営業

超入門!コミュニケーション術

コミュニケーションは『術』としての学習や訓練が必要!そして、はじめて相手のことが分かる人間になれるのです。

メルマガ情報

創刊日:2006-11-03  
最終発行日:2006-11-08  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

      超入門!コミュニケーション術 
        
                            創刊号
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【目次】

・コミュニケーションってなに?
・こころの動きが手にとるように分かるNLP
・聞き返し上手


【コミュニケーションってなに?】

はじめまして〜!今回メールマガジンを発行することになりました
デイトレのとおると申します。

私は、ごく一般のビジネスサラリーマンです。

コミュニケーション力が重要だということが、今とみに高まっている
という認識は多くの人が持っていると思います。

プライベートな人間関係でも仕事でも、コミュニケーション力の欠如
からトラブルを招くことが多いですよね。

仕事をする上での『力』として第一歩にあげられるのも、コミュニケー
ション力だと言われています。

では、コミュニケーションとは何か。

それは、意味や感情をやりとりする行為だと私は考えております。

このやりとりする行為は、一方通行では成り立たないという意味で、
相手があってはじめて成立するものです。

つまり、この相手の感情や考えていることをしっかり理解し、伝え合い
分かち合う行為がコミュニケーションと考えてよいと思います。

情報伝達というような一方通行的なやりとりは、コミュニケーションと
呼ばないのです。

ここまで書いて、重要なポイントがひとつもう理解できると思います。

それは、

『相手の感情や考えていることをしっかり理解する』というこちら側の
姿勢や行為です。

これは、まずは気持ちの持ち方の問題のように普通は考えてしまいがち
です。

ただ、実は気持ちだけで相手のことを理解できるほど、それは簡単では
ないのです。

そこで、もう少し深い部分で、人とのコミュニケーションを学び、さらに
掘り下げた部分のコミュニケーション術なるものを身につけていく必要が
あると私は考えております。

このコミュニケーション術というものは、しっかりと学習や訓練をする
ことではじめて身につくものなのです。


【こころの動きが手にとるように分かるNLP】

みなさん、NLPってご存知ですか?
最近よく聞く言葉なんで、知っている人もたくさんいる、と
思います。

私は、よくこのセミナーに参加して、会社員としての最低限のコミュ
ニケーション術を学んできました。

このNLPについては、詳しくは書籍もたくさん出ていますので、
ここでは割愛させていただきます。

そのNLPセミナーで学んだコミュニケーション術が私の基礎を
築いているものとなっています。

要だけ点を言うと、『相手のこころが手にとるように分かる』という
ことが追求するツールと考えてもらってよいです。

このNLPのセミナーや会社員として学んだコミュニケーション術の
すべてをこれから皆さんに惜しみなくお伝えしていきたいと思います。


【聴き返し上手について】

それでは、今回は、まず聴き返し上手について書かせていただきます。

コミュニケーションの第一歩は、話すではなくて、
『聴く』だということだと私も強く認識しております。


この聴くという作業をより高度化することが、聴き返し上手
ということになると考えています。

いい加減な聞き取りで、分からなかったことを再度聞くと
という意味ではありません。

あくまでもコミュニケーションを目的とした会話手法として
聴き返すということを捉えてみてください。

今日は、そのポイントのみを書きます。

 ●語尾をそのまま繰り返す。
 ●長い話の場合は、要点をまとめて返す。
 ●キーワードを選別して返す。

ということが挙げられます。

これら3つのポイントが、コミュニケーションにどのような影響を
及ぼしていくのかを、次号で詳しく書かせていただきますね。


それでは、お楽しみにしてください。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行者:とおる
このメールマガジンのお問合せは:agatsuma25@yahoo.co.jp
登録解除はこちらから:http://***********************.htm
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

最新のコメント

  • コメントはありません。