映画

今週、いちばん癒せる映画!

毎週金曜日発行。「今週、いちばん癒せる映画」を選んで紹介します。発行者はいくつかの雑誌で映画評や自己啓発の記事を執筆しています。

全て表示する >

今週、いちばん癒せる映画! vol.68 若者の(誰もの?)いちばん深い欲望を描く 『リメンバー・ミー』

2011/08/19

筆者の映画評アーカイブはこちらのブログからご覧ください。
http://ropponguimovie2.seesaa.net/

【語学学習はrosetta stone】
留学経験のない筆者がさまざまな語学教材を試した結果、
効果、コストパフォーマンスの上で「非常に優れている」と感じています。
私は現在フランス語レベル3学習中です。
一緒にがんばりましょう
(契約の都合で直リンクがはれないのでこちらのバナーからお願いします)
http://rawbeauty.seesaa.net

みなさん、こんにちは。
長い長いお休みの期間を経て、やっとこのメルマガを
復刊することができました。
週に1回ペースで配信していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご紹介や転載は、出典をあきらかにしていただければOKですので
どんどんリンクはってください^^

【若者の(誰もの?)いちばん深い欲望を描く『リメンバー・ミー』

今週紹介する映画、『リメンバー・ミー』
『トワイライト』でアメリカのオトメたちの心をかきたてるヴァンパイアを
演じた、ロバート・パティンソンが、作品に惚れ込んで、
(『トワイライト』以前に出演を決めていたそうです)
主演と製作・総指揮をつとめました。
現在25歳のロバート・パティンソンですが、早い段階でこのような
映画へのかかわり方を確立し、今後、映画業界を牽引する若い力に
なるかもしれません。

公式サイト
http://www.cinemacafe.net/official/rememberme/

1991年のニューヨークで(この年が、物語に重要な影響を及ぼします)
22歳を目前に迎え、家族全体が、数年前に起きた兄の自殺が
およぼす影から抜け出せない中で苦しみ、いらだつ若者、
というのが、ロバートの役どころです。

母親と離婚していて現在一緒に住んでいない父親を
5代目ジェームス・ボンドだったピアース・ブロスナンが演じているのですが、
あの風貌で(昔よりずっと渋くなって)、全身ラルフ・ローレン?
みたいなNYヤッピーの弁護士(仕事中毒気味で息子とうまくいいっていない)
を演じているのですが、血気盛んだが社会にまだ脚がついてない息子と好対照。

ロバート演じるタイラーは、母親、母親の再婚相手、(たぶん異父妹?)
11歳の小さな妹と一緒に住んでいますが、17歳のときに自殺した兄のかげから
抜け出せない。『エデンの東』の中でジェームス・ディーンが演じたキャルが
双子の弟、アーロン(優等生だった)の死の影に引きずられているのと似ています。

イライラ、鬱々とした生活を送るタイラーは、ある
いたずらから一人の女性と出会います。
夜中、ストリートでの喧嘩をとがめられて警官に逮捕されてしまった
タイラーは、その警官の娘が同じ大学で聴講していることを知り、
友達にそそのかされて彼女・アリーに近づきます。
しかし、10年前、地下鉄のホームで、彼女が見ている前で
母親が強盗に射殺された彼女もまた、
父親ともども、心に傷を抱えており、タイラーとアリーは急速に近づきます。

双方の父親との確執、妹の学校でのつらいいじめなど、
痛い試練を経験しながら、やがて家族たちの心は癒しに近づいていきます。

最後の最後に、大きな事件を彼が襲うのですが……。

この作品、原作を無名の新人が書き下ろしたということも
あってか、ちょっと、物語がイタすぎ、強引すぎ、みたいな感じもちょっと
しちゃったのですが、若いロバート・パティンソンはそこにひかれたのかも?
作品のできたエネルギーが、「若さ」「荒削りさ」なのも、
この作品の魅力といえるかも。

映画のタイトルとなっている「リメンバー・ミー」=
「私を忘れないで、私を覚えていて」という心の叫びも
人の心が青いかぎり、ずっと持っている気持ちです。
その欲望が、まっすぐに表された映画といえるでしょう。

かなり王道の「癒し映画」の部類に入ります。

お読みいただき、ありがとうございました。

『リメンバー・ミー』
2011.08.21公開
公式サイト  http://www.cinemacafe.net/official/rememberme/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-12-01  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。