トップ > 学校・教育 > 受験 > 高校受験:社会対策(応援)メールマガジン

高校受験:社会対策(応援)メールマガジン

RSS

元塾講師が高校受験対策として社会(歴史、地理、公民)科目の情報を掲載します。二択(クイズ)問題を中心に、確認問題等掲載しています。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2015-01-21
発行部数:
121
総発行部数:
97949
創刊日:
2006-09-26
発行周期:
毎週金曜日(第5週を除く。)
Score!:
98点

■年号を明治にしたのはいつ?by高校受験:社会対策(応援)メールマガジン

発行日: 01/21

〜PR〜【あなたのお子さんが公立高校入試で社会は98点が取れる分かりやすい授業】

■あなたの大切なお子さんのお勉強に関して、以下のようなお悩みが
 ありませんでしょうか?

□いよいよ子どもが中3生だというのに勉強に対して全くヤル気がな
 い。大切な時期なので、ヤル気を出して欲しい。

□家で勉強する姿を、ほとんど見ることが出来ない。短い時間でもい
 いから、自分から勉強机に向かって、勉強をするようになって欲し
 い。

□はっきり言って得意教科がない。どの教科でも良いので、ぜひ成績
 を上げて欲しい。

□親子ともに初めての受験で、このままで大丈夫だろうかと正直不安。
 志望校に合格できそうだという安心が欲しい。

もし、4つのうち1つでも当てはまる項目がありましたら、以下のペ
ージをご覧ください。きっと、お役に立ちます。↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=169951&iid=52451
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□=☆ == == =
高校受験:社会対策(応援)メールマガジン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□==☆===★===

2015/1/21号(毎週金曜日(第5週を除く。)配信)

■□■目 次■□■ 

◇今日の問題:『年号を明治にしたのはいつ?』
◇ブログ:問いかけ一問一答えより

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 


長期の未配信、申し訳ありません。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 

◇ニュース記事クイズ

◎今なお現役 明治期のミシン 産地の「遺産」守り抜く

日本一の産地として隆盛を極めた行田の足袋産業が衰退を始めたのは
戦後、日本人の日常的な服装だった和服が消えていった時期に重なる。

二〇〇四年時点の生産量は百四十一万足と、ピーク時の五分の一以下
に激減。

現在、足袋を市内で製造する会社はわずか四軒を残すのみとなった。

そのなかでも気を吐くのは地元最大手の「きねや足袋」(中沢貴之社長)。

二十年前に従業員百人規模の主力工場をベトナムに建設し、国内の足
袋メーカー二位の地位を保っている。三十三人の従業員が働く本社工
場では高級品を中心に一貫生産を続けている。


十三ある工程の中で特に熟練の技が求められるのが足袋のつま先部分
を縫い合わせる「爪(つま)縫い」と呼ばれる工程。五つのパーツを
組み合わせ、指先の繊細な履き心地を出すために職人は「爪縫ミシン」
という専用ミシンを駆使する。左手で生地を押さえながら途中で何度
も右手でミシンの歯車を変える複雑な作業を繰り返す。


この道四十年というベテラン女性(58)は言う。「着物文化がある
限り、足袋は絶対なくならないし、なくしません。この生産技術を守
っていきたい」


同社に十台残る爪縫ミシンは明治時代後半から大正にかけて輸入され
たドイツ製で「ドイツ式八方ミシン」という呼び名もある。元は革靴
職人用に開発されたものを日本で足袋製造用に改良が加えられた。

呼び名に「八方」とあるのは「四方八方に縫える」という意味からと
いう。


百年以上の年代物がいまだ製造現場で現役でフル稼働しているという
のは驚きだが、それを支える維持管理部門の人材があってこそ。

同社では、二年前に足袋の全工程を一人で縫える職人として伝統工芸
士に認定された山下仁さん(38)がミシンの維持を一手に担ってい
る。

一台に百三十点の部品があり、それを旋盤などで一個一個手作りする
という地道な努力の積み重ねが縮んでしまった産地に活力を与えてい
る。

Q.年号を明治にしたのはいつ?

A 1866年
B 1867年
C 1868年
D 1869年




〜PR〜 『開倫塾 合格必勝パック』

栃木・群馬・茨城で15年間!のべ20000人の受験生が効果を体
感した学習法

基礎基本を繰り返し反復しながらながら、偏差値UPを目指す学習シス
テム

【価格:5,000円(税込み)】
(※送料 全国一律700円が別途かかります。) 

■詳しくは、こちらから。↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=169951&iid=51797







答えは、Cの【1868年】です。

明治は、1868年1月25日から1912年7月30日までの期間を言います。

日本での一世一元の制による最初の年号です。


一世一元の制→【その天皇の在位の間は、1つの年号を用いる。】
ことです。


ちなみに、五箇条の御誓文も【1868年】です。

五箇条の御誓文は、明治天皇が神に誓う形で出されました。


■明治神宮HPにあります【五箇条の御誓文】に関するページです。↓
http://www.meijijingu.or.jp/about/3-3.html


〜PR〜

大学入試にもつながる高校受験勉強法マニュアルDVDとは?

詳しくは、こちらから。↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=169951&iid=43282

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 

◇ブログ:問いかけ一問一答えより


■1894年に日清戦争が始まりますが。。。

では、日本は、日清戦争の賠償金の一部を使い、何を作ったの?

答えは、こちらから。↓
http://juken-edu.seesaa.net/article/50612477.html


■1911年に日本は、完全な条約改正を実現しますが。。。

では、条約改正の世論が高まった事件とは?

答えは、こちらから。↓
http://juken-edu.seesaa.net/article/50165974.html


■1905年に、日本とロシアの間で、ポーツマス条約を結びますが。。。

では、その条約の仲介をしたアメリカ大統領は、誰?

答えは、こちらから。↓
http://juken-edu.seesaa.net/article/49089987.html


『明治時代』に関する問題(バックナンバー)です。
http://juken-edu.seesaa.net/category/1902093-1.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールマガジンは、まぐまぐさん、メルマさんのご協力で配信し
ております。

ご購読の解除は、以下のURLからお願い致します。

■まぐまぐさん→ http://www.mag2.com/m/0000209357.html
■メルマさん→ http://www.melma.com/backnumber_162735/





ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/12/03
    読者数:
    23723人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. 成績がイイ子の親だけが知っている!新「勉強の常識」

    最終発行日:
    2016/12/01
    読者数:
    706人

    学校でも、塾でも教えてくれない「勉強の常識」があります。できる子の親だけが知っている「常識」とは。ストロング宮迫が、大きな声でこっそりあなただけに”16文キック!”

  3. 大学受験!目指せノーベル賞・はかせ塾!

    最終発行日:
    2016/06/18
    読者数:
    248人

    難関大学に合格してノーベル賞を目指そう! 公立出身ながら京大に合格した経験を持つ(み)が、悩める全国の受験生のみなさんに受験勉強のヒントとコツを大・大・大伝授! でも実行しなけりゃ合格できないけどね

  4. 中学からの作文・論文

    最終発行日:
    2016/12/01
    読者数:
    141人

    作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。対象は中学生以上。

  5. 漢字とあそぼう

    最終発行日:
    2016/12/03
    読者数:
    153人

    小学校と中学校で習う漢字、漢字検定の漢字を楽しく学習。テーマごとの例文から、「読み書き+使い方」も身につきます。

発行者プロフィール