自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

よいお年を〜♪の(週刊 自転車ツーキニスト414)

2010/12/31

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
           よいお年を〜♪の414号

■岐阜は雪、日本の冬だなぁ

 わはは、ヒキタです。年末にもう一回メルマガ書こうと思っていたんだけど、何だかんだで、ついに大晦日。カミさんの実家の岐阜に来ております。
 岐阜は雪だ。
 別に岐阜つっても、豪雪地帯の飛騨、高山、白川村とかの話じゃないし、実際には名古屋から近鉄特急で25分というところ、つまり名古屋のベッドタウンなんだけど、こうして雪は降る。
 思えば去年もそうだった。寒いけど美しい。やはり、東京とはかなり気温が違うのだね。空気だってひんやりしているし、ふーむ、東海地方、これぞ日本の冬、という気がするね。
 でも、本当のことをいうと、昨今の東京が異様に暖かすぎる、という方が正しいのだ。やはり地球温暖化と、ヒートアイランド現象が、都心を直撃してるのだと思うよ。

■今年も感謝

 いや、しかし、今年も色々ありがとうございました。お世話になった方々に、ヒキタ大感謝であります。
 自転車ブームも何となく一段落で、今年は行政の勘違い自転車政策が目立った年でありましたね。ブームが拡がると、やはり様々な無理解、軋轢もでてくるってもんだ。
 しかし、自転車人口はまだまだ来年も増え続けると思われます。行政(そしてメディアもだな)の“勘違い”を辛抱強く訂正し、なんとか自転車にとっても、歩行者にとっても、クルマにとっても、スムーズでエコな交通社会をつくりたいと思っておるわけです。日本の交通社会の夜明けじゃ、エコ交通社会の夜明けじゃ、とね。
 とまあ、ぼんやりとNHK「龍馬伝」の総集編など見ていたら、気分が、気宇壮大になってくるのでありました。

■ペダルなし自転車にも、まだ届かない(笑)

 今年の9月に次男が生まれまして、家族4人で初めての年越しであります。
 次男はまだ3ヶ月だから、泣いてるか、寝てるか、だ。最近ようやくちょっと笑うようになった。
 長男2歳半は、例のペダルなし自転車「GIANTプッシュバイク」に乗り始めようとしているんだけど、残念なことに「バランスをとる」という概念がまだ理解できてない。ペダルを踏む以前に、脚で蹴って進むということすらできない。
 というより、そもそもサドルを一番低くしても、まだ脚が地面に届かないんだから(笑)。
 自転車練習の決定版、さすがのペダルなし自転車も、脚が届かなければ、どうしようもないね。
 まだまだ「息子とともにサイクリング」など、遠い将来の話なのでありました。

 ということで、皆さまよいお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願いします♪

-----------------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

※自転車本シリーズその8
「銀輪に花束を」斎藤純著 小学館文庫

 2010年最後のオススメ本は、自転車シリーズのシメとして、斎藤純先生の「銀輪に花束を」。
 とまあ、本書をご紹介したかったんだけど、残念なことに、東京に本、置いてきてしまった。今、手元にない。必然的に引用したくても引用できない。
 というわけで年始にご紹介しますが、いいよ、これ。ちょっとキザな(いや大いに)斎藤節炸裂の、リリカルな短編集。それも含めて、また来年♪

 さて「そろそろ自転車以外の本も紹介しなさい」というメールをたくさん戴いているんで「銀輪」の次は、普通の本に戻ります。
 ちなみに今年版「このミステリーがすごい!」のラインナップは、なかなか粒ぞろい。なかなか豊作で、ちょっと驚きの傑作も色々ありますぜ。

-----------------------

【ヒキタ最新刊】
平積み好評発売中「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
増刷出来!「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス

【好評既刊本】
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書 大好評発売中!
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951

【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/ 
 
 
 
 
 


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2011/01/01

    近鉄?それだと三重方面になりませんか?

  • 名無しさん2011/01/01

    謹賀新年。

    GIANTのPushbikeでは2歳半のご子息の足が届かないとのこと。幼児用バイクなのにサドル調整範囲が狭いのではよろしくないですねぇ。世界に冠たるGIANTさん、改良しましょう。

    うちの愚息は2歳ちょっとからペダルなしバイクに乗せましたが、跨がらせただけで何も教えずとも、バランスを取りながら地面を蹴って進むのをすぐに体得しました。小生のDNAでどちらかというと短足な愚息ですが、足はしっかり着きました。

    米メーカー(モノ自体は中国製)の安いものですが、つくりはしっかりしており、なかなかよい買い物でした。重量もPushbikeより軽そうです。 http://www.strider.jp/

    以上、ご参考まで。

    今年も楽しいメルマガ期待しております。

  • 名無しさん2011/01/01

    新年あけましておめでとう。まだ足の届かない子供は後ろからハンドルをささえて教えましょう。私などは自転車を乗れないオバハンを後ろからささえて何人もしたてあげました。同僚が大きなブタにノミがぶら下がってしがみついているようだと、揶揄されました。

    その頃はまだよかた。マナーやモラルではもう無理。

    これは末期症状です。疋田さんの出番だと思います。

    ことしも頑張って下さい。アーネストイートン

  • azu2010/12/31

    >名古屋から近鉄特急で25分

    ・・・というのは、近鉄桑名経由で岐阜県海津市あたり、ということですね?

  • 名無しさん2010/12/31

    疋田智様

    毎週楽しみに拝読しています。

    岐阜に住んでいます。

    今朝雪が積もりました、ついに来たかと言う感じです。

    本日もメルマガの■岐阜は雪…の5行目

    近鉄は名古屋から三重や大阪と結ぶ私鉄です。

    名古屋から岐阜へはJRの快速で20分かからずにつくことができます。普通でも30分かかりません。

    次週も楽しいメルマガを待っています。

  • 名無しさん2010/12/31

    北陸の雪は岐阜どころではありませんよー(笑)

    疋田さんも良いお年を

    いつも幸せそうで何よりです