自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

“自転車問題”への処方箋1の(週刊 自転車ツーキニスト486)

2012/09/27

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
      “自転車問題”への処方箋(1)の486号

■意外や、大がかり

 いかん、本日は奥歯のインプラント手術があることを忘れてた。
 で、行ってきた。
 インプラント手術ってのは、ご承知の通り、欠損した歯の代わりに、アゴの骨にチタン製の根っこを埋め込み、その上に歯を形成しようっていう歯科治療のことだ。
 今日はそのアゴの骨を削って人工歯根を埋め込む手術。手術っても、ま、歯の治療だから、とタカをくくっていたら、意外に大がかりなのね。何より麻酔が強力だ。
 というわけで、なんだか、アゴにまだ感覚がないし(よだれが出てるのか出てないのか、その感覚が分からんぞ)、アタマがどこかぼうっとしてる。
 困ったことだが、そんな状態で、昨日の続きだ。

■では、有効な解決策とは何か?

 というわけで、今回、俎上にあげられた“ふたつの自転車問題”の解決策を述べていこう。

 問題点のひとつめは、前々号で書いた通り「自転車のルールとマナーが徹底されていないこと」である。
 もちろん、これはひとえに「教育のなさ」に起因する。自転車ユーザーの1人1人が、自転車のルールを知っているとは到底言えないし(今回の報告書の中に示されたアンケート結果のひどいこと!)、子供たちに教える現在の「交通安全教室」は、まったく教育になっていない。

 割合最近、私は見たことがあるんだが、小学校での「教育」ぶりのいやはやスゴいこと。
 千年一日のごとくの「婦警さんの腹話術」もさることながら(あの人形は全国どこでもケンちゃんなんだろうか?)、戸外に出ると、パイロンを立ててジグザグ走行をさせる、右手離しで横に差し出したままで右折させる、一番スゴいのは、縄ばしごの上を自転車運転させていたことだ。
 小学生に。
 これ、いったい何のための「教育」なんだろう。
 私はあきれかえって言葉も出ないが、こういう自転車テクニックを競わせる全国大会まであるそうだ。(財)全国交通安全協会主催だ。ついでに言うと、シルバー版まである。
 そんなことより何より、まずは左側通行を教えよ、信号の意味を教えよ。車道歩道の使い方を教えよ、クルマの挙動を教えよ、事故に遭わないための直接的な指導をせよ。そう思うのは、私だけじゃないだろう。

 ただ、そうした教育、もしも十全な教育であっても、小中学校だけで教えても仕方がない。
 自転車ルールを現実として守っていないのは、圧倒的に大人だからだ。その大人に教えるにはどうすればいいか。
 免許の書き換えの際に? マスメディアを使っての広告宣伝? いずれも効果がないとはいわないが、前者は5年に1度に過ぎないし(しかも免許保持者だけ)、後者の費用対効果はそれほど高くないと言わざるを得ない。
 それよりもなによりも、この国には、自転車ルールを確固として守る、モデルがいないのだ。先生がいない。
 いない? なぜ?
 いるではないか。少なくとも諸外国にはいるのだ。
 まずは警察官から。警察官からルールを守ればいいのである。

■「白チャリ」こそが解決策の第一歩

 なぜ自転車に乗る警察官たちは、ここまでルールを破って、無視して、恥じないのだろうか。
 これを読む人誰しも知っての通り、警察官乗車の自転車、通称「白チャリ」は、ほぼ全員、車道を走らないし、ほぼ全員が併走をする。右左折の際の手信号(ちなみに道交法53条)を見たことがある人など皆無だろう。交通安全教室で、子供には「右手を差し出し、そのまま右折」なんていいながら、自分自身は、絶対にそんなことをしないのだ。
 たとえば読者諸兄、思い出していただきたい。ここ最近、車道を走る白チャリを見たことがあるだろうか。
 たしかに昨年の10月、警察庁が「車道徹底」の画期的通達を出した際、2週間程度は見たという人もいると思う。だが、そんな殊勝な警察官、今は絶滅してしまったがごとしだ。あ、そうだ、私個人としては、数週間前に、車道白チャリを確かに見たことがあった。その若い警官は、都内屈指の大幹線・六本木通りの車道を、あろうことか逆走していた。

