出産・育児

BABY-KIDS NET NEWS

子育て中のママとパパに、今話題になっている子育て情報や悩み相談を中心に送ります。育児コラムもあります。

全て表示する >

BABY-KIDS NET NEWS 2000年12月20日号

2000/12/20

☆☆Enjoy! 育児 Life☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 総発行10920部☆
☆BABY-KIDS NET NEWS        まぐまぐ8899 melma1889  Pubzine132           ☆
☆[B-K NEWS]                                2000年12月号 20日号        ☆
http://www.baby-kids.ne.jp/(ここにあるすべてのコーナーはここから)      ☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

===[PR]=================================================================
■■■■■■■USA子供古着専門店  USED CLOTHING CHOCOLA■■■■■■■■

OSHKOSH.LEVISのdenim-line中心にオーバーオール.ジーンズ.ジージャン.ネル
シャツ.sweat.フリース等 本物の<アジ>のある一着を提案しています
                http://www.asahi-net.or.jp/~ua9f-knmt
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
=================================================================[PR]===
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
( 八_八_八 ) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        (_八_八  )
( |∩ ∩| )│パーティーや忘年会シーズン│ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ │∩ ( )
( (* 0 *) )│体重が激増してしまったら…││キャンペーン│ε @) )
( > < )|ウイズダイエットでやせよう│|実施中です★| > < ̄
 15年の実績  \________________________/  \__________/成功者は
   http://adcharge.com/j.cgi?00kp003005ts12cz00995pm22 15万名を突破
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ adcharge.com ━━
========================================================================
<<<<<<<<<<<<<ヘッダー広告募集中くわしくはこちらへ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
http://www.baby-kids.ne.jp/news2.htm
-----------------------------------------------------------------------
★★★目次★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
●B-K NEWSの発行について
このメールマガジン(電子メールの雑誌)は子育て総合サイトBABY-KIDS NET
からお送りしています。もちろん購読は無料です。
  
豊富な内容をお届けするために月3回発行しています。

なお、この薬剤師Mippiさんのコラム号は毎月20日発行になります。

発行日 メインコンテンツ
1日 BABY-KIDS NETからのホットニュースと育児コラム
10日 看護婦まゆきさんの育児相談コラムと育児メールフレンド募集
20日 薬剤師Mippiさんの薬についてのコラム
のような発行に変更になります。

━━ MENU ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Mippi の子育て奮闘記         ・ 下の子の気持ちって???
◇ もっと知ろうよ、お薬のこと   ・ 薬の?やめ時?について
◇ 海の向こうの医療事情        ・ 日本はフッ素後進国???
◇ 編集後記      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆ Mippiの子育て奮闘記        ・下の子の気持ちって???

子育てをしていると、いろんな場面で自分の両親のありがたみを感じますよね。
私も、たくさんたくさん感謝しています。
でも、今振り返っても、とても不満だったことがあります。
それは、事あるたびに「お姉ちゃんでしょ。」と言われたこと。

ですから、下の子が誕生して以来、私の子育てのポリシーに?上の子に私のよう
な思いをさせたくない?ということが加わりました。

まず、「お兄ちゃん」を強調するのは、褒めるときに限るよう努めます。
でも、やはりお兄ちゃんらしく、また男の子として、たくましくなってほしいので、
下の子のサポートはよくお願いしています。
けんかは両成敗(ただ、今のところ圧倒的にお兄ちゃんの意地悪が原因のことが
多いので、いけないことについては、しかっています)。

今後も色々なことがあるでしょうが、昔の自分の気持ちに照らし合わせて対処して
いきたいと思っています。

とは言っても、下の子もいつまでも赤ん坊ではありません。
バタバタしている間に、もう1歳半。こちらの言うことは、何でも理解できるように
なってきたので、いつまでもお兄ちゃんだけを?持ち上げて?いる訳には行かな
くなってきました。

そこで、大きな難問・疑問が湧いてきました。
……下の子って、どんなことが嫌なんだろう???

既に私の年代も兄弟は2〜3人が一般的でしたから、友人を思い浮かべても長子
であることが多く、あまり「下の子としての不満」を聞いた経験もありませんでした
(主人も長子です)。
よく聞いた話と言えば、「洋服などがお姉ちゃんのお下がりばかり」ぐらいでしょう
か…。

兄弟お互いに嫌なことは?優劣の比較?だと思うので、その点は肝に銘ずるとし
ても、「公平に育てる」って、なかなか難しそうですね。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆ もっと知ろうよ、お薬のこと     ・ 薬の?やめ時?について

処方薬や市販薬を服用するときの、やめ時って迷いませんか?

