トップ > マネー・政治・経済 > ビジネス一般 > 世界の工場・中国の実情から学ぶ工場改善手法

世界の工場・中国の実情から学ぶ工場改善手法

RSS

中国ビジネス、中国進出を考えている方必見!中国工場で品質管理・品質改善指導を行なっている改善のプロが、中国の実状とそれへの対応の考え方、方法を事例を交えて紹介しています。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2016-11-22
発行部数:
51
総発行部数:
13907
創刊日:
2006-09-04
発行周期:
毎週火曜日
Score!:
-点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

□■□−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−□■□
   ☆世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法☆          
□■□−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−□■□


「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」をお届けします。

中国の工場で日々ご苦労されている駐在員の方に、工場改善・品質改善のヒ
ントとなるような情報をご提供していきます。

主にわたしが、中国駐在員時代に実際に起きた出来事を中心にお伝えしてい
ます。品質トラブルから工場運営まで、日本で通用していたことが通用しな
い中国。その中国工場の特殊事情への対処の参考になれば幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■  価格と品質は比例関係にある?! ■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
●ある韓国系部品メーカーの董事長にお会いした時に、その方がお話された
内容について紹介する。

●このメーカーは、主に線材を加工しており、その業界では大手企業だ。

●最近の市場や顧客からの要求について。
     ↓
価格は、下がるところまで下がっている。
それに加えて、品質/精度の要求は厳しくなっている。

●価格に関しては、中国製の材料を使うことで対応を考えているが、やはり
品質的に問題がある。他社(日系、中国系)では、中国材を使って価格を下げ
ている会社もあるが、品質的にはどうだろうか?
           ↓
          懐疑的であった。

●この会社としては、用途/要求に合わせて材料を使い分けていきたい。
しかし、それも顧客の理解が得られ泣ければ出来ない。

●競合は日系、中国系がある。日系は大手4社、中国系は大手2社がある。
この董事長が見た中では、中国系はやはり管理がよくないし、出来ていない。

●中国系の会社と1時交流があったが、うちの会社のスタッフを引き抜くこ
とをやったので、今は止めた。

●中国材は、元の原料自体もレベルが落ちる。線引きもよくない。
→線材は、母材から線を延ばす伸線という工程を通って、加工メーカーに納
入されます。これを線引きと言います。

●最後に言われたこの言葉が、強烈に胸に響きました。
     ↓
中国メーカーは、1年で変わることがある。TOPがきちんとやればよくなる。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 今日のポイント ■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
●どこの業界でも、価格は下がるし、品質/精度要求は厳しくなっている。
     ↓
実は、わたしがいた会社でも同じことをメーカーさんに要求していた。
ついて来てくれるうちはいいのですが、いずれ限界が来る。

●その時に更なるコストダウンを得るためには、用途/要求に合わせて使い分
けることも必要になってくる。
     ↓
またまた恥をさらすようですが、わたしのいた会社では部品の標準化が進み
すぎて、これがほとんど出来なかった。
     ↓
●みなさんの会社ではどうでしょうか?
会社の規模が大きくなればなるほど、出来なくなっていませんか?
本当は、大きければ大きいほどこのような取り組みが必要なのだが。

●中国メーカーは、1年で変わることがある。
     ↓
現状は取引できない中国メーカーでも、1年で大きく変わることがあるので、
定期的に見ておくことが必要だ。

●TOPがきちんとやればよくなる。
     ↓
まったく同感だ。以前このメルマガで新規メーカーの選定についてレポート
した。その中でTOPにやる気があるかないかが最重要ポイントと記した。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 補足
――――――――――――――――――――――――――――――――――
●同じ業種で交流を持つことは、いいことだと思う。
その交流先のスタッフを引き抜くとは。中国メーカーはやっぱりと言うか、
仁義がない!

●実は、その引抜をやった会社ですが、わたしも知っている会社で、このメ
ルマガでも以前その品質管理状況をレポートしたことがある会社だった。



――――――――――――――――――――――――――――――――――

【編集後記】
昨年からコーチングの勉強をしていると以前紹介させてもらった。
その成果と言ってはなんだが、GCSの認定コーチの資格を取ることが出来ま
した。これからは海外でがんばっている人にコーチングを広げる活動にも取
り組みたいと考えています。



□■□−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
みなさんのご意見、ご感想をお寄せください。
メールはこちらへ
 imp4china@yahoo.co.jp
みなさんのご意見、ご感想はとても刺激になります。より質の高いメルマガ
にするためにも、みなさんのご意見・ご感想をお待ちしています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[発行責任者] 根本 隆吉
[編集・発行] KPI Company (改善事務所プレスト・インプルーブ)
ホームページ http://www.prestoimprove.com/index.html
ブログ http://blog.livedoor.jp/prestoimprove/
[連絡先]     imp4china@yahoo.co.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−□■□

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 前に進もう!

    最終発行日:
    2016/11/29
    読者数:
    171人

    現状にとどまっていないで、前に向かって進もう! 固定化・マンネリ化した状況から抜け出し成果を上げよう!

  2. TODAY経済レポート

    最終発行日:
    2016/12/02
    読者数:
    858人

    ナレッジの宝庫であるシンクタンクや金融機関・コンサルタントなどが公開している経済・経営・金融・産業・ネットビジネス関連などの新着レポート情報を毎日、お届けします。ビジネスパーソン・大学生必見。

  3. ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

    最終発行日:
    2016/11/25
    読者数:
    2214人

    【受講者数1万5千人以上!】 MBAホルダーがビジネスに必須のビジネス理論をわかりやすく解説。経営戦略、マーケティング、ファイナンス、人事・組織戦略などビジネススクールで学ぶ理論を無料で提供しています。

  4. 新・中国ビジネス入門 〜初めてでも失敗しない対中交渉〜

    最終発行日:
    2016/11/15
    読者数:
    279人

    @ITでも好評連載中!日本唯一の中国オフショア開発専門マガジン。プロジェクト管理マニュアルは通用しない?決して他では教えない、言葉文化の壁、常識や慣習の違い、業者選定の失敗談など本音で暴露!

  5. 『自分時間』のための段取力

    最終発行日:
    2016/11/28
    読者数:
    77人

    1日24時間のうち、あなたの「自分時間」は何時間ありますか?少し意識をするだけで、「仕事時間」を「自分時間」に変えることができるとすれば?その「少しの意識」を呼び起こすお話がこのメルマガです。

発行者プロフィール