自転車

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

全て表示する >

空梅雨なのかなぁの(週刊 自転車ツーキニスト308)

2007/06/21


 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
           空梅雨なのかなぁの308号

■大健闘御礼

 例の新刊、文庫版の「自転車生活の愉しみ」(朝日文庫)ですが、目下のところ各地の書店で大健闘中であります。ありがとうございます。
 赤坂の某書店などでは、一度平積、その後、売り切れ、再度平積になってます。いやー、嬉しいこってす。ヒキタ伏して感謝申し上げます。
 2007年の現状に準拠してますよってに、2002年版(単行本版)と較べて読んでみるのも面白いかもしれません。というより、アナタが「自転車ワールドに引き込みたい」と思ってる人にプレゼントとして、というのはいかがっすか? 是非♪ この本は結構その力を持っているかもしれませんぜ。
 何しろ本書「自転車ブームを作った名著、ついに文庫化」(帯のキャッチフレーズより)なんすから。
 けっこう恥ずかしい(照)。

■梅雨なのに、アタマが痛い(←何のこと?)

 さて、梅雨入りしたというのに、晴れてるねぇ(特に首都圏)。
 というのか、天気予報を見る限り、話は首都圏に限らない。東日本を中心に、梅雨入りしたというのになぜか降らない。ラニーニャ現象なんだそうだが、もうこのところ毎年毎年「異常気象」なんだな。

 実は、先週末、私は仙台から石巻という海岸沿いミニツーリングに出かけてきましてね。2日の間、絶好の自転車日和、ピーカン天気だった。
 いやー、灼けた灼けた。
 だからして、東京に帰ってくると、誰からも「ヒキタさん、灼けましたねぇ」と言われる。当然だ。ツーリング直後の月曜日には顔も腕も真っ赤。私としても、ヒリヒリして痛いのだ。
 塩竃から石巻に至るまでは、田舎道、なおかつ、潮風が気持ちいいー♪という状態だったんで、ヘルメットをかぶらなかった。それが敗因だった。
 私のヘアスタイルのこと、頭皮は直射日光に対して、なんら対抗する手段を持たず、そのままプチヤケド状態となった。ちょっと熱いシャワーを浴びると痛いのなんの。
 で、現在(木曜日)は、とりあえず痛みはおさまった。
 ところが、今度は皮が剥けはじめてな。これがもうミットモナイのなんの。
 田舎道でもヘルメット無しはいかん。というのか、少なくとも帽子をかぶろう。特に私と同じ髪型の人。そうそういるわけではないとは思うが。

 ところで、雨の降らない首都圏で、昨今の私は、もっぱら「エスケープミニ」という小径車を通勤用に使ってる。驚くほど速くて、シャキッとした乗り心地がいいんだが、現在の私がクワダテているのは、このエスケープミニを、見た目ママチャリにしてしまおうということなのだ。
 一見ママチャリ風だが、実は速い、「羊の皮をかぶった狼」にしようというのが目論見で、それに際し、まずはフロントに籐カゴを付けた。スタンドも付けた。バックミラーも付け、ドロヨケも付けた。
 この前カゴというのがなかなかミソの部分で、これを付けると、自転車の雰囲気がガラリと変わる。見た目には、ぜーんぜん速そうに見えない。
 あ、そうそう。先日の「ニュース23」にスタジオ出演していた自転車がそれ。見ていただいた人は分かるでしょ。
 しかし、速い。
 これがなかなか快感で、ゆるゆると走ってるロードバイクなどを、私の「ママチャリ(実はエスケープミニ)」が、サッとパスしていく。赤信号で追いつかれたりすると、さっき抜かれた彼が、しげしげと私の自転車を見つめてる。でへへへ、なんかヤな趣味だね。
 で、そのママチャリ風の外観を、もっと進歩(退歩?)させようと、最後にサドルを替えてみたのだ。

■驚くべき「サドル効果」

 それまでのエスケープミニには、ロードバイク用の軽くて細いカチカチのモノが付いてたんだけど、それを、茶色い人工皮革製の「コンフォートタイプ」に替えてみた。見た目ママチャリ感はここに極まったといえよう。
 ところが、これが大誤算。
 籐カゴも、スタンドも、バックミラーも、ドロヨケも、走りにはほんの微々たる影響しか与えなかったのに、このサドルだけは違った。
 残念なことに、エスケープミニは、えらく鈍重になってしまったのだ。
 考えられる理由はいくつかあって、一つ目は単純な重量増で、自転車の性能そのものが落ちたこと。サドルの重量差は結構あるものだ。
 もう一つは、コンフォートタイプゆえに幅が広く、太ももの動きが制限されることだろう。要するに踏み込むたびに、太ももの後ろ側がサドルに接触し、これがあまり愉快でなく、結局、パワーが生まれない。
 そして、もう一つあげるなら、これまたコンフォートゆえの座面の軟らかさだろう。
 軟らかい、ということは、すなわち、そこに「ふわふわのストローク」があるということで、ストロークがあるということは、つまり「力の逃げが生じる」ということに直結する。
 この3つが、自転車の性能を格段に下げた。

