芸能人

すたあの裏情報

あの人気芸能BLOG【すたあの裏情報】が遂にメールマガジンに登場!一日一回の【特選!芸能ニュース】を欠かさずに配信しています。

メルマガ情報

創刊日:2007-02-24  
最終発行日:2007-03-03  
発行周期:日刊  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

TBS系情報番組「人間!これでいいのだ」(土曜後7・0)が24日放送分で終了することが17日、分かった。同番組では脳から出るα波と音の関係を取り上げたコーナーで、研究者の論文を無断使用し、特定の音を「頭の良くなる音」などと断定。10日放送分では「捏造(ねつぞう)はなかったと考えておりますが、行き過ぎた表現から視聴者の皆さまに誤解を招いた」と謝罪していた…

同局広報部は「この件が起きる前から番組終了は決まっていた。今回の件が直接の原因ではない」と説明している。

(引用「サンケイスポーツ」より)

今回の件で、広報は「捏造はなかった」と断言しているが、実際はどうだったのだろうか?

(以下一部引用「asahi.com」より)

番組内の約10分間のコーナーで、国際科学振興財団理事の大橋力さんらのグループの論文をもとに、2万ヘルツ以上のハイパーソニック音を聞くと脳にα波が生じるという説を紹介。その後、別の研究者が「α波が出ると集中力が高まり、その結果、記憶力も高まる」と述べる場面を放送した。 

さらに、ハイパーソニック音はオルゴールの音やコオロギの声などに含まれるとし、小学生の女児にオルゴール、別の女性にはコオロギの鳴き声を聞きながら算数などの勉強をしてもらい、1週間後のテストで点数が上がったなどと報告した。 

TBS広報部は週刊新潮の取材を受け、見解などを示した。その中で「頭の良くなる音」と司会が語り、テロップでも表示したのは「バラエティー番組とはいえ、表現上行き過ぎていた」などとわびた。 

論文は00年に米国の学術誌に発表された。同部によると、昨秋、このコーナーを制作した制作会社がグループに紹介したいと申し出たが、「記憶力向上と結びつけることはできない」と断られたという。 

経緯に関し、同部は「研究者に直接了解を得ずに放送してしまったことについて、おわびします」とする一方、「個々の論文やコメントの趣旨を変えていないので捏造(ねつぞう)ではない。1人の研究者が行った研究ではないが、番組として仮説を立てた。手法に問題はない」としている。 

研究メンバーの一人の国立精神・神経センター神経研究所の本田学さんは 「科学者のモラルとしてお断りしたのに、実験の体をなしていないような番組と私たちの研究が結びつけられ、研究の社会的信頼が著しく損なわれた」などと話し、TBSに抗議するという。 

(引用終了)

TBS「α波が出ると集中力が高まり、その結果、記憶力も高まる」

真相「(α波が出る)=記憶力向上と結びつけることはできない」

これが捏造でないなら、何が捏造なのか不思議な弁解ではある。

更に2ちゃんねら〜の間でも

「昔からTBSは捏造や八百長しまくりだろ。 
亀田戦の八百長や、秋山の反則、今回の捏造。 
フジは自社のミスを隠さず報道した、TBSは報道しないだろな。 
TBSの、格闘番組と捏造情報番組はもう見ない。」

等等、手厳しい意見が続出している…

TBSの人間よ、これでいいのだろうか?

最新のコメント

  • コメントはありません。