企業

実務に役立つ生産管理

生産管理を実際の実務に役立てるにはどうすればよいのか。
MRP、ERP、SCM、カンバン方式などの考え方から在庫管理や販売管理などとの関係などまでわかりやすくお届けします。


全て表示する >

【実務に役立つ生産管理-Vol.067】MRPシステム

2013/12/20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             Vol.067
 実務に役立つ生産管理〜MRPシステム
              

                 発行者:高内 章治   2013/12/20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃                                                 
┃ 【01 - ご挨拶    】                   
┃ 【02 - トピックス  】MRPシステム
┃ 【03 - 編集後記    】                   
┃                               
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。


今回は、

  「MRPシステム」

についてお話したいと思います。

─────────────────────────────────

【02 - トピックス】:MRPシステム

─────────────────────────────────

「生産管理システム」で部品点数が多い場合には、
「MRPシステム」が多く使用されています。

「MRP」の考え方を発展させて、「部品の調達計画」だけではなく、
「完成品の生産計画」にも適用されているものに「MRP2」
(本来はギリシャ文字の2です。)があります。

「MRP」は、非常に重要な考え方なので、理解しておく必要があります。

■1.MRPとは、

「MRP」とは、Material Requirement Planningの略です。
日本語では、「資材所要量計画」と呼ばれています。

「親製品」の「生産計画」に合わせて、必要な「部品や原材料」の
所要量を計算し、親製品の生産日程に間に合うように、部品や原材料の
「生産日程」(生産計画)や「調達日程」(調達計画/材料計画)を
作成するシステムです。

「MRP」は、1960年代から1970年代に、アメリカで生まれたものです。
部品の「材料計画」と「発注方式」が連結されていました。

その後、適用範囲が広がり、「資材の部品調達」から「製造」、
「出荷」までを管理するシステムになっています。
「生産能力」のチェックをおこなうものもあります。
「MRP2」(Manufacturing Resource Planning:生産資源計画)などと
呼んでいます。

その後、「ERP」(Enterprise Resource Planning
(エンタープライズリソースプランニング)へと発展しました。
「ERP」は、日本語では、「業務統合パッケージ」や
「統合基幹業務システム」などと言われています。

「MRP」のやり方は、在庫管理の「定期発注点方式」のやり方です。
「プッシュ方式」です。

「トヨタ生産方式」の「カンバン方式」は、「定量発注点方式」です。
このやり方を、企業間まで広げたものが「SCM」
(サプライチェーンマネジメント)という考え方です。
「生産計画」のシステムは、「SCP」(サプライチェーンプランニング)と
呼びます。
「個別生産」や、自動車やパソコンなどの組立てで、使用されています。
「プル方式」です。在庫を最小にするシステムです。

でも、「納期」を満足させるためには、在庫が必要な場合があります。
その為、「ロット生産方式」では、「MRP」のやり方の方が
よいかも知れません。


■2.MRPの目的

MRPには次のような目的があります。

(1)生産指示を受けたあとの、資材(原材料、部品)の部品展開から、
 発注までの速度が早くなります。

(2)コンピュータでおこなうので、業務の効率化が図れます。

(3)計算ミスが少なくなります。

(4)原材料や部品の品切れによる納期遅れが減少します。

です。

■3.MRPシステムの流れは次のようになります。

(1)受注情報/需要予測
   受注情報や需要予測情報を取り込みます。

(2)MPS(Master Production Schedule)基準生産計画を作成します。
   基準になる生産計画です。
   この「生産計画」のことを「マスタープロダクションスケジュール」、
  又は「マスタースケジュール」と呼んでいます。
   英語では、Master Production Schedule 略して、「MPS」と呼びます。
   「MRP」の「生産計画」は、「1週間単位の期間」になります。
   「タイムバケット」と読んでいます。

(3)部品展開します。
   総所要量を計算します。

(4)総所要量から原材料、部品の現在庫を差し引きます。
   正味所要量を計算します。

(5)受注残を引きます。
   既に、発注している発注残を差し引きます。

(6)リードタイムを前倒しします。
   調達のリードタイムを前倒し(早く)します。

(7)発注します。
   原材料や部品を新規に発注します。

参考にしてください。


─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

もうお正月ですね。

早いですね。

今年の夏は、異常な暑さだったので、冬は暖かいのかなと
思いましたが、そうでもないですね。


寒さに気を付けて、良いお年をお迎えください。

また来年も宜しくお願い申し上げます。




◆ホームページを少しづつ頑張って、まとめています。

 http://www.sk-seisan.com/


◆「はじめての生産管理」教材
生産管理とは何か? なぜ生産管理は難しいのか? 
生産管理でこれだけは知っておきたいこととは?

 http://www.sk-seisan.com/kyozai/kyo01_hajimete1.html

◆「生産計画・調達計画の作り方」(ロット生産方式)教材
「ロット生産方式」の「生産管理システム」とは?
「MRP」と「SCM」を使った「生産計画」や「調達計画」の作成方法とは?

 http://www.sk-seisan.com/kyozai/kyo02_system1.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、
日ごろから疑問に思っていることを教えてください。宛先はこちらへ』

     → kohnai@vega.ocn.ne.jp   (高内:こうない)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     【発行人】: エスケーコンピュータワールド 高内 章治
                     (こうない しょうじ)
 【ホームページ】: http://www.sk-seisan.com/
【メールアドレス】: kohnai@vega.ocn.ne.jp
【購読登録・解除】: http://www.melma.com/backnumber_166215/      


  登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。



 ※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を
    許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
    必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.sk-comp.com/
http://www.sk-seisan.com/
http://www.sk-seisan1.com/
http://www.sk-zaiko.com/
http://www.sk-nenkin1.com/
http://www.sk-haken.net/
http://www.sk-shikaku.com/
http://www.sk-erp.com/
http://www.sk-cust.com/
http://www.sk-genka.com/
http://www.sk-koubai.com/
http://www.sk-hanbai.com/
http://it.sk-shikaku.com/
http://www.sk-goods.com/
http://www.sk-goods2.com/
http://www.sk-quality.com/

http://sk-entame.seesaa.net/
http://sknandemo.blog.shinobi.jp/
http://skhitori.jugem.jp/
http://skhaken.blog117.fc2.com/

http://skkininaru.meblog.biz/
http://sk-entame.cocolog-nifty.com/
http://sk-kininaru.cscblog.jp/
http://skentame.ti-da.net/
http://blog.goo.ne.jp/kohnai

http://ks-seken.seesaa.net/
http://sk-seisan.jugem.jp/
http://ks-uwasa.meblog.biz/
http://ksgeinou.ti-da.net/
http://yaplog.jp/skkimama/

http://sktamani.sublimeblog.net/
http://skkimama.blog.so-net.ne.jp/
http://blog.livedoor.jp/skkininaru/
http://ameblo.jp/kohnai1/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-02-07  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。