トップ > 仕事&就職 > 資格 > 民法のカユイところ!

民法のカユイところ!

RSS

司法試験、司法書士試験などの択一過去問から、勘違いしがちな「カユイ」ところを、ご紹介していきたいと思います。
隙間時間の復習に活用してください。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
-
発行部数:
35
総発行部数:
-
創刊日:
2006-09-13
発行周期:
毎週月・水・金
Score!:
-点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

はじめまして。ライナスです。

このメルマガでは、司法試験、司法書士試験の択一過去問の中から、うっかり間違ってしまう問題、勘違いしやすい問題を、ご紹介していきたいと思います。

お昼休みや、本を読めない満員電車の中などの、ちょっとした隙間時間の学習にお役に立てれば幸いです。

なお、カユイ内容のセレクトは、私ライナスの独断と偏見によるものです。あしからず。

さて、では、早速、第1問を見てみましょう。

------------------------------------------------------

◆第1問 親族 婚姻の効力

カユイ度)★★★☆☆

「配偶者が死亡した場合、姻族関係の終了と生存配偶者の復氏は、無関係である。その一方だけをすることも、双方をすることもできる。」

配偶者が死亡した場合、姻族関係は当然には消滅しません。生存配偶者が、消滅の意思表示をした場合にのみ消滅することになります(民法728条2項)。

また、婚姻の際に氏を改めた生存配偶者も、当然には復氏しません。生存配偶者が、戸籍上の届出をした場合にのみ復氏します(民法751条1項、戸籍法95条)。

そして、この姻族関係の継続・消滅と復氏は、全く独立の関係にあります。

常識的に想像すると、旦那さんを亡くなられた未亡人の女性が、その旦那さんの姻族と関係を消滅させる場合には、氏も戻すのが通常のように思えます。

姻族関係だけ消滅させて氏は戻さないとか、 氏は戻すけど姻族関係は消滅させないとかは、あまりないのではないでしょうか。

しかし、法律上の制度としては、両者は、独立のものなので、問題を解く際には、注意が必要です。

------------------------------------------------------

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 覚える!重要判例のツボ

    最終発行日:
    2005/08/23
    読者数:
    115人

    司法試験、その他の法律系資格を勉強されている方に最適!重要判例の言い回しを穴埋め形式でおくります。 毎回新しい判例を掲載しますが、1つの判例は連続5回掲載されますので、読むだけで繰り返し学習となり、記憶する手助けになります。

  2. 民法 条文 帳

    最終発行日:
    2016/08/13
    読者数:
    164人

    お店で買い物したり家を建てたり、我々の日常生活と密着な関係のある民法。各種資格試験にも必需の民法。条文が基本。ざっと読んだり書き込んだり使い方はあなた次第。民法とその関連法の条文ノートのメルマガです。

  3. 行政書士試験の民法★1問1解!過去問集

    最終発行日:
    2009/08/10
    読者数:
    149人

    民法の条文・過去問を極め、行政書士試験を制し、ぜったいに合格してやるっ!!現役行政書士が1問ごとに丁寧に解説。条文もセットになって1問1ページ単位で構成されてます。

  4. 毎日3分!条文+豆知識で民法完全制覇!

    最終発行日:
    1990/01/01
    読者数:
    44人

    毎日3分で、民法の条文を一つずつ解説します。このメルマガを読めば民法と法律を完全制覇できます。宅建、行政書士、司法書士、公務員試験、司法試験などの法律系資格試験の受験におすすめ!

  5. 司法書士合格大作戦

    最終発行日:
    2014/03/22
    読者数:
    424人

    司法書士試験を独学&短期で合格した勉強方法や暗記法等の紹介、そして受験生なら必ず知っておくべき知識の整理や似たような規定をできるだけ比較しながらわかりやすく説明していきます。民法から供託法に至るまで横断的に知識の整理をしていきます。

発行者プロフィール