自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

「祝」北京五輪開幕の(週刊 自転車ツーキニスト339)

2008/08/08

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
         「祝」北京五輪開幕の339号

■北京五輪が始まった

 いやはや東京都内、滅茶苦茶な暑さで、自転車ツーキニズムも多少萎えてくるんだけど、北京も熱い。いや、熱いに違いない。
 いやまあ様々な問題を含みつつも、ついに開幕となったなぁ。
 まだ先、まだ先、と思っていたら、もうあっという間だ。ほんとに時の経つのは早いもんだ。
 まずはオリンピックの無事と、日本選手の健闘を願うばかりなんだけど、中国といえば、私にとっては何だかまだまだ、言うに言えない「わだかまり」があるよ。
 というのは、1999年のこと、私はこの国のビジネスのやり方に、煮え湯を飲まされたことがあるからだ。

■Nineteen ninety-nine at Shanghai

 今から9年前、1999年のこと。
 私はとあるニュース番組のディレクターをしていたんだけど、その時代に番組のメインキャスターと一緒に上海の取材に行ったことがある。
 テーマは、香港の返還、伸びゆく中国、上海の発展と喧噪、というようなところだろうか。1週間程度の取材スケジュールの中で、クライマックスは、上海からのキャスター中継だった。
 取材中は、中国政府弁公室(広報部)の役人がぴったり付いて、ちょっと窮屈な感じはしたものの、中国の新しい株式市場の様子も、裁判の様子も、おおむね興味深く、気持ちよく取材することができた。
 ところが、信頼カタストロフィは最終日、中継当日の前日にやってきた。

 中継の前夜、中国人コーディネーターが、突然私にこう言った。
「ヒキタさん、明日の中継のことですけどね、私、ちょっと前から心配だったことがあるんです」
 え、なに? 何か不手際でも? 私はちょっと焦る。
 中継の用意は東京にいたときから手続きを済ませており、場所も、時間も、回線も、中継車、カメラ、ほか、すべては万全だったはずだ。そのために○百万円払った。通常の相場から言うなら、ちょっと高い○百万円だったけど、そこは中国。仕方ない。
 でも何なんだろう、心配なこと、とは?

■音声がありません

「ヒキタさん、ヒキタさんが何も言わないから、そのままにしてましたけど、私、心配ね。明日、中継車も、カメラも、衛星回線も押さえましたけど、音声と照明は、ありませんね。ヒキタさん、音声と照明なしで、どうやって中継やるのか、すごく心配でした。音声と照明は絶対に必要だと思うんですけどね」
 私は唖然……、いや、呆然である。
 テレビ業界の常識で言うなら、もちろん「中継発注」の中には、音声や照明が込みになっているのは、当たり前すぎるほど当たり前なのだ。
「何を言ってるんですか。そんなの込みになっているのは当たり前でしょう。常識ではありませんか」
 私は声を荒げるが、中国人コーディネーターは蛙の面に小便である。
「それは日本の常識であって、中国の常識ではありませんね。中国では音声と照明は別。これ常識」
 なにをバカなことを。
 こんなのは中国であろうと、アメリカであろうと、ペルーであろうと、ホンジュラスであろうと(全部ヒキタの経験国)、同じコトなのだ。そもそも上海・東京の中継を、○×電視台は「1から100まで全部」の約束で受注したはず。何を今さら……。私はアタマに血が上ってくるのを自分で意識せざるを得なかった。
 だが、コーディネーターは、笑って言う。
「まあまあ、ヒキタさん、そんな顔をしなくても大丈夫。そういうこともあろうかと、私は私の強力なコネを使って、発注の用意はしているんですよ。音声も、照明も、明日の中継時刻までにきっちり用意します。これ、私だからできる話ね」
 私があきれて黙っていると、彼は続けた。
「でもタダじゃありませんよ。音声が○百万円。照明が○百万円。こっちも無理を言うんですから、多少高くても仕方ありませんね」
 ○百万円とは、中継費用の○百万円と同額である。
 つまり当初の予算の3倍がかかるというわけだ。

■これぞ中国ビジネスの神髄

 もちろん文句を言う。当たり前だが、私はかなりアタマにきていた。だが、時間はないのだ。中止にもできない。コーディネーターはそれを知っているから、どこかでこちらが折れると踏んでいる。表情には薄ら笑いすら浮かんでいる。
 結局、いろいろ押し引きをした上で○百万円を半額にさせた。
 しかし、それでも当初の予算の倍である。
 私は電話で部長にそのことを話し、ちょっと怒られ、しかし、部長は電話口でこう言った。
「それくらいのことは、あると思ってたよ」
 部長は、かつて、北京特派員だったから。

