ゲーム

ゲームおもしろレビュー

もう、クソゲーをつかまされる日々にさよなら!!こんなゲーム、あんなゲームをズバッと斬ります!!

メルマガ情報

創刊日:2006-09-19  
最終発行日:2006-09-29  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

クソゲー 懐かしい響きです。
今みたいにインターネット社会でない、十数年前は、
多くの子供たちが、情報の少なさから、これらを掴まされて
泣いておりました。
ええ、私もその1人です。

しかし、今ではネットでは数多くのレビューサイトが存在するので、
発売後のソフトを購入する際に、参考になる感想が山ほどあります。

このメルマガでも、そんな参考材料の1つになれば嬉しいと思って
毎回、ゲームを批評していきますので、よろしく!!

初回は、まず、ICOを取り上げてみます。

主人公の男の子が少女の手を引いて多くの仕掛けを解き、城を脱出するアクションアドベンチャー、ですがアクションがニガテな方にはあまりオススメできません。
時々タイミングや操作がシビアになるので。

でも操作性は良い方だし要所に配慮がみられるし難関を一つ越える毎にセーブポイントがあるし、アクション全然ダメって人以外はなんとかなるレベル。
珍しいのはメニュー画面がない、つまり体力ゲージやアイテムがないという事で、先へ進むために仕掛けをクリアする事のみ専念していれば一本道なのでクリアできる点です。
大昔のゲームみたい。

特筆すべきはグラフィックと、キャラの非常に生々しく細かいアクションで、存在感が物凄く、この二点から感じられる雰囲気、味わいは素晴らしいです。

これを味わうために買ったも同じです。視点はそう見づらい事はないですが辺りを見回そうと思うと、ある固定の一視点(主観でなく)からのみなので難があります。
仕掛け(謎解き)をこなしていくには回りをよく見ていればそれほどズルイものはありません。ただプレイヤや少女に何ができるのかの見極め、想像力を働かせなければならず、思い付かない場合は結構ウロウロする羽目になります。
「こういう事はできない」と思い込まない事です。童話のようなシナリオは全くひねりがなく、スジが読めるのですが雰囲気や世界観がこれもアリかと思わせ、ハマった人は感動するでしょう。ボリューム的には「普通…いや少ないかな?」て位で、クリア後のオマケ等ややり込み要素はなさそうです。。。

最新のコメント

  • コメントはありません。