トップ > スポーツ > 自転車 > 疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



よいお年を〜の(週刊 自転車ツーキニスト495)

発行日:12/30

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
            よいお年を〜の495号

■いかがですか、年の瀬

 今年もまたまた年末だ。
 毎年「ほんっとに今年は早かったなぁ〜」と思う。誰にとってもそうだ。年少のものは年少なりに、おそらくお年寄りはお年寄りなりに、中年男は中年男なりに。
 誰にとっても「“今年ほど”早くゆきすぎた年はない」。
 去年より今年、そして、今年よりも来年の方が、必ず早く過ぎるのだ。生まれたときからずっと老いゆく“人間というもの”は、そういう風に時を過ごすものだと、昔から決められている。
 そうして迎える年の瀬を「去年とカワリバエのしない年末」として過ごすことができることに、何よりも感謝している。
 思えば「去年の今日」も同じ場所、同じテーブルで、同じパソコンに向かって、同じようにメルマガを書いていた。でも、そのテーブルの向こうのTV画面では、去年も、今年も、主に東北地方のタマラナイ様子が写り続けているわけだ。
 今年も一年が過ぎた。
 早く誰もが、退屈で、別段変わり映えのしない、という、シアワセな年末を送られんことを。

■アンパンマン・ミュージアムにて

 4歳、2歳の2人の男の子を連れて、アンパンマン・ミュージアムに行ってきた。
 このアンパンマン・ミュージアムは、ですねぇ。
 何でもかんでも高いテーマパークとして(一部に)非常に有名なんだそうだ。確かに高い。アンパンマン顔の、小さなあんパンが300円もする。いやはや。
 そんなことは行く前に知りたかったよ(笑)。
 と、それはいいんだが、私としても「ぎょ!」と思ったのが、風船の値段だ。
 長男が「あれ欲しい」といって風船を指さす。ちょっと凝った形のアンパンマン風船だ。どれどれと見ると1200円。これは、ぎょ!だよな。いくら“ちょっと凝った形”とはいっても、信じられるか、諸君。子供用の風船ひとつが1200円なのだ。
 私は「風船はねー、すぐに萎んでしまうから、別のものにしよう♪」などと誤魔化し、長男をすぐさま別のところに連れていったんだが、じつは、風船が高いのには理由がある。
 風船の中身、ヘリウムガスに、在庫がないのだ。

■ヘリウムガスが足りない

 ヘリウムってのは、天然ガスを採取する際に副産物として採れるものなんだけど、もともと産出量が非常に少なかった。そこに中国の需要急増、アメリカの天然ガス田の検査不調、また、シェールガスへの移行などが重なって、世界的に供給が逼迫してしまった。それが今年。
 じつはヘリウムには大きな特質があって、ほぼ絶対零度に匹敵するほどに温度を下げても、液体のままでいられる。また、水素のように容易に爆発することもなく、常に安定している。
 その特質が、半導体製造の機械冷却、医療機具のMRI(磁気共鳴画像装置)などに利用されてきた。というか、必須となってきた。それがないというのだ。
 こりゃ困ったものだなぁ。
 ことは医療機具だ。別にアンパンマンが悪いわけじゃないが、もはや風船なんかにヘリウムを詰め込んでる場合じゃないと思うぞ。
 というか、やがて「昔はヘリウムを風船に入れて浮かべてたんだって」「きゃー、もったいない!」なんて時代が、くるんじゃないのだろうか。いや、くるんだろうよ。間違いなく。

■そうそう、下記のウェブ連載が更新されました

“gooスタイル”疋田智の自転車ツーキニストでいこう。今回のテーマは「自転車用語の謎」について。
http://www.goocycle.jp/column_hikita/index.html

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「キャパの十字架(文藝春秋2013年新春号)」沢木耕太郎著 文藝春秋

 いつもとちょっと毛色を違えて「雑誌記事」というか、現在発売中の「月刊文藝春秋」に掲載中の記事だ。
 300枚一挙掲載で、間違いなく単行本化されると思うが、うん、これは確かにスゴい。
 あのキザで思い入れたっぷりすぎる沢木節には、好き嫌いがあると思うけれど(ちなみに私は好き(^_^;))、その好みをおいても「そうだったのか!」と、目からウロコが落ちる力作、なはずだ。

 伝説のフォトジャーナリスト、ロバート・キャパの最高傑作のひとつに「崩れ落ちる兵士」という写真がある。
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/s/m/ksmd21/capa.jpg
 この写真は、スペイン内戦の際、戦地コルドバのセロ・ムリアーノで撮られたものとされ、フランスの「VU」誌の表紙を飾り、キャパの名声を確固たるものにした。「伝説のフォトジャーナリズム」であり「キャパの出世作」というものだ。
 ところが、これがどのようにして撮られたか、が、実は長いこと(今も)分からず(キャパ本人も詳しいことを語らず)、ヤラセ疑惑などがささやかれていたりもした。
 いったい、ここはどこで、彼は誰で、彼はこのとき死んだのか、なぜこのアングルで撮ることができたのか、これらがすべて謎。
 ところが、この沢木記事にて、すべてに納得のいく答えが用意される。

 あたかも推理小説の解決篇を読むかのような、スリリングな構成で、300枚以上イッキ読みなのは間違いない。「文藝春秋」だから、どこでも(本屋が閉まった後のコンビニでも)売ってるし、読み応えもあるし、その他の記事ももれなくついてくる。
 なんか、文春の回し者みたいなんだが、今月号の文藝春秋はお買い得。年末年始のこたつの中で、ぜひどうぞ。面白いぞ。

-----------------------

【ヒキタ最新刊】
大好評発売中!
「自転車はここを走る!」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
http://www.amazon.co.jp/dp/4777922618/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1330299258&sr=1-1

【好評既刊本】
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書 大好評発売中!
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/
 
 
 
 
 

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/31
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17046人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/31
    読者数:
    24201人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. Lyrics Master Users Connection

    最終発行日:
    2017/03/13
    読者数:
    128937人

    iPod+iTunes にも対応した無料歌詞検索ソフト「Lyrics Master」のメールマガジン。 ダウンロード・詳細は http://www.kenichimaehashi.com/lyricsmaster/ から。

  5. 大石英司の避難空港

    最終発行日:
    2017/03/30
    読者数:
    2395人

    作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

発行者プロフィール

ヒキタ

ヒキタ

http://japgun.infoseek.ne.jp

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。 と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

過去の発行記事