資格

若くして技術士に合格する方法

業務経験が少ない、経験年数も受験資格ぎりぎり、周りに技術士がいない、とても高度とは思えない業務に携わっている…。こんな環境でも、弱冠30歳で技術士に合格したノウハウをお伝えします。さらに、論文添削サイト「若くして合格!技術士受験指導」にて蓄積した多くの受験生がつまづくポイントを解説します。

メルマガ情報

創刊日:2006-08-09  
最終発行日:2017-08-21  
発行周期:隔月刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

若くして技術士に合格する方法2017.08

2017/08/21

1.口頭試験への準備


 口頭試験にて評価される材料は、業務経歴票および筆記試験の課題
 解決能力解答となります。

 当然に自分がどのような解答をしたのか、覚えていなければなりません。
 しかし、筆記試験から時間が経過してしまうと、なぜそのように解答
 したのか、思い出せないことがあります。

 また、試験委員から他の観点はないか、との質問をされることがあります。
 この質問に対し、別解答をつたなく説明できれば、技術士らしいふるまいに
 見えます。


 このためには、筆記試験解答を事前に評価しておく必要があります。
 自分自身のみではなく、第三者による評価を行うと、気づかなかった観点を
 指摘してもらえることがあります。

 口頭試験はたった20分(最大30分)という短時間にて評価が行われます。
 どのような質疑がされるか想定しておかないと、回復する時間的余裕が
 ありません。しっかり準備をしておくことが求められます。



      ★★★ 若くして合格!技術士 受験指導 ★★★
  http://peexam.net (機械/電気電子/化学/繊維/金属/建設/上下水道/衛生工学
            農業/森林/経営工学/情報工学/応用理学/生物工学/環境
            /原子力・放射線)

最新のコメント

  • コメントはありません。