トップ > スポーツ > 自転車 > 疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。
と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



黄金週間真っ最中の(週刊 自転車ツーキニスト305)

発行日:5/2


 
 
 
 
 
 
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist" ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
           黄金週間真っ最中の305号

■ゴールデンウィークだねぇ

 黄金週間の中休み、というべきか、出勤日に"またまたまたまたお久しぶり"の「週刊自転車ツーキニスト」であります。みなさまいかがお過ごしでしょう。人によっては連休を満喫している方もいらっしゃることでしょう。
 私ヒキタは今日も仕事、明日も仕事、その次もその次も仕事で、要するに、今年もゴールデンウィークなんてまったくない。とほほな話なんだけど、通勤に最近GIANTの"Escape Mini"という小径車を使ってる(←何を唐突に?)。
 これがなかなか楽しいのだ。
 "Escape Mini"ってのは、"X字"になった(つまりトップチューブとダウンチューブが交差してる)フレームにドロップハンドルを組み合わせた、なんだかヘンな外観の小径車なんだけど(当初、私は「なんだかねじれに弱そうだなぁ」とか思ってた)、実際に乗ってみて驚いたのだ。
 いや、軽い。んで、当然と言うべきか速い速い。予想外のカッチリ感も好ましい。久しぶりに新車に乗ってみた私としては、ちょっと満足してる。というわけで、仕事の上ではまったくGWじゃないけど、自転車に乗るココロはGWだよ(←あ、ここで整合性をとるわけね)。
 そう思って、気持ちを誤魔化すしかないのだ。やはりとほほ。

■イオングループの戦略は?

 ところで、私の自宅のすぐ近くには「ジャスコ南砂店」という巨大なスーパーがあるんだが、先日、そこの自転車売り場に行ってみて、ビックリした。
 ちょっと前までは、ここの自転車売場、単なるママチャリ屋だった。
 売場の片隅に「MTBモドキ」が置いてあるだけの、どこにでもあるフツーの自転車コーナー。ご近所のスーパーやホームセンターでもよく見るでしょ。
 だが、先日のことだ。
 あれ? 広くなった? 明るくなったな? と思って入ってみたら、驚愕。完全にマニアショップに変貌しているのだよ。よりによって、あの「ジャスコの自転車コーナー」が。
 ママチャリももちろん売ってはいるが、自転車売場の奥は、ほぼすべてロードとクロスバイクとMTB、そして、各種のパーツだ。
 完成車の品揃えこそ、7万〜13万と安価なレンジに設定してあるものの、パーツのコーナーで私は驚いた。インフレーターやヘルメットはおろか、サイクルコンピューター各社各種、ロード用タイヤ各社各種、グローブ各種、ケミカル各種、輪行袋だってあるんだぜ。
 これがあのジャスコ?
 アタマの中が瞬間的に「?」マークだらけになった私だったが、壁に貼られたポスターを見てちょっとだけ納得した。
「イオンはロードナショナルチームのオフィシャルスポンサーです。」
 なるほど、そういうことになっていたのか。なるほどねぇ。

 だが、同時に私は思ったぞ。
 あざといほどに賢いイオングループが「売れないモノ」を扱うわけがない。この品揃えは「自転車ブーム」が、いよいよ本格的に到来したことの一つの証左なのではないか。
 そういえば、この会社でもう一つ言うなら、最近のママチャリすなわち「ジャスコ自転車」も、アルミフレーム19,800円の方向に大きくシフトしている。山口智子がテレビCMに出てる例のアレのことだが、この自転車が13kg。言うまでもなく「低価格ママチャリ」としてはモノスゴク軽い。
 だが、19,800円である。
 この価格帯というのは、すでに1万円ママチャリに慣れたオバちゃんたち(つまりジャスコの顧客)に売ろうとするには、かなりの冒険であろう。オバちゃんたちは「軽い自転車こそが良い自転車」という自転車一番のテーゼすら知らないからね。
 それを補うべく、売場では「試乗車」を用意していた。
 価格が倍でも、軽い自転車というのはこんなに快適なんですよ、というのをアピールするためだろう。この試みは正しいと思う。
 イオングループは、恐らく「ちょっと本気」なのだ。少なくとも私にはそう見えた。
 このまましばらく続けて欲しいと思う。多少、売り上げに満足できないことがあろうが、我慢することだ。ちょっとばかりの売り上げの増減に一喜一憂しない。そのことをイオンには切に希望する。
 巨大スーパーというのは、言うなれば一つのメディアである。
 ここを訪れる人に「へー、こういうのがあるのか」と思わせることは、必ず自転車文化の振興と伝播を後押しするはずだ。難をいえば相変わらず「MTBモドキ」も2万〜3万程度で置かれていることだが、まあこの際、目をつぶろう。
 自転車的なる未来は、もう見え始めている。あなた方の冒険は、将来的にきっと実を結ぶことと思う。

