雑学

【雑学DE雑学しましょ!】

知って得する雑学、心豊かになる雑学、話題提供トレビアな雑学、いつかは役立つ雑学、さまざまな豆知識・雑学シリーズです。気楽に読んで楽しんでもらえれば嬉しいですね。内容豊富雑学満載で話題は毎回ランダムに。

全て表示する >

雑学DE雑学しましょ!Z-16

2007/03/16

      ┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓
       あ  な  た  の  評  価  は  ?
      ┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗━┛
    記事を読んだら、あなたの評価(感想)をつけてください!
        このメールの一番下から、評価ページへGO!!
□------------------------------------------------------------------□

          雑学DE雑学しましょ!   Z−16

□------------------------------------------------------------------□
  雑学DE雑学のサトサチです。

 知って得する雑学、心豊かになる雑学、話題提供のトレビアな雑学、
 いつかは役立つ雑学、さまざまな豆知識・雑学シリーズ。

 皆様、お楽しみいただけてますか? 内容豊富雑学満載です。
----------------------------------------------------------------------
 今回は、深刻、生命シリーズを雑学します。

           ∞∞∞∞ 目次 ∞∞∞∞


       ■□ 「生命誕生と死」を雑学 □■


       ■□ 「運動中突然死」を雑学 □■

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

私はコンピューターソフトの会社のサラリーマンでした。
不景気で、昇給なしボーナス減額、残業手当てはカット、
収入が減りリストラで人員不足で作業は山積み!!!
まさに薄給重労働の世界でした。

生活のための借金が返せなくて、滞納して督促状は届くは、
電話はかかってくるは、家賃も光熱費もどれも滞納、
車は処分、貧乏で夫婦仲も悪くなり嫁は実家に戻り別居、結局離婚。。。
残ったものは月に15万円の返済だけ。。。
資金も信用も何もありませんでした(-_-;)

あと5万くらいがあったら、少しはましに・・・と思い、
インターネットで「副業」を探し見ず知らずの方から
このビジネスを知って、 http://z.la/g1wgn
「自分にも出来きそうだなぁ〜、やってみたい!」そう思えました。

サラリーマンの副業として始めることが出来ました。
このお仕事で最初の月になんと希望していた金額が!
休日にアルバイトすることを考えたら本当に助かりました

副業で続けているうちに本業の給料を超えて、
<脱サラ>も<脱サラ金>も出来そうです。
このビジネスチャンスに出会い、毎日がわくわくしています。



■□ 「生命誕生と死」を雑学 □■


■ 偶然か、自然の神秘か?人間の死と誕生の驚きデータ


葬祭関連の仕事の方と話をした時、新聞の話題で少し気になったが、
始めにチェックする記事が、毎日決まって掲載される死亡記事だとか・・・。


社会面の下段に、少なくても2〜3人、
多ければ10人前後の有名人が記載されている。

その記事を読んでみると、死んだ人の肩書き、年齢、死亡原因、
死んだ時間などが掲載されているのだが、面白いことに、
(死亡記事を面白がるのはよくないことだろうが)
たいていの人が、午後11時から午前5時の間に死んでいるのだ。


実はこれ、医学的なデータの上で、有名人でなくても、
ほとんどの人がその時間帯に死ぬことが証明されているのである。


交通事故などの不可抗力によって死亡する場合を除いて、
人間の約70%は午後11時から午前5時の間に死ぬのだ。


さらに、人間が誕生する時間も同じで、
およそ7割の赤ん坊が産声を上げるのは真夜中なのだ。


これは何故か?

その理由については全く明らかにされていない。

が、どうやら、月の満ち欠け、潮の干満などが
生物としての人間の生命を司るひとつの力になってという見方が強まっている。



月からの引力によって潮の干満が起こるのだが、
満潮時刻はだいたい午後11時から午前0時頃、
干潮時刻は午前5時近辺になる。

ちょうど、月が潮を引き戻す時間帯に人間は天に召し取られるのだという。



また、女性の平均的生理周期が、
月の周期に合った28日であることも考え合わせれば、
赤ん坊が俗界に引き出されるのが、月の力であるといわれでも、
あながち間違ったことではないかもしれない。

ただ、人間は死ぬことは制御できなくても、
誕生時間はコントロールできるようになってしまった。

真夜中に赤ん坊が生まれるとなると、様々な面で面倒臭いことが起きる。
そこで、産婦人科などではたいてい、
昼間に出産が行われるようにしてしまっているのである。


何かと悩みの多い現代人。
それはもしかすると、自然の摂理に逆らって生まれてくるせいかもしれない。



せめて死ぬときぐらいは、自然の法則のままに、
真夜中にそっと天に召されてもよいのではないでしょうか?





実は私、現在妊娠中で、今年から保育園に通う3才の子供がいます(^_^;)
これから、多忙な日々が待っている状況で、
私にも稼げるチャンスはあるのでしょうか(?_?)

正直、二人めを出産するにあたって、借金を少しでも減らしたい…(ToT) 
だんなは頑張って働いてくれていますが、何しろ給料が安いので、
将来の不安がいっぱいで、安心して子供も産めません。

そんな時でした、PC検索で探して、このHPに行き着きました。
 http://z.la/u5w4u
そして、いまはこのお仕事をしています。
元気な子供に恵まれて、収入も在宅で子育てしながらなのに、
だんなと同じになりました。返済も完済です。
将来の夢に向かって、毎日楽しく頑張っています。





■□ 「運動中突然死」を雑学 □■

■ ゴルフ中に突然・・・


健康志向の高まるなか、スポーツ人口は年々増加の一途をたどっているが、
一方で見逃せないのが中高年層のスポーツ中の突然死。

東京都監察医務院がおこなった調査では、
都内でスポーツ中に突然死した人は、
全体の60%強が30歳以上の中高年層という。


種目別ではジョギングなどランニング、エアロビクスなどダンス時、
ゴルフプレー中がベスト3。


その死因の8割が心臓・血管系の疾患だ。
ランニングやエアロビクスのように激しい運動が突然死につながることは
十分に理解できるが、意外なのが、第三位のゴルフではないだろうか。

特別ハードなスポーツという印象はないし、むしろゲームに近い印象がある。



ゴルフ・ドクターの異名をとる有川清康博士はそこらへんの理由として、
ゴルフのメンタル面でのプレッシャーを指摘している。

ゴルフは1.5ラウンドで平均1万メートルも歩く。
しかし歩くだけならいいが、
その上にティーショットやパターのときのプレッシャーが加わり、
その結果血圧がグーンとあがる。


しかも、気分が悪くなっても、コースの途中で抜けるわけにはいかない。
こうした事情が重なって、不幸な結果につながるケースが多いのだという。



ゴルフといえば、日本の場合、まず多いのが接待ゴルフ。
スポーツといえども、気をつかいながらプレーをしている人が多いのも、
突然死の増加につながっているのかもしれないですね。



今回は、ここまでです。また・・・。
----------------------------------------------------------------------
■□□ 雑学も間口広くて、奥は深いですよね! □□□
□   関心のあるテーマで入ると面白さは倍増ですよ。
□   今回も、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
□   よかったら、次回もご覧くださいませね!
□                     雑学DE雑学  サトサチ
===================================
□□□   melma!マイメルマ   □□□
□ ご意見、ご感想、お問合せは:satosati19@yahoo.co.jp
□ 購読・解除 :http://www.melma.com/backnumber_00162645/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-09-21  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。