マーケティング

売る!を極める【インパクトマーケティング塾】

あなたの商品はもっと売れる!あなたのお客様はもっと増える!あなたの、お客様と従業員へのアツい想いはもっと伝わる!!あなたの商売を徹底的に見直し改良する意識改革メルマガです。

全て表示する >

★売る!を極める【インパクトマーケティング塾 スペシャル!】★発想(切り口)の転換

2007/12/04





★このメルマガは

   売る!を極める【インパクトマーケティング塾】の号外として

     商売に関する情報や商魂刺激コラムを不定期に配信しています。★



★★★★★◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆★★★★★


売る!を極める【インパクトマーケティング塾 スペシャル!】 2007/12/04


★★★★★◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆★★★★★




久々の号外です。


前回からの「バック・トゥ・ザ・ベーシック」は
一回休みますので、前回のメルマガは捨てずに置いといてくださいね。



「皆さぁ〜〜ん!!今日もバリバリ売ってますかぁっ!?」

こんにちは、燃える商魂!インパクトマーケッターの福谷です。(昭和のかほり)





ではさっそくいってみよっ!




**********<><><><><>**********<><><><><>**********<><><><><>**********




◆発想の転換



今回久々にスペシャル(号外)を出そうと思ったのは、ちょっと前の事ですが
11月14日の朝刊に、ウィンドウズモバイルの広告が載っていたからです。



ご覧になった方も多いかと思います。


小さなカラー広告でしたが、携帯をスライドさせると下から小さなキーボードが
出てくるような感じの写真です。



要は、マイクロソフトオフィスが使える携帯電話、という事らしいです。



サイトにもありました、広告を見ていない人はこちらで。
http://www.microsoft.com/japan/windowsmobile/default.mspx





「スゲーなぁ、欲しいなぁ」と思ったのならこの号は出さなかったと思います。




この広告を見て私が感じたのは、「方向性の限界」です。






携帯電話が普及してもうずいぶんと経ちますが、新機種が発売されるたびに
どんどん付加機能が増えていってます。




メールやブラウザ、カメラやムービーはいまや標準装備、


ウォークマン
ボイスレコーダー
トランシーバー
GPS
テレビ
ラジオ
PDFビューアー
フルブラウザ
プリペードカード
クレジットカード


このような「機能を持たせた携帯」が一般的となっています。



およそ「スイスアーミーナイフ」の様相を呈しています。




そして今回の「オフィスが使える携帯」です。




エクセルやワードのオフィスツールを仕事で使う人間は、きっと一度は
このような携帯の出現を期待した事があると思います。


ある意味、ビジネスマンにとって「夢のツール」なわけです。


私も、「あったらいいな」と思い続けていました。




しかし広告写真の小さなキーボードを見た時、「これを指で押せってか?」と
苦笑してしまいました。



苦笑、というか、半笑いです。



新聞広告を見た時は、「いや、ひょっとしたらペンタッチなのかな?」とも
思ったのですが、上のサイトで確認すると、どうやらホントに指らしい^^;




携帯電話という「軸」に、いろんな付加価値を与えて「○○出来る携帯」という
発想で、ここまで携帯電話は発展を遂げてきたのですが、今回の携帯を見た時、
この方向性にはもう限界があるのだろうと感じずにはいられませんでした。




機能が「携帯電話の付加価値」という位置づけである以上、ある程度使い勝手が
犠牲になるのも仕方がないのかも知れません。



カメラしかり、ウォークマンしかり、それ単体の製品の方が圧倒的に優れています。




まぁ、行き詰まりがあるから打破もあるわけで、そこは大手企業にもう一頑張りして
いただき、新製品を開発して頂ければ消費者としてはうれしいわけですが、
同じように頑張ると資本が不足する我々には、自身の商売と照らし合わせて
考える上で、せめて「気付き」というヒントだけでも得られればと思っています。