簡単に分けると薬には
1.症状がおさまってきたときに、やめてもいい薬
2.処方された分を飲みきったほうがいい薬
の2通りがあります。

『1』の代表は、下痢止め、風邪薬(咳止め、鼻水止めなど)や鎮痛薬などの対症
療法薬です。
対症療法薬は、「今ある症状を和らげ、自然治癒の手助けをするための薬」なの
で、辛い症状が軽くなると、飲むのを忘れてしまいがちになると思いますが、忘れ
るようになったら、やめてもいい時期と判断して構いません。

一方、『2』の代表は、抗生物質です。
抗生物質は、血液中の薬剤の濃度が上がって効果が現れ、菌を殺していくお薬
です。

しかし1回や2回の投与では菌を全滅させることはできず、生き残っている菌が
増殖してきます。
ある程度同じ間隔(8時間毎とか)を保って血中濃度を上げ、残って勢いを盛り
返した菌を何回もたたいて消滅させなくてはいけません。

症状だけをみると良くなったかに見えても、菌が完全に死滅していないため、途
中で抗生物質をやめてしまうと、菌がまた増殖するだけでなく、体内にその抗生
物質に負けない菌が出来てきて(耐性)、抗生物質を再度投入しても効き目が悪
くなってしまいます。

そうなるともっと強い抗生物質を使うことになってしまい、病気の回復も遅くなって
しまいます。
「再発」を防ぐためにも、抗生物質は、必ず処方された分を飲みきるようにしましょ
う。

その他、副腎皮質ステロイド薬、血圧降下薬、抗不整脈薬などは、薬を飲むのを
勝手にやめたりすると「リバウンド現象(かえって症状が悪化すること)」が起こる
ことがあります。

お薬は、正しく服用することがとても大切です。
少しでも疑問に思うことがあれば、お医者さんや薬剤師さんに相談するようにしま
しょう。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆ 海の向こうの医療事情        ・ 日本はフッ素後進国???

フッ素が歯の表面を強くして虫歯を予防する効果があるのは、既に皆さんもよく
ご存知だと思いますが、厚生省は先月17日、自治体ごとに住民の合意があれば、
水道水へのフッ素添加(水質基準0.8ppm以下での添加)を容認すると発表しまし
た。

米国では1945年から虫歯予防のためにフッ素を水道に添加しており、現在では、
米国市民の6割がフッ素入りの水道水を飲むなど38カ国で添加されているそうで
す(11月18日朝日新聞朝刊より)。

フッ素は自然界に存在し、海藻やお茶、魚などにも含まれるもので、0.5〜1ppm
前後の量を摂取し続ければ、虫歯を4〜6倍減らせるそうです。しかし2ppm以上
を長期間摂取すると、歯の表面にしみができる「斑状歯」が出たり、8ppm以上で
は、骨に異常がでる「骨硬化症」が出るなど心配な情報もあります。
(*1ppm=1リットルに1ミリグラム)

つい先日、ちょうど上の子(3才)のフッ素塗布に行ってきましたので、その歯医者
さんのお考えなども併せて、虫歯になる主な原因と、その予防法の是非について
ご紹介してみたいと思います。


ムシ歯になる主な原因としては、1.歯質が弱い  2.糖質の食物  3.バイキン
などが考えられますが、2と3については、食後の歯磨きが最も効果的です。

最近、ガムなどによく配合されている「キシリトール」は、天然素材の甘味料です
が、このキシリトールは口の中の虫歯菌に代謝されないため、菌が酸を作ること
ができず、虫歯の原因とならないそうです。
またキシリトールによって酸性度が低下した歯垢は、ブラッシングによって落ちや
すくなります。

ただ、このキシリトール。50%以上の含有率のものを1日3〜5回、毎食後定期的
に(3ヵ月以上)とり続けないと予防効果が期待されないそうですし、きちんと歯磨
きもしなければ意味がないそうです。


さて、では1の歯質を強くするにはと言うと
・お母さんのお腹にいるときから誕生後2〜3年の間に、十分にバランス のとれ
 た栄養を摂取すること。
・フッ素で歯質を強くすること。

