーマは、こりゃもう従来より「邪道中の邪道」「無理スジ中の無理スジ」と言われてきた「電動アシスト・スポーツバイク」だ。
 このカテゴリーの自転車、お話にならないって? いやいや、まったくそんなことはなかったのだ。
 私は最近、ハッキリと思い直してる。この「電動アシスト付きのスポーツバイクカテゴリー」こそが、ひょっとして自転車業界、いや、都市交通について、未来を拓くかもしれん。
 それはいったいなぜなのか。ご期待ください。
http://www.cyclemode.net/event/detail/49/

 んで、後者は、恒例のTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」公開録音であります。
 石井正則さんと私のトークライブ+ゲストは男装女子ユニット「風男塾(ふだんじゅく)」。
http://www.cyclemode.net/event/detail/47/
http://ameblo.jp/fudan-jyuku/entry-12086729132.html

 ふむ、私はあんまり知らなかったんだけど、この風男塾って、人気あるんだってね。でも、男女、どっちに人気あるんだろう。なんだか不思議な気分ではあります。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「BICYCLE NAVI (バイシクルナビ) 2015年 12月号」ボイス・パブリケーション

 伝説の(?)自転車雑誌「バイナビ」の復刊であります。
 くーっ、いいぞ。いい。カルチャー雑誌らしい構成、なおかつ自転車愛があり、ライターも多岐にわたり、読み応えがある。一番よかった頃のバイナビが帰ってきた。昨今、レース方面ばかりに行きがちだった自転車雑誌ジャーナリズムにあって、かなりの異彩を放ってると思う。読んでいただけると嬉しい。
 Kindle版も出てて、そっちは、500円。ふむ、こういうのってけっこうアリかもしれないな。

http://www.amazon.co.jp/BICYCLE-NAVI-%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%93-2015%E5%B9%B4-12%E6%9C%88%E5%8F%B7-ebook/dp/B0175W3W78/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1446171163&sr=1-1&keywords=BICYCLE+NAVI

-----------------------
【ヒキタ最新刊】
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
http://www.amazon.co.jp/dp/4864120609
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
http://www.amazon.co.jp/dp/4777931048
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4022617616
【好評既刊本】
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書

「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。