 道交法を守らせる立場の警察官からしてこの体たらくでは、自転車ルールの周知徹底など、不可能事だろう。守らせる側がそもそも自転車ルールをご存じないなんて、どうにも笑えない笑い話だ。
 ただ、そのことは逆に「白チャリが道交法を守り始めたら、そのインパクトは強い」ということを示しているのではないかとも、私などは思うのだ。
 もしも東京の白チャリたちが、いっせいに自転車ルールを守りはじめたならばどうか。
 東京の自転車乗りたちは、ママチャリからロードバイクまで、みなそれに倣うだろう。あらゆるドライバーたちだって「おや、警察の自転車は必ず左側を走るんだな、車道を走るんだな、ヘルメットもかぶるんだな。そうか、本来そうだったんだな(または、そういう風に変わったのか)」と思うに違いない。
 なによりモデルができるというメリットは大きい。「おまわりさんのように乗ればいいのよ」と自転車ルールを教えることができる。
 その教育効果は威力絶大なものとなるはずだ。

■まずは隗より始めよ

 これならば、税金を使う必要もないし、法律を変える必要も、条例を作る必要すらない。
 なぜなら最初から法律に「自転車は左」「車道」などと書いてあるからだ。徹底されれば、視覚障害者や、ベビーカー、老人たちからは「歩道が歩きやすくなった」と、感謝されるだろう。この不景気の昨今、ことさらに税金を使わずこれこれの効果を上げたとして、大いに評価を受けること必定。警察のメンツは丸立ちである。
 これらの多大なプラス点に対して、マイナス点は完全にゼロだ。もちろん使われる税金も完全にゼロ。なぜ、こういう「明らかに実効性があること」から手を付けず、ナンバープレートあたりの愚策に出るのだろう。

 本来「問題に対する対策」というものには、順番があるはずなのだ。前号に書いた通り、なるべく税金がかからない、それでいて実効性がある、という方向から積み重ねていくべきだろう。
 今ふと思い浮かべただけで●警察官の自転車ルール徹底、から始まり、●違法駐車(クルマの方)の排除、すなわち車道左端の安全化、●自転車横断帯の廃止(巻き込み事故の元凶として排除すると、警察庁は言ったはずなのに遅々として進まない)、●パーキングメーターの廃止(これまた遅々として進まない)、●自転車レーンの整備、ほか、いくらでもでてくる。
「ナンバープレート&デポジット」のような、どこの国も類例がなく、実効性にも疑問が残り、そのくせ多大な税金投入ばかりが必要な施策は、最後の最後、それでもダメ、どうしてもダメな時に、初めてやるべきことではないか。
 ヒトのカネ(我々の税金だ)使って、そこまでチャレンジングなことをしてもらわんでもいいよ、これ以上、日本の「自転車ガラパゴス」を助長すべきじゃないよ、と、これは、私などの切なる願いだ。

 では、問題ふたつ目の「放置自転車、盗難自転車の問題」はどうか。これまた話は簡単なのだ。
 ということで、以下次号としたいが、今回のこの話、ひとつだけ奇妙に思ったことがある。
「警察官がまったく自転車ルールを守っていない」という、誰の目からも明々白々の事実について、都の担当者が、まったく首肯しないのだ。
 まずは警察官の自転車から、という当たり前の指摘も、完全に無視された。あたかも「警察官乗車の自転車が交通ルールを守っていない」という事実など「ない!」というかのように。
 このことは、非常に重要なので、憶えておいていただきたい。
 以下次号。

-----------------------

【ヒキタ最新刊】
大好評発売中!
「自転車はここを走る!」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト
http://www.amazon.co.jp/dp/4777922618/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1330299258&sr=1-1

【好評既刊本】
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書 大好評発売中!
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 91 点