だそうです。
一つ目はちょっと耳が痛いなあ、と思いましたが、フッ素はそれ以上年齢を重ねて
も(もちろん大人も)歯質の強化に役立つとのことですので、皆さんもがんばりま
しょ
う^^。

フッ素は歯の表面のエナメル質と化学結合し、歯の酸に対する抵抗性を強めるだ
けでなく、ごく初期の虫歯であれば再石灰化で、元の状態に修復する作用もあるそ
うです。

日本でも厚生省をはじめ各関係機関が、虫歯予防へのフッ素の利用を推奨してお
り、現在ではフッ素入り歯磨き剤、洗口液、スプレーや、フッ素塗布などが一般的
になってきましたが、それでも欧米先進国に比べると虫歯罹患率がとても高いそう
です。

今回の水道水へのフッ素添加の容認という措置は、沖縄県内の村の要望により
検討されたようですが、先進諸国で一般的となりつつある流れに追随したい意向も
あったのかなあ、という気がします。

では、例えば米国などで、フッ素摂取による弊害はないのかな、と調べてみたとこ
ろ…

フッ素入りの虫歯予防剤の使用がとても盛んで、洗口剤も市販されているため(日
本では歯科医師の指示が無いと使用不可)、幼児などが洗口のたびに一部や全
部を飲み込んでしまうことによるフッ素の過剰摂取や、水道水がフッ素化された地
域で作られる飲み物や缶詰にもフッ素が含まれることから、「一部地域でフッ素の
過量摂取になっている」とのアメリカ歯科医師会の見解がありました。


「虫歯になるぐらいなら、斑状歯で見かけが悪くなるほうがまし」なんて驚く意見も
あるようですが、何でも適量がいいようですね。

かく言う私も、良かれと思って子供にもフッ素入り歯磨きを使っていたのですが、
この機会に注意書きを読んでみると「小学生向き」と書いてありました(!)

さて、今回の「水道水にフッ素」…もしもあなたのお住まいの自治体で要望が出て
きたら、どうされますか???


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◆ 編集後記

あと10日ほどで、もう今年も終わりですね。
皆さんにとっては、どんな1年でしたでしょうか?

我が家では引込み思案の長男の幼稚園入園があり、当初は、息子の流す涙に
つられたり、帰りの時間まで心配で仕方なかったのが、行事のたびに一歩一歩、
成長を感じて…、感動をいっぱいもらいました。
そんな中で、下の子がとてもたくましく成長しています^^

寒さの厳しい冬ですが、クリスマスやお正月を始め、家族で囲むお鍋などいろい
ろ暖まりながら、会話を交わせる機会の多い素敵な季節でもありますよね。

私自身は、このコラム等を通して、とても沢山の方と出会うことが出来、楽しい
年となりました。
来年も、騒がしい育児の合間をぬって、いろいろな方面から、お薬のこと、お届
けしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

このマガジンの内容についてのご意見、ご感想は、いつでも
[mippi@baby-kids.ne.jp]までお寄せ下さい。

もっと、子供の病気やお薬についてのダイレクトなお話を読みたい
という方は、「Mippimamaのお薬探検隊」をご覧ください。
購読の手続きは、上記のアドレスにメール下さるか、以下のURLで
も可能です。
  http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/7058/mailmagazine.htm

バックナンバーの閲覧:
  http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/7058/m-magaback.htm

また、お薬についてのご質問は、「くすりの質問箱(掲示板)」
http://bbsi1.otd.co.jp/135403/bbs_threadのほうにお願いします。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆読者の皆様へ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
BABY-KIDS NET NEWS
発行人:江口光晃  webmaster@baby-kids.ne.jp
発行元:まぐまぐ  http://www.mag2.com(ID: 0000003203)
        melma http://www.melma.com/(ID:m00000161)
    Pubzine  http://www.pubzine.com (ID:001317)
各発行元で申し込まれたかたは、発行元で解除、アドレス変更ができます。
BABY-KIDS NETで申しこんだかたは登録・解除・アドレス変更はこちらで
http://www.baby-kids.ne.jp/news.htm
http://www.baby-kids.ne.jp/
このメールの転載は上記のアドレスをいれていただけば自由です。(改竄禁止)
------------------------Edited by Mitsuaki Eguchi-----------------
   Copyright(c) 2000 BABY-KIDS NETWORK SVS All Rights Reserved.
************************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-18  
最終発行日:  
発行周期:月3回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。