自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

「増刷」と「三人乗り」の(週刊 自転車ツーキニスト328)

2008/04/08

 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
    「増刷」と「三人乗り」の何だかよく分からない328号

■「冒険」絶好調!

 例の「自転車をめぐる冒険」(東京書籍)なんだけど、発売2週間にして早くも増刷決定となった。ぱちぱちぱちぱち。ホントに売れてるのだ(涙)。私は嬉しいよ(涙)。ドロン女史、強し!というか、自転車の風、強風!というか……(涙)、どちらにしても、私ヒキタは感慨無量であります(涙 ←しつこい)。買ってくれた皆様、ホントにありがとうございます(謝)。
 もはや自転車の時代は、ハッキリと来ている。
 ただ、今、吹いている風が「自転車的な将来」に本当の意味で活きてくるかどうかは、「今現在すでに自転車好き」たる我々次第だと思うのだ。まだまだ普通の人は、自転車の本質とキャパシティを理解していないから。それどころか自転車に対する「誤解」すらあるから。
 そういう現状に対して、ソフトに「実はすごいんですよ、もっとすごいんですよ、自転車は」ということを(あくまでソフトに)植え付けていかねばなるまい。
 そして、最終的には「自転車こそが人類文明のパラダイムシフトのきっかけとなる」という「誇大妄想」にして「大言壮語」な「しかし紛れもない真実」を理解していただく、と。そうあらねばならん、と。
 でも、そういう時代はきっとくる、と思うのだ♪

■三人乗りのママチャリ

 いやー、それにしても、昨今さすがに、それなりに議論は沸騰してきた。
 例の三人乗りママチャリの話なんだが(母親および“子乗せ”に乗せた乳幼児二人)、まあ私に言わせるならば、もしも三人乗りが全面禁止になったとするなら、少子化対策にも逆行するし、エコにも反する(つまり「乳幼児二人以上を持つ母親はクルマに乗れということか?」ということ)と思う。
 私としては、きっちり安全対策を施した上で、三人乗りのママチャリを、場合によっては「歩道専用車」などに指定し、速度制限も施し、いわば「本来の意味でのママチャリ」として遇すべく、きちんと線引きをすればいいと思ってる。
 それ以外の自転車はもちろん車道であって、要はそれぞれの自転車の果たすべき役割に応じて、メリハリをつけるべきだということなのだ。
 現状のままでの三人乗り自転車は、確かにちょっと危ない。バランスが良くない。少なくとも安全とはいえまい。だからこそ、警察庁も今回「安全な三人乗りが、開発できれば、それは禁止としない」としてメーカー各社を集めて懇談会を作った(ニュース映像を見てたら、あ、仏頂面のH企画官、発見!お懐かしや♪)。
 どんなものができてくるかは各社のお手並み拝見だが、これについては後述する。

 でもねぇ。考えてみれば、本来ならば、三人乗りのママチャリは、法改正の前後を問わず禁止だったんですぜ。
 それを今回「法改正の前後の“違い”をなんとかしてつくろう」とばかり、警察はこの問題をことさらに持ち出した感がある。

■法「改正」の意味は、結局なに?

 どうせそうなんだったら「これまで三人乗りは禁止だっけれど、これからは解禁とする」とでもすればよかった。でも、そうすると一般の人にとっては「あれ? そうなの? 今まで禁止だったの? 知らなかったわ。でも、解禁になるなら、結局、以前とまったく変化ないわね」で終わってしまう。
 だから、今回「これからは禁止」とした。ところが、それじゃ「法律上は、以前とまったく変わらない」。
 なんともワケの分からんことになってしまったものだ。
 それもこれも、原因はもちろん「去年2月の大転換」にある。このメルマガをずっと読んできてくれた人はご存じの通りだ。
 去年の2月まで、改正道交法案は「自転車はこれからは歩道に」にするつもりだった。それがいろいろ紆余曲折の大騒動の末「自転車は(これまで通り)原則車道を徹底」に大転換することになってしまった。
 その結果、今年6月に施行されるはずだった新道交法は、法律上「いったいこれまでと何が違うの?」というものになってしまったのだ。
 いいですか? 今回「教則」に新たに書かれたという「傘さし運転」も「音楽プレーヤー聴きながら運転」も、そしてもちろん「三人乗り」も、すべて現行法で禁止だったんですぜ。別に法律をことさらに改正せずとも、何ら変わらない。
 不思議なことになってしまいましたなぁ。
 報じるメディアも混乱するわけだ。私としては、それも無理ないことと思う。

