ライフプランニング

自力の貧乏脱出大作戦

副業ブームで世の中が騒いでいる中、取り残されているあなた!投資とかもいいですが、一番大事なのは自分への投資です!成功者のためのマインドを学びましょう。

メルマガ情報

創刊日:2006-08-08  
最終発行日:2006-09-29  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

はじめまして!

発行者のリッチライフプランナーです。

【より裕福に暮らすためには】というお題で、経済面、心身面と
様々な面から書いていきたいと思います。


今日はまずこんな話題から。


▼アメリカでは所得格差が年々広がっています。

 ニューヨークタイムズ紙によると、フォーブス400(全米の資産家上位
 400名)に挙げられた人のうち、資産相続によってランクインした人は
 わずか37名で、1980年代には約半数を占めていたことからも、
 いかに相続による資産家の数が激減していることがわかります。

 相続無しで一代で巨額の富を築く人が増えていることの証です。


 アメリカンドリームの象徴ともいえる現象です。。。。が、


 対照的に、労働者階級出身の人たちが経済的階級を上げる率は
 70年代、80年代、そして90年代と減り続けています。



▼アメリカは、貴族制度に代表される階級社会とは無縁と思われています。

 しかしこの経済格差の広がりは、”貧富の差”という階級制度がアメリカ
 に存在していることを示します。


 生まれもった経済的階級から一生抜け出せないままの人が増えています。


 国民皆保険制度がないアメリカではその階級の差がそのまま命の長さに
 匹敵するともいえるでしょう。



▼そんなアメリカの状況よりも遅れてはいますが、日本でも年々、所得格差
 が広がり総人口中流階級という図式は崩れつつあります。


 もちろん私も皆さん同様、ず〜っと貧乏ではいたくありません。

 不自由ない生活が送れるように十分な資産を持つ暮らしを夢見て日々
 行動しています。



▼目標を立てる際に、私は長期・中期・短期の3タイプに分けています。
 長期は5〜10年、中期は1年、短期は1週間で立てています。

 短期目標としての1週間と同じサイクルで発行することで、自分の
 意識の再確認と新たな読者さんとの交流が出来ればと考えています。


また、来週、成長してお会いできれば嬉しいです(^^*)

最新のコメント

  • コメントはありません。