家電・パソコン

5分でわかるデジタル家電のABC

デジタル家電の開発・設計を担当している現役エンジニアが語る電気の世界。携帯電話、デジカメ、薄型テレビなど、デジタル家電の基本から最先端技術まで、何でもありのデジタルワールドへようこそ。メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2008受賞。【相互紹介歓迎】

メルマガ情報

創刊日:2007-02-04  
最終発行日:2018-07-28  
発行周期:隔週刊  
Score!: 99 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

5分でわかるデジタル家電のABC Vol.193

2018/07/28

5分でわかるデジタル家電のABC Vol.193
【28GHzの苦悩・・・5Gの謎5】
発行:2018.07.28 11:00
配信数:まぐまぐ:883部 melma!:459部
--------------------------------------------------------------
【目次】
1.報道
2.周波数
3.通信速度
4.5Gの周波数
5.まとめ
6.次回予告
7.編集後記
--------------------------------------------------------------
【重要なお知らせ】

万一メルマガが届かない場合は、
お手数ですが再登録をして頂きます様お願いいたします。
--------------------------------------------------------------
【このメールマガジンの登場人物】

X君:
大学生。法律の勉強をしているらしい。
2週間に1回ぐらいの割合で、【私】の家に遊びに来る。
忙しい時は、遊びに来なくなるので注意。

私:
電機メーカで、デジタル家電の研究開発に従事している。
--------------------------------------------------------------
【1.5Gで実現される社会】

X君
「【5G】で使われる周波数が28GHzという話がありましたが、
【それがどうした?】という気分にもなりますよね。
勝手に使って、勝手に開発すればいいじゃないですか?と」


「【見えないものと、見えるもの】

見えないものにも目を向けてみると、
より深く、物事を見ることができるかもよ?」

X君
「そ、それは、おっしゃる通りかもしれませんね・・・」


「まずは、確認から。

テレビ放送、ラジオ放送、携帯電話、各種無線に使われている
電波の周波数についたてだ。
【世界に一つだけのもの】だったよね。そういう電波は。
【世界】というより、【宇宙】と言ってもよい。
たった一つしかないものなのだ」

X君
「そ、そうなんですね・・・
【宇宙に一つだけのもの】が電波とは」


「たった一つしかない電波。
だがしかし、【利用価値の高いもの】は既に使われている。
例えば、テレビ、ラジオ、防災無線、そして携帯電話。

その中でも、後から入ってきた携帯電話関連は、
【残りもの】を工夫して使っているに過ぎない。

今までは、それでも何とか技術の進歩でやってこられた。

しかし、しかし・・・
携帯電話で行き交う情報量が巨大になるにつれて、
それも足りなくなってきたのだね。

もう限界、無理なものは無理。
それなのに、人びとは、
【おい、通信速度が遅いぞ!】とイラついてばかりいる」

X君
「いや、それは別の問題で、遅いのにはイラつきますって」

--------------------------------------------------------------
【2.人間のサガ】


「イラついても、何も解決しないが、イラついてしまう。
そして、場合によっては、事態を余計に悪くしてしまう・・・」

X君
「それが人間のサガですよ」


「ちょっとまって、ここで一旦、立ち止まって考えてみないか?
どうすれば、携帯電話の速度(スループット)を
上げられるか?ということを」

X君
「考えるっと言っても、どう考えるのかすら分かりませんがね」


「以前から、口を酸っぱくして言っているが、
一般的に、電波の周波数の帯域幅を広く取れば、通信速度は上がる。
でも、既に多くの事業者に占拠されている周波数を
割り込んで奪い取るというのはできない」

X君
「やれば、いいじゃないですか?」


「それを持っているのが、テレビ局や、ラジオ局なんだよ。
出来る訳がない。
そこで狙いを定めたのが、28GHzとかいう周波数で、
これがまた、非常に使いづらい。

まずは、28GHzを送受信できる回路に使う部品(デバイス)が少ない。
つまり、簡単に設計ができないものを使おうとしているということだ。
それから・・・」

--------------------------------------------------------------
【3.飛ばないもの】


X君
「それから?」


「それから、28GHzは、空気中で減衰する量が多すぎる。
遠くまで飛ばないんだよね」

X君
「そうだったのか」


「だから、基地局を多く【打つ】必要があるのだね。
それに、できるだけ、電波を【強く】する必要も。
正確には、【電波の出力電力を大きく】して、
【受信感度を高める】必要があり、
これによって、無線通信のデータ転送能力を増大させる。
いわゆる、【スループット】値を上げるということになる」