 そんなことは分かっていた。
 だが、ここまでとは思わなかった。
 結果、私のエスケープミニは「羊の皮をかぶった狼」から「羊の皮をかぶった犬」程度に大幅にランクを落としてしまったのだ。
 ふーむ、サドルの効果恐るべし。
 コンフォートサドルは「重く、太く、軟らかい」。これがサドルの性能(?)を大いに削いでいる。ロードバイク用のサドルが、あんなに「軽く、細く、硬い」ことには、やはり大きな理由があったのだ。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「高層難民」渡辺実著 新潮新書

 いやー、正直言って、期待はずれだった。
 現在大流行の超高層タワーマンションに、大地震が来たらどうなるか?! というのが本書のテーマ(の筈だ)なんだが、帯コピーには、超高層は巨大地震の際に「地獄の塔になる」とある。さらには「『免震構造』もアテにならない」なんて書いてある。
 なになに? ふーむ、そりゃやばい、そんなに凄いことになるのか、地獄の塔とはどういう事態なのだろうか……、とか思いつつ熟読してみた。
 ところが、驚くほどの期待はずれ。
 超高層マンションについて、曲がりなりにも何かを述べている部分は、わずかに第1章の中の「『共振現象』の恐怖」「長周期地震動」の部分のみに過ぎない。合計たったの4ページ(!)。
 第1章のそれ以外の部分と、第2章から第7章まで。つまり本書のほとんどすべては「一般的なマンション地震と、一般的な地震対策」でしかないのだ。
 水を確保しよう、とか、帰宅難民が大量発生する、とか、防災情報システムを活用せよ、とか、そういう話ばかり。
「地獄の塔」の意味や「『免震構造』もアテにならない」の理由は、どこにかき消えてしまったのだろうか。
 羊頭狗肉とはまさにこのことだろう。
 正直申し上げて「著者がどうの」というよりも、こんなタイトルと帯をつける版元に問題がある。名門・新潮社が、こんな騙しのようなタイトルを付けちゃイカンと思うぞ。

-----------------------
最新刊「自転車生活の愉しみ」朝日文庫
*現在、全国各書店で平積発売中です。よろしく♪

「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「疋田智の自転車生活スターティングブック」ロコモーションパブリッシング
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
「大人の自転車ライフ」光文社知恵の森文庫
「自転車ツーキニストの憂鬱」ロコモーション・パブリッシング
「日本史の旅は自転車に限る!」木世(えい)出版社
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951

【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/
 
 
 
 
  
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-15  
最終発行日:  
発行周期:週に1回以上刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 靖国神社前で2007/06/24

    2007年6月23日夜9:00頃、大妻女子大方面から靖国神社に向かって走っていた警察官を見ました。彼は右側通行であり、歩道を走っていました。さらに、携帯電話で通話中でした。日本の警察官は国民性をよく反映しているなー、と感心致しました。疋田さんの益々のご活動・ご活躍を願っております。

  • 自転車大好き♪2007/06/23

    自転車は車道を・・・も大切なんですけど・・・それより先に自転車は左側通行っていうのを徹底させないと・・・せっかく車道を走っても逆送されたんじゃたまりません。でも多いですよね。平気で車道を逆送してくる自転車。ママチャリが多いですけどたまにスポーツ自転車でもいます。

  • 名無しさん2007/06/23

    「自転車は車道を」という意識が、新聞や(自転車関係でない)雑誌を通じて広がっているようです。先日歩道を走る自転車が通り過ぎた後、前を歩く女性3人が口々に「自転車は車道でしょ」と話していました。

    これから車道を走る自転車が増える場合、趣味を自転車とする我々はより一層社会の模範となるよう運転するべきと思われます。走り屋の車だって街中で無闇に飛ばすのより、紳士的に走っているほうが渋くないですか?

    と先ほど横断歩道をウイリーしながら渡ったキャノンデールを見て思いました。