デザイン

アメリカで考えるデザイン

アメリカでのデザインやライフスタイルについてコラム。

全て表示する >

アメリカで考えるデザイン 第021号 

2006/07/12

************************************************************************

                アメリカで考えるデザイン 第021号  
     
************************************************************************
ニューヨーク近郊の工業デザイナーが、アメリカのモノやコト、ライフスタイル
についてデザインの視点から考えています。           
************************************************************************
-----------------------------今日のテーマ-------------------------------

                  ニューヨークの回転ドア

------------------------------------------------------------------------
画像付きははココ↓。
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-77.html
------------------------------------------------------------------------
昨日に続いてドアもの。

今だに回転ドアに入る時には緊張する。前の人に続いてタイミングを計りながら、
せーのっと‥‥。

ニューヨークには自動回転ドアはほとんどなく、昔ながらの一人用の手動タイプ
ばかりである。この回転ドア、アタッシュケースを持った慣れたビジネスマンと
ビジネスウーマンが同じペースで颯爽とビルに吸い込まれていくという、いかに
もアメリカというイメージがあるが、なかなかカッコよく通れない。

人の出入りによる空気の流れが構造上少なく遮断されている状態を保つので、空
調しているビルには好都合だが、実際は始めはドアが重いし、大きな荷物や子連
れでは通れないなど決して万人向けではないし、センサーなんかないから極めて
危険なシロモノであることは確かだ。こういうモノと隣り合わせでいるという自
覚が必要なのである。もちろん車椅子では通れないわけで、回転ドアの横には普
通の開きドアの設置が義務付けられいる。そしてみんな回転ドアを使うのが嫌だ
からこのドアが開けっ放しになっているという状況が生まれている。

で、普通のドアの場合も、押しボタン式自動ドアとなっていることもあるが、そ
うでないと車椅子やストローラーを押している人にとって大変なのは変わりない。
人がたくさんいるところでは、誰かが助けてくれるのがアメリカのよさ(リーダ
ーズ・ダイジェスト誌の調査では、ニューヨークは世界で最も親切な都市だとい
う。)だが、誰もいないとキビシイ。

因みに回転ドアが世界で初めての設置されたのは、タイムズスクエアのレストラ
ンだそうである。

ブーンイダムの回転ドアシリーズ
http://www.boonedam.nl/jpltd/revass_jpltd.htm

************************************************************************
メールマガジン アメリカで考えるデザイン 【解約は↓でお願いします】
  『melma!』   http://www.melma.com/backnumber_160702/
************************************************************************
■アメリカで考えるデザイン ブログ: http://designusa.blog70.fc2.com/
■ご意見・ご感想・広告のお問い合わせは: design-usa@nj.rr.com
■発行周期:                      日刊(土日は除く)←目標
************************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-06-11  
最終発行日:  
発行周期:週5日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。