福祉・介護

『施設長の資格』〜障害者施設の舵取り指南

障害者総合支援法で日本の社会福祉の枠組みは大きく変化しつつあります。総合支援法を最大限活用して新しい障害福祉サービス提供していくために、障害福祉施設を舵取りする施設長・管理者のとるべき道を全国の福祉施設スタッフ10万人にお届けします。

メルマガ情報

創刊日:2006-08-29  
最終発行日:2017-01-01  
発行周期:毎月1日・15日  
Score!: 96 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 名無しさん2014-02-02 09:27:29

    いつもハッとさせられるお話をありがとうございます。

  • 名無しさん2011-12-21 09:13:21

    いつも感じることがあります。

  • 名無しさん2008-01-02 16:12:49

    施設=施設長。施設長の選定は、各福祉施設でどのように行われているのでしょうか?行政からの天下り、実力主義ではない、単なる経験年数・・・企業ではあり得ないことが福祉施設では常識です。

  • 名無しさん2007-12-03 13:20:40

    三重県出身なもので、赤福のくだりに反応してしまいました。そうなんです。伊勢の観光産業は赤福の協力なしでは語れません。儲け主義のダメな会社だという報道は胸が痛みます。



    授産製品の営業は、具体的にどうして行ったらいいのか、先に進めずにずっと悩んでしまっています。他業種できっちり営業をしてきた人を雇用した方がいいのではと思うのですが・・・。

  • 名無しさん2007-12-01 16:19:49

    毎回楽しみにしています。



    就業規則の見直し、大切ですよね。そして、正しく運用していくことも。



    私が以前勤務していた施設は、タイムカードがなかったので、出勤簿は手書きでした。そして、1時間早く出勤したように書いて、実際には休憩をとらせず8時間通し勤務でした。



    施設長は休憩のとれる場所もないし、時間もないから・・・と言っていましたが、休憩なり休日をとろうという前提で仕事の仕方を考えないと前に進みません。やることをやらず、次から次へと精神疾患で辞める職員がいるので常に欠員状態です。そのことを運悪く雇った職員が病気を抱えていたから・・・と理由づけていましたが、職場が病気にしているのでは?と思ってしまいました(私も病気でやめた一人です)。



    結局、職員に無理を強いていることが欠員状態につながり、自らの首を絞めているように思います。私の姉も福祉施設に勤務していますが、「施設は職員に甘えすぎている」という言葉にとても納得しました。