自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

日経エコプロ展でやってるよの(週刊 自転車ツーキニスト411)

2010/12/09

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
       日経エコプロ展でやってるよの411号

■アワテて告知(1)

 ヒキタです。どもどもー♪
 今回は、告知事項を、アワテてふたつ。まずは日経エコプロダクツ展のことであります。
http://eco-pro.com/eco2010/

 毎年東京ビッグサイトで開かれる日本最大級の環境展、日程は今週の木、金、土でありまして、あれま、実はもう開幕してるわけですが、私、11日(土)の11:00〜11:45メインステージで、さかなクンの次に登場するんだな。
http://eco-pro.com/eco2010/stage/index.html
 きゃー、すごい、ギョギョ、さかなクンも面白そう! きゃー! きゃー!(さかなクンの真似のつもり)

 私の方も、今回はいつもと少々毛色が違って、タイトルが「自転車観光の魅力−知らない街にでかけてみよう!」だ。
 あれ、でも、ま、例によって強引に自転車ルール、インフラ整備の話もしちゃうぞ、という感じ。

 入場無料なんで、首都圏在住の方は是非どうぞ。

 もう何だかあまり珍しくもない、という感じだけど、生ヒキタの! 生アタマの! 生カガヤキが! 見たい人は、どーぞ、どーぞ。おいで下さい。タダです。ロハです。無料です。各企業ブースでは色々エコグッズも、もらえたりします(たぶん)。

 あれ、よくよく見ると明日(金曜日)は、17時から鶴見辰吾さんも出るんだな。いよっ、二代目自転車名人! これまたひとつ、よろしくお願いします。

■こちらはそこまでアワててないけど、告知(2)

 さて、もう一つの告知。こちらはそこまでアワテてないけど、やはり「ひとつよろしく」事項です。
 知る人ぞ知る自転車系怪編集者・東京書籍のヤマコーが、またもやヒキタ&ドロン本を出そうと画策してましてね。
 で、3度目となる今回のコラボ(1度目が「自転車をめぐる冒険」2度目が「自転車をめぐる誘惑」)、テーマがですね……、テーマが……? 何だかよくワカラン、ということで、下記のような募集をかましてます。
 ご覧いただけると非常に幸い。

【東京書籍よりお知らせ】「自転車に関する悩み」募集について

 東京書籍では、疋田智さんとドロンジョーヌ恩田さんの新刊『明るい自転車相談室(仮)』の発刊に向けて、メルマガ「週刊自転車ツーキニスト」読者の皆さんの自転車に関する悩み・質問を募集いたします。
 自転車に乗っていると、自転車ならではの悩みや失敗談が出てきます。その悩みや失敗にドロンジョーヌ恩田と疋田智が軽妙に答えます(答えるはずです)。

 どんな質問でも結構です。
 どちらかというととち狂った質問も歓迎いたしております。たとえば……。

Q.夫が、私(妻)より自転車を大事にしている様子です。どうしたらいいですか?(30歳・主婦)
Q.健康のために自転車を始めたいのですが、どうにもモッコリパンツが恥ずかしくてはけません。あれは必ずはかなくてはならないものなのでしょうか?(38歳・会社員・男性)

 とまあ、私の貧困なる発想力ではこの程度しか思いつきませんが、もっと強烈で、もっとぶっ飛んだもの、もっと個人的なもの、もっと深刻なもの、もっと笑えるもの、もっとイッちゃったもの、など、いずれも大歓迎です。

●質問が書籍に採用された方にはお二方のサイン入り書籍をプレゼントさせていただきます。発送は書籍発刊後1週間程度です。

●書籍には質問のバックグラウンドがわかる程度「ペンネーム/職業/年齢/性別」の表記をします。基本的に匿名です。

※取得した個人情報は、書籍での質問事項、「ペンネーム/職業/年齢/性別」の表記、およびプレゼント発送の目的以外での利用は致しません。

 質問はアドレス下記のアドレスまでお願いします。

b.nayamimuyo@gmail.com

 以下のフォームをコピペしてご活用ください。どうぞよろしくお願いします。

--------------------コピペ用------------------

質問:


ペンネーム/職業(なくても可)/年齢/性別

プレゼントの送り先



--------------------コピペ用------------------

 というわけです。
 私ヒキタからも、どうかよろしくお願い申し上げる次第です。
 ドロン女史はもちろんのこと、セクシーに答えてくれることでしょう(ヒキタの勝手な想定)。

-----------------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】
※自転車本シリーズその5
「サラリーマンのための地球の走り方」のぐちやすお 著 !)出版社

 実は、著者ののぐちやすお氏、密かに私の“師匠”である。
 私が13年前に自転車通勤を始めた頃、自転車の知識を復習するように、貪るように読み、ノウハウを大いに吸収し、ランドナーから次のステップに踏めた、そのよすがになったのが、のぐち氏の「自転車漂流シリーズ」とも言うべき、一連の著作だった。
(こういうヤツ)
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E6%BC%82%E6%B5%81%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E2%80%95%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%81%A7%E8%8D%92%E9%87%8E%E3%82%92%E6%8B%93%E3%81%8F-%E3%81%AE%E3%81%90%E3%81%A1-%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%8A/dp/4381103149/ref=sr_1_6?s=books&ie=UTF8&qid=1291886460&sr=1-6

 のぐち氏のスゴみは、まだ自転車ノウハウが、そんなに確立されているとは言えない頃に、実際に自転車世界一周を果たし、それに飽きたらず、さらにもう一周を果たし、何だかんだで合計36万kmにも及ぶ(地球一周はもちろん4万km)自転車海外体験を積み重ねて、今に至るというところだ。
 その体験、ノウハウ、精神、根性は、まさに“偉大”の域であり、のぐち氏が“日本最高のアドベンチャーサイクリスト”と呼ばれる所以となっている。

 で、本書。
 本書のキャッチフレーズは「有給休暇で地球一周2万kmが走れちゃうんです!」である。
 何のことかというと、地球一周4万kmの半分を海だとすると、5大陸走破は実は2万kmで可能だ。それを毎年、毎休暇で、つぎはぎつぎはぎしながら、世界一周をしてしまおうという試みなのだ。

 一年に500kmの海外ツーリングができれば(これは決して無理な数値ではない。一日120kmという無理のないところで4.5日/年で走ればいい)40年で世界一周ができる。
 私の乏しい記憶の中では、この「世界一周」のあり方を提唱したのは、おそらくのぐち氏が初めてだろうと思う。

 それを一つ一つ、のぐち氏が解説していく。
 取り上げた地域は、北米・コロラド州、ニューヨークなどから、台湾、韓国(済州島&ソウル)、ドイツ、フランス、マレーシア、カナダなど、様々。いずれも経験に裏打ちされた貴重なノウハウと、叙情(のぐち氏の魅力、実はこのあたりにもある)に満ちている。
 のぐち氏の平易で読みやすい語り口には定評があって、本名・埜口保男名義の「みかん畑に帰りたかった」では第9回小学館ノンフィクション大賞を受賞している。

 ちょっとだけ自慢をすると、実は私ヒキタは、のぐち氏を最初に「BiCYCLE CLUB」誌に紹介したヒトであります。いやはや「地球の走り方」面白いよ。ぜひご賞味あれ。

-----------------------

【ヒキタ最新刊】
平積み好評発売中「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
増刷出来!「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス

【好評既刊本】
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書 大好評発売中!
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951

【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/ 
 
 
 
 
 



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 91 点