投資

FXで人生大逆転!子供でも勝てるマル秘戦術タレ流し

FX(外国為替証拠金取引)を始めたいけどちょっと怖い・・・。始めたのはいいけどなかなか勝てない・・・。そんなアナタに贈る、小難しい知識不要のFX投資ノウハウを垂れ流します。FXは、経済や金融の知識無しでもゲーム感覚で勝てますってば。

全て表示する >

 ★【チャイカテFX】とても大事なこと《特別編》 バイアス・・・

2010/09/26



おはようございます。ziroumaruです。
本日もFXの有益情報、ダダモレ垂れ流しでっす(^_^)


去る6月末のこと。

我が家は新居に引っ越しました。


当然、家財道具を整理するなどの引越し作業に追われたんですが、
その作業の途中で、部屋の片隅に、まるで隠されるかのごとくしまわれている物体を
発見しました。


それは・・・これ。

http://j.mp/aTktg3


・・・・こりゃ、奥さんの仕業だな。


恐らく、下半身痩せしたいと思って買ったはいいが、世のご多分に漏れず、
数回使用して、そのままお蔵入り・・ってなことで・・。



一方、最近になってフィットネスに目覚めた私としては、
ぜひこれを有効活用してみたい!


で、恐る恐るやってみると・・・


コレ、イイ!!(*^_^*)


わずか1分の運動ですが、それだけで普段使わない「内もも」が心地よく痛くなります。

内ももって、普段あまり使わないんですが、サッカーなどの運動をする際には、
結構使うので、そういうスポーツをする人にとってもお勧めだし、
たまにしかスポーツをしないって人にも、いざやる時にすごく楽に体を動かすことが
できるようになりそうです。


さらに・・・

痩せる為には、「基礎代謝」を高めることが凄く重要だということは、
誰しもご存知かと思いますが、基礎代謝を上げるためには筋肉を鍛える必要が
あるわけです。

で、太ももは人体の中でも筋肉の割合が非常に高いので、
そういう部分を鍛えることは、基礎代謝を効率的に上げるためには
非常に有効なんだそうです。

当然、足痩せ効果もありますし、
(事実、キツ目のビジネスパンツが楽に穿けるようになりました)
こりゃ、ダイエットにもフィットネスにも効果的だなぁ・・と。


今現在、最低毎日1分間、週に3度は、1分間×3回やるようにしています。


体力・健康維持や、下半身痩せ、全身ダイエットを考えている人には、
良いのではないでしょうか?


http://j.mp/aTktg3




「コレを飲めば、○○ヶ月後には、なんと●●kgに!」

なんてな、「楽して痩せる」風の怪しげなものに手を出すより、
よっぽど良いと思いますよん。(^.^)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◇
  子供でも勝てるFX【チャイカテFX】
  〜小難しい知識はヤダ! でもFXで稼いで人生大逆転!〜
                       
   http://ziroumaru.blog57.fc2.com/     No205 ◇◆◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回は、前回予告した、

 「トレードスキルってそもそもナニ?」

ってことについて・・・ではありまへん。


これについては、先の号外でお知らせしたレビュー記事の中で書いているので、
興味があれば、ぜひ請求してくださいね。

請求後、即効でお送りしますので。


 レビュー記事請求フォーム

  http://my.formman.com/form/pc/Cijw6gH2ORqNtYFE/  




さてさて、では今回は何を話題にするかというと・・

私が勝てるようになった理由 テクニック編 その3

   「バイアスを無視したから」

についてです。


バイアス・・・。

この言葉の意味、ご存知でしょうか?


日本語に訳すと、「偏見・先入観」となります。


もっとわかりやすく言うと・・・

「これこれこうだから、こうなるはずだ」

「こういう場合は、こうなるものだ」


そういった、「偏ったものの見方」です。


よく言われる言葉として、
 
 「相場は生き物だ」

という言葉があります。

もっと平たく言えば、「機械では無く人間」と言えるでしょう。



ということは、

常に一定の法則に従って理屈どおりに動くことは無い!
~^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
のです。


だから、ルールどおりにトレードして、
しかもその勝率が非常に高いものであったとして、

負けてしまうことは、

 「当たり前のように発生します」


当然ですよね。

相手は機械じゃないんだから、必ず100%、理屈通り・原則通りに
動くわけ、ありませんよね。


だから、そういう負けに遭遇したとしても、

 ・なんでだよ!
 ・そんな馬鹿な!