■6年前、そして、現在

 私の最初のヒット作(私としては、ということね)である「自転車生活の愉しみ」(東京書籍)が、ついに文庫化されることになりましてな。現在、そのゲラを直している最中なのだ。
 ところが、ここ最近の自転車事情の変化の著しさは、もう目を剥かんばかりのもので、それに今さらながら気づき、今さらながら全面改稿という難作業に直面してるわけ。
 たかだか6年前の著作なんて、そのまま文庫化できるだろ、楽勝だ、と思っていたら、もうぜーんぜんダメなのだ。それぐらい変わってる。ホンの一例をあげるなら、6年前「リアのディレイラーは、国産の場合、最高級品は9速」とか書いてるんだけど、ご承知の通り、もう最高級品でなくとも10速が当たり前。ママチャリにだって上記にあげたごとくの変化がある。自転車活用推進研究会なんて、国会の私的諮問機関からNPO法人となってしまった。
 とにかくいろいろ改稿しなくてはならないことだらけ。
 以前「自転車ツーキニスト」(旧題「自転車通勤で行こう」)を文庫化したときにも、たいそう苦労したんだけど、あの時はあえて【附記】を添えることで何とかなった。じゃが、今回は地の文から変えねばならないんで、いやはや大変なのだ。
 でも、結構充実した文庫本になりそうですよ。
 朝日新聞社「朝日文庫」から。400ページ弱で、たぶん700円台になると思います。
 読んだことのない人は是非。読んだことのある人もできれば是非(でへへ)。お願いたてまつります。
「これから自転車を始める」という彼女(または彼氏)にプレゼントするというのはいかがでしょ。文庫だから安いし。

 ちなみに2007年は、私にとっても久々の出版ラッシュになりそうです。
 文庫版「自転車生活の愉しみ」が出た後、同じく朝日新聞社から単行本が一冊。その後、東京書籍から「核弾頭本」が一冊。さらに木世(えい)出版社から「日本史の旅…」のパート3。
 合計4冊なのだ。
 出す前から、ちょっと息切れ。

-----------------------

【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

「長い腕」川崎草志著 角川文庫

 東京近郊のゲーム制作会社で起こった転落死亡事故と、四国の田舎町で発生した女子中学生による猟銃射殺事件。一見無関係に思えた二つの事件には、驚くべき共通点が隠されていた……。というのが版元の紹介文。第21回横溝正史ミステリ大賞受賞作である。
 横溝賞というだけあって、横溝的オドロオドロを巧みに練り込んだ「ネットミステリー」というべき作品となっている。この「土俗」風味と「ハイテク」風味の混在こそが、この小説の醍醐味で、その両立にはかなり成功しているといえるだろう。それを可能にしたのは、一種、世の中を突き放したような、主人公の生き方と性格にある。彼女はなかなか魅力的だ。
 ラストに出てくる犯人像だとか、田舎社会のしがらみやらは「ふーむ、よくできてはいるけど、ま、そんなもんね」という感じ。帯にある「この小説のテーマは歪みである」というほどの「テーマの歪み」(フィジカルな歪みではなく)は、私には感じられなかった。
 ただ、私に言わせると、この本の一番の美点は、著者の語り口にあるような気がするのだ。一見、なんのことはない普通の文体なんだけど、私にとっては、読んでて間違いなく「居心地がよかった」。おそらくこの著者はエッセイを書いてもうまいと思う。
 著者・川崎草志氏には、現在のところまだこの一冊しか著作がない。
 惜しい。受賞が2001年。「早く次を」と思う。私は次回作も必ず買うだろう。
 あまり話題にならなかったし、新人ならではの荒削りさもあるが、久々にオススメのミステリーである。

-----------------------
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
*昨年12月発売の最新刊。今回はなぜか「奈良・暗峠」「秩父・八丁峠」「北海道・日高峠」と、峠モノが満載。

「疋田智の自転車生活スターティングブック」ロコモーションパブリッシング
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
「大人の自転車ライフ」光文社知恵の森文庫
「自転車ツーキニストの憂鬱」ロコモーション・パブリッシング
「日本史の旅は自転車に限る!」木世(えい)出版社
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951

【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/
 
 
 
 
  
 

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. ランニングマガジン「BEST RUN!」

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    3004人

    ランニングを始めた!マラソンを完走したい!ホノルルマラソンや東京マラソンに出たい!もっとタイムを短縮したい!国際マラソンに出場したい!そんなランナー向けに専門家のトレーニングアドバイス等を毎週お届けします。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17029人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    24277人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  5. Lyrics Master Users Connection

    最終発行日:
    2017/03/13
    読者数:
    128918人

    iPod+iTunes にも対応した無料歌詞検索ソフト「Lyrics Master」のメールマガジン。 ダウンロード・詳細は http://www.kenichimaehashi.com/lyricsmaster/ から。

発行者プロフィール

ヒキタ

ヒキタ

http://japgun.infoseek.ne.jp

環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。 と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

過去の発行記事