 でもまあ、話がよい方向に転ぶなら、それはそれで別に私はいいのだ。

■さて、でも一筋縄でいくかなぁ

 で、さて、その三人乗り開発の話に戻ろう。私が思うのは、この話、一筋縄ではいかないだろうということだ。問題は「経済」部分である。
 確かに三人乗りでも安全な自転車はできる。私が思うに、新開発の三人乗り自転車は、まず間違いなく「小径かつ前輪二つのトライク(三輪車)で、二つの前輪の間にチャイルドシートを挟む」という形になると思うんだが、しかしながら、そういう自転車は、どう作ったって、5万円を超えてしまう。5万円どころか、10万円を超えてしまうかもしれない。
 そこの部分をどう考えるか、に、今回の話の骨子はあると思う。
 そもそもが「何で禁止なのよ、主婦感覚が分かってない、子育て感覚が分かっていない」というような話から始まったのだ(それが悪いこととはいわないが)。1万円のママチャリに慣れきったママさんたちは、おそらく「そんなに高い自転車が買えるわけない」と言うと思う。それこそが「主婦感覚」だから。
 コレはどうしたって仕方のないことだ。

 本来は「今までのママチャリに対する考え方の方が間違っていた。普通のママチャリだって1万円ではロクなものは作れないのだ」「BAAもとれないような粗悪自転車では危ないのだ」というところから再スタートしなくてはならないのだが、それをまっとうにママさんたちに教えるのは、ものすごくホネの折れる話だろう。
 30年間放っておかれた、自転車行政の歪みが、まさにこういうところにあらわれる。
 ま、これをきっかけに「自転車の値段を考え直す」「クオリティ、安全性を考え直す」「本来的なエコを考え直す」という方向に議論が進んでくれればいいとも思うんだが、果たしてそううまくいくものかどうか……。

「主婦感覚」や「庶民感覚」というものは、とてつもない強敵だからね。
 今回のガソリン騒動を見てても、お分かるとおり。
 ま「朝三暮四」のお猿さんとまでは言わないが、似たようなテイストは確かにある。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「自転車三昧」高千穂遙著 NHK生活者新書

 このところ自転車本を連発してる(なんでだ?)NHK生活者新書から、またまた自転車本。
 もはやカリスマSF作家としてだけでなく、自転車エッセイストとしてもお馴染みになった、高千穂“自転車で痩せた人”遙先生の、ハイパー自転車エッセイだ。
 コレが面白い。
 何が面白いのかといわれると、いわく言い難いんだけど、トレーニングの話も、健康法の話も、道路(自転車レーン)の作り方の話も、ママチャリは頑丈で良いぞの話も、そしてロードへ……の話も、いずれも肩が凝らず、語り口が面白く、ひょうひょうとしていて、時に適度に毒があり、照れがあり、いつの間にか読まされてしまった、おやおや気付くともう○時、という感じ。
 要するに「文章が上手い(または旨い、つまりは美味しい)」というのは、こういうことを言うんだろう。
 本全体を通じて、何が言いたいの? と問われるなら「自転車で痩せた人」の方が、そりゃ論旨ははっきりしているし、まあ評価は高くなってしまうんだろうけど、私としては、こちらの方が面白かった。というか、読んでて楽しかった。
 まさに「自転車三昧」。こういう本がこの「自転車」というジャンルの中に増えていってくれると、自転車文化はもっと芳醇なものになると思う。
 実のことをいうと、私の「自転車をめぐる冒険」だって、密かにそこのところを目指していたりするのだ。

-----------------------

最新刊「自転車をめぐる冒険」(東京書籍・ドロンジョーヌ恩田と共著)
*現在、全国各書店で大好評平積発売中です。よろしく♪ というのか、品切れ書店ではご迷惑をかけております(←すいません)。

「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞社
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞社
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「疋田智の自転車生活スターティングブック」ロコモーションパブリッシング
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
「大人の自転車ライフ」光文社知恵の森文庫
「自転車ツーキニストの憂鬱」ロコモーション・パブリッシング
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951

【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/
 
 
 
 
  
 



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 非表示