という感情を爆発させてはいけないし

 ・負けちゃったから、そのリベンジでドテンする。

なんてことは、

 「やってはいけない行為」なわけです。



リアル社会で人間を相手にした際に、
少々こちらの思い通りに行かないからって、
いちいち怒ったり、悲しんでたりしたら、こちらの身が持ちませんよね?

ましてや、

 ・すぐさま仕返ししてやろう!

なんてことを考え、即行動を起こしてしまったら、

それはもう、単なる「キレたヤバイやつ」だし、
まるでチンピラのようです。


このメルマガの読者の方は、そんなに苛烈な感情を爆発させる方は、
いらっしゃらないかと思いますが、

「バイアス」を持ってしまうと、そういった感情が出やすくなります。

ですので、ぜひ、気をつけてくださいね。


例えば、9/24の午後1時頃、ドル円含めたクロス円が一瞬にして、
大きく上がりました。

誰しもが、「日銀の2回目の介入」だと考えられたと思います。


そうなると、その後少々値を下げて来ると、

 「介入だったら、また買い増しが入るだろうから、
  ちょっと下がったぐらいでも回をいれとかないと、
  乗り遅れてしまう・・」

という感情が芽生えてきます。


ところが結果はどうでしょう。

その後、ものの見事に下がり続け、
介入を思しき行為が始まった水準まであっさりと戻し、
しかも、それからさらに下がる始末。


「介入」だという強いバイアスをもった人の中には、
大きなポジションサイズで、しかも高値水準でつかんでしまった・・・
という方もいらっしゃると思いますが、

結果は、大変残念なことになってしまった・・・。



ぜひ、

 バイアスは捨て、「ニュートラルな心」を持ってトレードに望んでほしいのです。



とても大事なことだと思います。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日来から予告していた、下記の商材(教材)の
レビューをやっとこ作成しました。

  プロトレーダーエコの
   FXライントレードマスタープログラム

  http://fx-info-review.up.seesaa.net/image/eco.html


興味がある方はコチラ↓から、レビュー請求くださいね。

  http://my.formman.com/form/pc/Cijw6gH2ORqNtYFE/  



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【現時点で私ziroumaruが良好な感想を持っているFX業者】

 コチラ↓

  http://fx-info-review.up.seesaa.net/image/video.html

 [評価理由]
  去年夏からの継続使用において、
   ・サーバー落ちの経験が無い。
   ・約定拒否の経験が無い。
   ・極端なスリッページに出会ったことが無い。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】:ziroumaru
 プロフィール:
  商品開発に携わる技術系設計者。
  本業から帰っての夜のみのトレードで、複利で運用する副業トレーダー。
  
  
※注意※
当メルマガは、私自身の経験と学習により得たFXに関する知識を
紹介するものであり、決してその考え方や手法を強要、指示、推奨
するものではありません。
実際の投資活動においては、自己責任の基、ご自分の判断で行って
ください。
いかなる損害の発生についても著者は責任を負わないものとします。

また、このメルマガで記載している内容の著作権は、私ziroumaruに
帰属します。

【e-mail】
  ziroumaru_fx@yahoo.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【編集後記】


いや〜、冒頭で紹介したコレ↓

 http://j.mp/aTktg3



正直、こういった類のヤツは、どうかなぁ・・・と思ってたんですが、
効率的なフィットネス器具って考えたら、結構有効そうですね。


これは続けられそうで、わくわくしてます。

ビリーズブートキャンプは、あっさり挫折しましたが・・(-_-;)



















あれは・・・・無理だよぉ〜(ーー;)





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-12-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。