 私は中国人そのものを、ことさらに好きでも嫌いでもない。
 いつぞやこのメルマガで紹介したことのある「世界で二番目に臭い料理・臭冬瓜」を食わしてくれた中国人は、イタズラ好きで、人懐こいナイスガイだった。人の好き嫌いなどは、その人それぞれで様々。いわばケースバイケースなのだろう。
 しかし、その一方で、私は正直申し上げて、中国人の言うことについては、ほぼ全面的に信用していない。
 何があっても話半分。いや、半分どころか10分の1以下だ。目の前にブツがあるか、カネがあるかして、お互い手にすることができない限り、取引には応じない。
「約束」「信用○×」など、もってのほかである。
 彼らは「豹変」することについて、罪や恥の意識を持っていないし、目の前に転がった利益をそのままにしておくほどお人好しじゃないのだ。尖閣諸島の構図だってこのあたりに要因がある。
 実は中国人との「取引」の中で裏切られたことは、この経験だけというわけではない。ま、これほど手ひどく、あからさまな裏切りは、珍しかったけれど、それに似たようなことは、あの大陸では日常茶飯事である。
 どんなことだって、裏切られる。

■日本からの応援団・第一陣わずか8人

 昨日飛び立った北京五輪のための日本航空チャーター便には、日本人応援団がわずか8人しか乗らなかったのだそうだ。五輪旅行ビジネスについて、旅行会社各社、航空各社は、何年も前からの皮算用が外れて大弱りだという。テロだの何だの危険もあるし、これまでの餃子事件ほか食品に対するイメージ低下も大きいのだろう。
 だが、私が思うのは、こうした草の根というか、現実としての仕打ちが、あの国のイメージを大いに下げているということだ。
 一度中国を訪れた人が、必ず中国を嫌いになって帰ってくる。
 そういう事実の積み重ねが、今回の日本人のこうした冷たい反応に結びついている。

 北京五輪の成功を祈る。
 だが、その祈りの濃度は決して濃くはない。むしろ、私の中では限りなく透明に近い。

■サイクルツーリング&バスツアー募集の告知

 さて、北京五輪ツアーとは別に(同じ?)、例の富士山サイクル&バスツアーに、まだ10名分程度の空きがあるそうです。
 ご興味ある方はふるってご応募ください。これは是非よろしくー♪

【旅程】
■9月6日(土)
09時30分 東京駅発→新宿駅経由/13時30分 富士ハーネス着
・参加受付(10:00-16:30)/富士山クリーンアップ活動&セミナー/障害者タンデムサイクリング/盲導犬デモンストレーション
16時30分 富士ハーネス発/17時 富士宮シティホテル着/18時宴会(自由参加・有料)
■9月7日(日)
04時30分 富士宮シティホテル発/05時 富士ハーネス着
・富士山一周サイクリング(117km、6:00-16:00)  
・富士山ファミリーサイクリング(20km、9:00-16:00)  
・コース途中のエイドステーションでは自然体験教室など多彩なイベントを開催
16時30分 富士ハーネス発/19時30分 新宿駅経由→東京駅着

【料金】
 バス代、宿泊費、エントリーフィなどの総額
■36,000円(バス・宿泊シングルルーム・117キロエントリーフィー含む/昼食・夕食・朝食なし)
■34,000円(バス・宿泊2人部屋・117キロエントリーフィー含む/昼食・夕食・朝食なし)
■32,000円(バス・宿泊シングルルーム・20キロエントリーフィー含む/昼食・夕食・朝食なし)
■30,000円(バス・宿泊2人部屋・20キロエントリーフィー含む/昼食・夕食・朝食なし)
・富士宮シティホテル<http://www.fujinomiya-city.com/>
※117キロエントリーフィ:6000円、20キロ:2000円を含みます。6日の昼食、夕食と7日朝食はついていません。7日サイクリング中はエイドステーションがあります。自転車はバスに積み込んで一緒に移動。

【呼びかけ・世話人】
NPO自転車活用推進研究会<info@ecomile.jp>

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「うちの妻ってどうでしょう?」福満しげゆき著 アクションコミックス

 久しぶりにマンガ。面白かった。
 究極の脱力感と、究極の私小説ぶりと、究極の情けな感がたまらない。傍若無人なのに情緒不安定気味の「妻」が実に魅力的だ。なんだか10年前の「気分は形而上」(このOLは実在する……ですね)を思い出した。
 両者に共通するのは「妻による自己の再生」である。
 この作者、しばらくは結構イケると思いますぜ。

-----------------------

最新刊「疋田智のロードバイクで歴史旅」(木世(えい)出版社)「自転車をめぐる冒険」(東京書籍・ドロンジョーヌ恩田と共著)
*現在、全国各書店で大好評発売中です。よろしく♪

「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞社
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞社
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「疋田智の自転車生活スターティングブック」ロコモーションパブリッシング
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
「大人の自転車ライフ」光文社知恵の森文庫
「自転車ツーキニストの憂鬱」ロコモーション・パブリッシング
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951

【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 非表示