ここから得られるビジネスヒントは、「逆の発想、違うベクトルの発想」です。





例えば、「○○も出来る携帯」という発想を、「携帯にもなる○○」に
シフトするとどうでしょう。



要は「切り口を変える」わけです。



ウィンドウズモバイルの場合ですと、例えばキーボードを4つ折にして収納、
もしくはシート状のキーボード、それでダメなら使用にストレスを感じない範囲で
極小のキーボードを別に用意し赤外線通信入力、など。



携帯としても使えるパソコン、というわけです。



本来の機能を犠牲にせず、極力維持したまま、携帯としての「付加価値」を与える。




これなら、ノートパソコンの価格帯でも勝負できるかもしれません。


携帯の買い替え希望者だけでなく、パソコンの買い替え希望者をお客にできます。




この発想の切り替えだけで、今後開発される製品の方向性が大きく変わってくると
思いませんか?




どちらをメインに据えるかを逆転させるだけで、アイデアは膨らむでしょうし
今までと違った客層へのアピールが可能となります。





是非あなたの商売に置き換えて考えてみてください。




あなたの商品は、何でもかんでも「発展」させる必要があるのでしょうか?


ひょっとしたらその先に「行き詰まり」「先細り」の可能性がありませんか?



ターゲットの顧客を満足させようとして、結果的に商圏自体を狭めていませんか?





もしそうだとしたら、1秒でも早くその事実に気付き、1秒でも早く
方向性を見直す必要があるかも知れませんよ。




☆☆☆☆☆▼△●▽▲▼△●▽▲▼△●▽▲▼△●▽▲▼△●▽▲☆☆☆☆☆


★【インパクトマーケティング塾】のサイトはこちら★


「売る力」をつけたい人は必ず訪問してください。
これさえ理解していれば、「誰だって」「何だって」売れます!

http://www.impact-m.net


☆☆☆☆☆▼△●▽▲▼△●▽▲▼△●▽▲▼△●▽▲▼△●▽▲☆☆☆☆☆





★【編集後記】★




いつもなら、今回のような内容は、この編集後記や頭の部分でさらっと
書いてしまうのですが、たまにはこういったコラム形式でと思い、
今回は号外とさせて頂きました。



あなたの商売の気付きになれば幸いです。





**********<><><><><>**********<><><><><>**********<><><><><>**********


★【お知らせとお願い】★


★インパクトマーケティングの携帯待ち受け画面を作りました。
なかなかカッコいいです(^^;)

一日に何度も目にする事で、商売への闘志を再確認しましょう。
モチ無料!パソコンに落としてメーラーで携帯に送信すればすぐ使えます。
http://www.impact-m.net/i-m-phone.jpg



★このメルマガは「とりあえず購読登録してみた」みたいな人ではなく、
熱く「売る」事を語れる「同士」みたいな読者さんでいっぱいにしたいと
思っています。

あなたが行った販促活動で、こうやったらこんなに顧客反応が変わったという
成功事例、逆に、「あ〜〜、やっちゃったよ……」という失敗談などがあれば
メールでお知らせくださいね。

この場で皆さんにシェアして、より強靭な「売る!」に繋げて行きましょう!



★私は定期的に無料レポートを公表しておりますが、内容は基本的に
このメルマガのバックナンバーを編集したものです。
ちゃんとメルマガを読んでる読者さんは、改めて読む必要はありませんよ(^^)



★何かあればお気軽にメールくださいね。
すぐにはお返事出来ないかもしれませんが、頑張ります。


★★★★★◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆★★★★★

発行人   インパクトマーケッター 福谷 恭治
URL   http://www.impact-m.net
メール    mag@impact-m.net

★★★★★◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆◇■╋□◆★★★★★



★ このメールマガジンの登録解除はこちらから


メルマ!でご購読の方は
http://www.melma.com/backnumber_161137
メロンパンでご購読の方は
http://www.melonpan.net/mag.php?009779
ヤフーメルマガでご購読の方は
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/692/p/1/






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-07-05  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。