自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

トラック一台分の……、の(週刊 自転車ツーキニスト330)

2008/05/15

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
         トラック一台分の……、の330号

■医療費削減のための自転車

「トラック一台分の薬より、一台の自転車」
 これは、ドイツの有名なことわざで「健康になりたいならば、そっちの方が有効だよん」という話。
 ふうむ、よくできたキャッチフレーズだな、とか思いつつ、従来「自転車」というものに、その部分はそこまで強調されてこなかった。それよりも「自転車=エコ」って方が、まあキャッチーだったからね。世の流れに合ってるし。
 ところが、昨今、この「健康」の部分がピックアップされることが増えたのだという。

 もちろん高齢化が一番の理由なんだが、別に高齢化というのは日本だけの現象というわけではなく(日本は確かにいくぶん突出してるけど)、欧州諸国もみな一様に悩んでいる問題なのだ。
 自転車政策学者として名高い古倉宗治さん((財)土地総合研究所理事)によると、イギリスやノルウェーで、国家として「自転車戦略」を定めているのは、この「健康」つまり「医療費問題」にこそ主因があるのだという。
 エコ云々も大切だが、まずは喫緊の仮題・医療費だ、支出削減のターゲットはここにこそある、とね。
 あのアメリカですら、財政支出の4番手に医療費があがってくるようになって、さすがに「自転車」に手を出さざるを得なくなった。「自転車に乗って健康になろう」というのは、もはや個人の趣味嗜好のレベルではなく、国として取り組むべき課題なのだ。

 イギリス、中でもロンドンなどは、渋滞と排気ガス、それに伴うロードプライシング、そして直接的には昨今のテロに脅かされて、続々市民が自転車に乗るようになった。それはたしかに事実だが、そこには別のフォースから後押しする国家の政策があったのである。
 そう思うと、なるほど、と納得なのだ。
 あのバステロで自転車に乗り換えたロンドンっ子たちは、いわば「フローティング自転車乗り」だからね。実のところ私などは「いつか事件も風化して、地下鉄やバスに戻るんだろうなぁ」と、思ってた。ところが、あにはからんや、ぜんぜんそうならない。
 そこには「健康のために自転車」という流れが厳然として存在したからなのだ。

 翻って、わが日本。現在の医療費はおよそ32兆円もある。驚くべきは、そのうちの10兆円が、生活習慣病に関わるものだとされることだ。10兆円である。これは実に驚嘆すべき数字で、政府がこのところ「健康だ」「禁煙だ」「メタボだ」と言い始めたのも、故ないことではないのだ。
 ならば、自転車だろう。
 私などはココロの底よりそう思う。特に日本人の場合は、糖尿病の率が非常に高く、この部分に自転車はドンピシャで有効に作用する。
 古倉先生によると、先進各国のほとんどの国には、国の役所の中に「自転車推進部局」が存在し、その部局が、自転車政策を総合的に企画立案し、健康、エコ、都市交通のあり方、ほか、関係各部署に実行させるのだそうだ。
 自転車“関連”部局ではなく、ましてや自転車“対策”部局でもない。自転車“推進”部局。
 もちろんのこと、そんな部局は、日本には存在しない。
 ここに、いわば“姿勢”の問題が見えてくる。そういった“姿勢”が改善されたときに、日本に真に自転車の風が吹き始めるのだろうと思う。

■そういうようなわけで大阪箕面市

 というわけで、もう明後日なんすけど、17日(土)に、大阪の箕面市で市長さんと対談してきます。そういう「自転車“推進”」の話ができればなと思ってます。藤沢純一市長は自転車政策に熱心なだけでなく、ご自身も自転車ツーキニストだそうで、身のある話ができるのではないかと、私ヒキタは期待しています。
 定員200名、先着順だそうなんで、お近くにお住まいの方は是非どうぞ。
 詳しくはこちら。
http://www.hcn.zaq.ne.jp/minohnet/page2/hikita.htm
http://www.hcn.zaq.ne.jp/minohnet/hikita.pdf

■もう一つ告知

 またまた季節がやってきまして、学習院大学で、例によって春期講座を開講します。全4回で「次を目指す自転車生活」が、今回のテーマ。ここはひとつ、一番いい季節スタートで、自転車ライフに“洗脳”されてみませんか(笑)?
 詳しくはこちらをどうぞ。
http://www.second-academy.com/lecture/GKS10384.html?PHPSESSID=e5d873e8bb6637cfc615a918c1ebdba1

■来週木曜日だ♪(さらに告知)

 それともう一つ、ヒキタ最新刊「疋田智のロードバイクで歴史旅」が、来週木曜日に書店に並びます♪
 もうこのシリーズは私の生き甲斐でありましてね。これが出るたびに嬉しくてたまらん。こちらも是非よろしく。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「ルポ貧困大国アメリカ」堤未果著 岩波新書

 おー、色々な意味で、久々に岩波新書らしい岩波新書だなぁ。これぞ「正調・岩波節」という感じ。だが、内容は思いの外、充実している。偶然ではあるんだけど、前回とりあげたサブプライム本とあわせて読むと、いっそう意味合いが深く分かってくるよ。
 アメリカの社会システムの必然として生まれる「格差」というものを数字で論じたものは、おそらく誰もがどこかで見たことがあると思う。識字率が○○%で、絶対的貧困率が○○%、とかね。そういったものを見ながら「あれれ? あの豊かなアメリカが? なんかヘンだな。移民が多いからかな、でも、そういう統計の取り方もあるのかもな」なんて無理に胃の腑に落とそうとしたりして。
 だが、そのホントのところのリアルな現実(by佐野元春)を、こうして説得力のあるルポルタージュ形式で見せられると、ああ、そうだったのか、と今さらながらに思う。ハリケーン・カトリーナの惨状の意味があらためて分かる。
 家族の誰かが病気にかかっただけで「中の下」だった階層が「下の下」に落ちていく姿。戦争というビジネスが「下層兵士」どころか「民間補助兵士」とでも呼ぶべき人々に、どのような「その後の人生」を用意するか。アメリカンドリームと自己責任は、市民生活にどう影響を及ぼしているか。
 そういう一つ一つの実例から、アメリカという社会が、もはや有効なセイフティネットを用意し得ず「素っ裸の下層」を生んでいる姿が、次第に浮かび上がってくる。そして、それがこの数年で急速に過激化しているという現実。その様子は、ヘンな話だが「おお、日本の方がまだマシ」と思わせるに十分だった。あたかも「ステップ返済」問題の方が「サブプライムローン」問題よりも、はるかにマシだったように。
 だが、戦後ずっと「アメリカの現在」は「近未来の日本」だったのだ。そこに私は非常な危惧を感じるよ。現在発売号の「週刊東洋経済・子ども格差」を読んだばっかりだったから、特にね。
 著者・堤氏の青さが、いい具合にスパイスとしてきいている。

-----------------------

最新刊「自転車をめぐる冒険」(東京書籍・ドロンジョーヌ恩田と共著)
*現在、全国各書店で大好評平積発売中です。よろしく♪ というのか、品切れ書店ではご迷惑をかけております(←すいません)。

「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞社
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞社
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「疋田智の自転車生活スターティングブック」ロコモーションパブリッシング
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
「大人の自転車ライフ」光文社知恵の森文庫
「自転車ツーキニストの憂鬱」ロコモーション・パブリッシング
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951

【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 91 点