自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

NY都市交通も変わりつつある(週刊 自転車ツーキニスト370)

2009/10/14

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
         NY都市交通も変わりつつある370号

■「GAPモデル」になりたい!?

 恥ずかしながら、週末に豊洲(東京江東区)の複合商業施設「ららぽーと」に行ってきた。
 何が「恥ずかしながら」かというと、ららぽーとに入ってる「GAP」が、子供服ブランド「babyGap」「GapKids」のモデルを募集するというのだね。ま、「モデル募集」というより「140名限定で、プロのカメラマンが写真、撮ってあげるよ、その中の一部にいいタマがいたら、ポスターにも使っちゃうよーん」という感じのイベントだ。
 カミさんが「行きたい!プロに撮ってもらえるわよ!」と、鼻息を荒げ、私としても「ま、モデルになんてなれるわけはないけど、ちょっと楽しそうだし」と、土曜日の早朝に豊洲に出かけることになったわけだ。
 1歳3ヶ月の息子には、もちろんGAPの服を着せてね。
 で、豊洲の駅に着いて驚いた。
 駅を降りた時から、そこらじゅうベビーカーだらけ。誰もが同じ場所に向かってる。もちろん目的地は撮影会場だ。
 で、整理券をもらって、列の後ろに並ぶわけ。並んでみると、うひょー、すごいね。結構早くから並んだはずなのに(汗)我々の整理券番号はすでに600番台。で、我々の後ろにもぞろぞろぞろと別の親子が列に並ぶのだ。みな何やらめかし込んでいるぞ。外国人もいるし、中には薄化粧を施してる子供すらいる。
 壮観だなぁ。身の程知らずの親バカたちの群れ。……って、当然、コレは我々自身も含んでるんだが。
 自分の子は本当にカワイイ。信じられないくらいに。コレはもう異常だ! かわいすぎる! 自分の欲目だけじゃなくて、誰から見ても恐らくそうだ! だからこういうのにも応募するのだ。そりゃ当然だ。だって、どんな子供モデルを見てても、ウチの子以上にかわいい子はいないんだから。
 ……と、並んだ親たち、全・員・が・思ってる。

 しかし、不思議なのは、そうやってまでも「カワイイ我が子を人に見てもらいたい」という、強烈な思いだろう。何故に人は「カワイイ我が子」を他人に見てもらいたいんだろう。別に何のメリットも、意味すらもあるワケじゃなく、ただただ見てもらって「カワイイ」と言ってもらいたい。それだけ。いわば無償の願望。無償の我が子顕示欲。難解なアガペーだ。だって、このイベントにしても、よしんばモデルに選ばれたとしても、その報酬は何もないんですぜ。そればかりか、多くの子供服ブランドのモデルは、皆ギャラ・ゼロだという。

 ただ、そういう思いが自分自身にもあることを私はまったく否定しない。
 何なんだろうなぁ。
 その動機は、まだ原始の世界、人間がサルに近かった頃にさかのぼるのかもしれない。
 サル同士の集団生活、生と死が非常に近かった世界の中で、なんとか我が子を周囲のサルたちにかわいがってもらいたい、その同族の保護の中で(もしも自分が死んだとしても)子の生命を保ちたい、と、そういう思いがDNAのどこかに刻まれているのかもしれないね。
 いわば本能なのだ。
 そう思えば、まんざら親バカと笑うなかれ、なのであろう。……ま、親バカなんだけどさ。

 そうそう、当然のように、抽選には外れた。
 我々は脱力したまま、ふらふらとららぽーとで買い物をしてきたわけだ。おやま、ららぽーと&GAPの戦略にまんまと乗せられてしまったってわけだな。

■ニューヨーク二景

 ニューヨークの自転車レーン二景。

【ニューヨーク街中の自転車レーン】
http://www.youtube.com/watch?v=5TuIYQ775V0&eurl=http%3A%2F%2Fmixi%2Ejp%2Fview%5Fbbs%2Epl%3Fid%3D37325879%26comment%5Fcount%3D70%26comm%5Fid%3D3857669&feature=player_embedded

【ニューヨーク、バイクパス】
http://www.copenhagenize.com/2009/09/new-york-separation.html

 面白いでしょ。特に街中の自転車レーンが面白い。
 2つの風景をよくよく見ていると分かるのは、やはり、かの街にも「分かってる人」と「分かってない人」がいる、という当然の事実だ。またマネジメントに少々疑問が残るところだってある。
 ただ、ニューヨークと東京、やはり歴然と違うのだ。
 彼我の差を一言でいうなら「自転車は車両である」という、ただ1つのコンセプトがどこまで浸透しているかどうかだろう。
 1000万人都市・ニューヨークもここまできているのだ。街がデカ過ぎて手が付けられない、というのは、もはや言い訳に過ぎない。
 ヨーロッパ各都市は既に先を行っている。ニューヨークも続いた。ソウルまで自転車政策は着々進行中だ。次は東京の番なのである。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「実践・老荘思想入門 一喜一憂しない生き方」守屋洋著 角川SSC新書

 なにも小さなことにはとらわれることはない。それよりも己らしく、人間らしくあるがままに生きていこうではないか……、と、老子、荘子が説いた、いわば「庶民の思想」老荘思想。孔子孟子の克己、エリート主義と一味違う哲学であり処世術だ。
 ごくごく乱暴に言うと、何に際しても「まあ、いいじゃないの」というのが老荘の思想なんだけど(なんじゃ、この乱暴さは)、こんな時代だからこそ心にしみる。それぞれのエピソードをふむふむと納得しつつ読める。有名なエピソードも多いから「あ、これはこんな意味が含まれていたのか」と今さらながら分かったりもする。大人になったから分かる、なんて項目もある。読んだ後、心がちょっと軽くなる。「癒し本」と言えるかもしれない。
 それにしても、こういうのを読むと、さすが中国4000年の叡智、と思っちゃったりするのだが、現代の中国はねぇ……。老荘が一番必要なのは、おそらく中国人本人であるような気がするぞ。

-----------------------

【ヒキタ最新刊】
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書 大好評発売中!
【好評既刊本】
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951

【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/10/17

    明石市の道もこうなると良いのに。

    目指せ!NYの道!

    頼むぜ・谷垣さん&西村やすとしさん

    神戸から明石へ通勤するツウキンジャーより

  • kimo2009/10/15

    >>親バカではない。バカ親だ。



    貴方は親バカでもバカ親でもなく、タダのバカでしょう。



    「恥ずかしながら」と自分自身のバカぶりを知った上で、自分をあえて笑おうとする、こうしたエッセイに対して、こんな感想が出てくるというのでは、疋田さんもいい面の皮ですね。

    サル(原始人)の話というのも全然理解できてないんではないですか?



    >>キモに銘じるべし。



    本当にキモに銘じてほしいものです。

  • 名無しさん2009/10/15

    ユニクロがあえて子どもモデルを使わないのには理由があるのでしょうか



    そこに疑問を感じました。

  • ニューヨーク帰り2009/10/14

    NYもここまできててましたか。東京より進んでいたのは、昔のメッてセンジャーの頃からそうでしたが、いよいよ市民生活までなんですね。乗ってる人のほとんどがロードレーサーかクロスなのがすごいと思います。

  • 名無しさん2009/10/14

    毎回楽しく読んでいます。ライダーのモラルなどノ記事は「そうそう!」なんて思いながら読んでます。

  • 名無しさん2009/10/14

    親バカではない。バカ親だ。気持ちはわかるがやってはならんこと。サルのそれとは全く違う。そんな親が子供をダメにする。キモに銘じるべし。