X君
「【スループット】ですか・・・」


「【インプラント】【アウトプット】⇒【スループット】
と覚えればいい。」

X君
「through+put で【スループット】って訳ですね」


「そうだ。

28GHz装置の開発は、現在進行中だが、
数々のメーカが【しのぎ】を削っている」

X君
「これからが楽しみですね」


「きっと、東京オリンピックで、
ひっそりと、28GHz機器が使われることだろう」

--------------------------------------------------------------
【4.28GHzだけじゃないけれど】

28GHz帯の周波数を使った機器。

いわゆる無線機器ですが、
次世代型の携帯電話規格で使われようとしています。

以前に書いたように、28GHz以外の周波数も使われますが、
今回は、新しく開発される28GHz帯域について説明したいと思います。

通常の携帯電話は、700MHz〜900MHz付近(プラチナバンド)や
2.1GHz付近、そして、最近では3.5GHz付近も使われています。

ただし、3.5GHzは、
まだ、全ての危機が対応できるわけではありません。

そして、これから開発されるのが、28GHzの機器です。
(3.8GHzや4.8GHzも)

28GHzは、まだ開発途上にあり、送受信回路の部品の種類も少なく、
また、価格も高価で、性能も高くはありません。

それに、電波の性質上、空間での減衰量が多く、
扱いも難しいのです。

おそらく、近距離の通信に、
集中的に使われることになるのではと考えます。

そして、今後、各メーカの努力で、
安くて、性能の高い部品・装置が沢山でてきて、
結果的にスループットが上がるのではと期待します。

もしかして、その時には、東京オリンピックも終わって、
何もかもが過去のものになっていく。
そういう時代になっているのかもしれません。

--------------------------------------------------------------
【5.まとめ】

1)【5G】では、新規周波数として、
28GHzを使った機器が開発されている。
(既存の周波数と、高い周波数を組み合わせる)

2)28GHzは、まだ開発途上にあり、送受信回路の部品の種類も少なく、
また、価格も高価で、性能も高くはない。

3)今後は、各メーカの努力によって、
安くて、性能の高い部品・装置が沢山でてきて、
結果的にスループットが上がると期待されている。

--------------------------------------------------------------
【6.今後の予定】
その後は、こんな感じでいきたいと思います。(予定は未定です)

光通信、無線LAN、携帯電話端末端末(赤外線通信)
国際通話サービス・・・
--------------------------------------------------------------
【7.編集後記】

13日連続勤務とか、土日出勤とか、そういう日々を送ってきた。
しかし、業績は悪く、赤字ばっかり。

それが、日本の電機メーカの現実。

土地や証券、換金できるものは、どんどん換金し、
非正規雇用の人は、契約終了。
正規雇用は、理由を付けて給料削減。
信じられないかもしれないが、自分でも信じられない。

自分の業界がそうなるとは、信じられないが、
現実を受け入れて、さて、どう対処するか?

--------------------------------------------------------------
もしよかったら推薦してください。「読者さんの本棚」(まぐまぐ)
(melma!と「まぐまぐ」ではIDが異なりますのでご注意ください)

http://www.mag2.com/wmag/osusume/form
【5分でわかるデジタル家電のABC】ID:0000209216
--------------------------------------------------------------
【5分でわかるデジタル家電のABC】
メールマガジン配信解除・配信先の変更は、こちらからお願いします。
http://archive.mag2.com/0000209216/index.html
--------------------------------------------------------------

最新のコメント

  • 名無しさん2011-06-20 16:22:02

    もう少し詳細に解説があればなお良いのですが。

  • 名無しさん2010-08-30 09:10:04

    素人にもわかります。

    今の問題、先の展開など広い分野でのお話を期待します。

  • そーき2009-09-20 01:56:26

    私事ですがただいまバックナンバーを読みきりました。時々読み返して復習します。それからリクエストです!携帯電話の一環でぜひPHSも取り上げてください。それから今HDDの代わりに注目されているSSDも。これなどフラッシュメモリと関連があるのでしょうね。

  • そーき2009-09-14 21:46:16

    私の部屋のテレビもワイドが出た当初の14年選手です。数年前から時々画面が上下や左右に押しつぶされます。きっと中で電子ビームがうまくコントロールされていないんだな、と思っています。

  • 名無しさん2009-09-14 19:32:10

    ブータンから無事おかえりなさい。配信が待ち遠しかったですが、私も8月後半は"日本は大きく変わ"ったことに関わっていたので、まだバックナンバーも5号までしか読んでいません。ところで SHIZA さんはNHK教育の「ITホワイトボックス」はご覧になっていますか?少し前にフラッシュメモリの説明があって、電子を保つ様子が図で表されて分かりやすかったです。ビジュアルは有利ですね。