音楽

♪音楽生活100メルマガ♪

ドラマー必見のメルマガです。主に自分が採譜したアーティストの解説や練習方法などを譜面を使用して自分なりに分かりやすく(?)書き連ねます。皆さんのご意見お待ちしております。

メルマガ情報

創刊日:2006-06-06  
最終発行日:2006-06-29  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

<img src="http://fuku0418.up.seesaa.net/image/grammy_awards_1983_toto.jpg" alt="grammy_awards_1983" width="376" height="270" border style="border:2 black solid;">

<strong><span style="font-size:large;">TOTO</span></strong>

BIOGRAPHY

80年代前半の最も成功したポップ・バンドの一つ。彼らがボズ・スキャッグスの名盤『シルク・ディグリーズ』のバック・バンドだったのは余りにも有名な話。ウェスト・コーストの腕利きミュージシャンによって結成。

1978年に本格的にTOTOとして活動する。スタジオ・ワークで培った高度なテクニックと、幅広い音楽を融合したサウンドを完成。1stアルバム『TOTO〜宇宙の騎士』が大ヒット、2ndアルバム『ハイドラ』では「99」が初のシングルヒット。 

TOTOの輝かしい歴史の中でも特筆するのは82年のアルバム『TOTO IV〜聖なる剣』の商業的大成功とグラミー7部門制覇。「ロザーナ」「アフリカ」など80年代ヒットから外すことの出来ない定番ナンバーを生み出した。 

以降、『アイソレーション』『ファーレン・ハイト』『ザ・セヴンス・ワン』と、クオリティーの高い作品を生み出していったTOTOだが、92年にはバンドの精神的支柱であるジェフ・ポーカロが、殺虫剤の散布中に突然倒れこの世を去り、バンド継続は困難と思われたが、サイモン・フィリップスを後任に加入し、活動を継続。 

2002年結成25年を機にTOTOは再び活動を再開、『スルー・ザ・ルッキング・グラス』を発表し、現在はライブ活動も行っている。
 
更新日:2004年1月21日

最新のコメント

  • コメントはありません。