トップ > マネー・政治・経済 > ビジネス一般 > ビジネス:エピソード

ビジネス:エピソード

RSS

35年の経験を持つビジネスマンが、ビジネスのコネタをWeekDayに限り
毎朝メール配信します。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2006-09-01
発行部数:
-
総発行部数:
2
創刊日:
2006-08-19
発行周期:
平日
Score!:
-点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

いつもビジネス:エピソードのご購読ありがとう
ございます。
ヒューマンネットワークスの西本です。
 
暑い日が続きます。
昨日まで実家の山口に帰省していました。
5日間滞在していたのですが、ずっとピーカンでした。
娘にせがまれるまま、ずっと近くの海で泳いでいたの
ですが、背中がひりひりしています。
東京の夏と山口の夏では、日差しの強さが違う事を
実感した夏休みでした。
 
さて、今日のお送りするビジネスエピソードは以下です。
タイトル「つきあいを大切にしよう(一期一会)」

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
パッケージメーカは我々に対して売り込みの機会を
狙っている。
パッケージ内容がつまらなくても大切につきあって欲しい。
彼らの先に金脈があるかもしれない。
それは彼らでは対応できないSI案件や紹介して頂ける
人脈かもしれない。
彼らの紹介で、顧客に会って大型案件に化けた例が過去に
ある。
いずれにせよ、関連するソリューションで人脈ネットワーク
を増やすことが大切。
そのためには、それを維持していくこと。
他社の商品・サービス、人脈ネットワークから得られる
知識、情報といった「人脈ナレッジ」などを持ち、
社内外の組織のリソースが、 瞬時に使えるよう日頃から
用意しておこう。
それに自分のアイデアを加えて顧客に提案しよう。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
私もSCMやeProcuremtといった当時流行りのソリューション
を経験しました。それらのソリューション知識を身に
つけることも重要ですが、年月が経ってみると、
そのときお付き合いしていたベンダー含め様々な企業の
方々との人脈の方が極めて重要であることを実感いたし
ます。
 
ホームページ(携帯版):http://hmnw.client.jp

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 日経新聞の読みどころ

    最終発行日:
    2009/10/15
    読者数:
    131人

    日経新聞朝刊をゆっくり読んでいる暇のないあなたのために日経新聞朝刊の 読みどころを1分で読めるようにピックアップ♪記事だけでなく掲載されて いる本もご紹介♪これであなたも情報通になれる♪創刊2000年2月で、これまで2100号超を配信中♪

  2. パソコン系求人情報のITワーク【関西版】

    最終発行日:
    2016/12/05
    読者数:
    67人

    パソコンを使った求人情報サイト「ITワーク」の関西版メルマガです。プログラマーやシステムエンジニアなどの高スキルのお仕事から データ入力等のお仕事まで幅広く掲載しています。「ITワーク」では全国の求人情報が職種や勤務地、雇用形態から検索できるだけでなく、 MY履歴書を登録すれば、企業からのスカウトメールを受け取ったり、気になる求人情報をスクラップしたり出来ます! 只今、応募者の中から抽選で50名様に「5000円分の商品券」をプレゼントキャンペーン中!

  3. 世界の工場・中国の実情から学ぶ工場改善手法

    最終発行日:
    2016/11/22
    読者数:
    51人

    中国ビジネス、中国進出を考えている方必見!中国工場で品質管理・品質改善指導を行なっている改善のプロが、中国の実状とそれへの対応の考え方、方法を事例を交えて紹介しています。

  4. THE 新聞(朝刊)

    最終発行日:
    2013/12/31
    読者数:
    3399人

    一般新聞のように毎朝6時台にあなたの元に届きます。 経済、社会からスポーツ、芸能までのニュースをコンパクトで分かりやすく。 まずは1週間とってみてください。 きっと役立つ第2の新聞になります。 

発行者プロフィール