生活情報

年金は本当に破綻するの? 〜若者のための年金講座

年金に対しての漠然とした不安が広がっています。このメルマガでは、制度のしくみ以前の「そもそも年金って何?」的な部分について語ります。これを読んで漠然とした不安をはっきりとした不安or安心に変えて下さい。

全て表示する >

若者のための年金講座 特別便1

2008/07/20






 年金を考えると言う事は、あなたの人生について考えると言う事でもあり、
この国をどうするのかを考える事にもなります。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
年金は本当に破綻するの?〜若者のための年金講座       特別便1
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【お知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 各自の年金加入記録を点検してもらうべく、社会保険庁が「ねんきん特別便」
の送付を行っています。2008年10月までに国民全員に送付する予定ですので、
皆さんの所にも必ずねんきん特別便が届く事になります。

 そこで、本メルマガでは通常の配信を一時休止して、これから数回に渡って
ねんきん特別便について知っておくべき事をお送りする事にしました。


【ねんきん特別便・理解するための前提】━━━━━━━━━━━━━━━━

●基礎年金番号————————————————————————————

 現在は、国民ひとりひとりに対して、基礎年金番号が割り当てられています。
その人が生まれて初めて年金制度に入った時に基礎年金番号が与えられて、そ
の人が生涯を終えるまで、その番号を持ち歩く事になります。

 今の日本には何種類かの年金制度があるのですが(「国民年金」「厚生年金」
「共済年金」など)、どの制度でもこの基礎年金番号が使われ、この基礎年金
番号でその人の加入記録が管理されます。


●基礎番制度以前の年金番号——————————————————————

 基礎年金番号制度が始まったのは平成9年の事で、年金制度の歴史から見れ
ばまだ最近の事になります。

 それ以前はどうなっていたかと言うと、各制度でバラバラに、それぞれ年金
番号が割り振られていました。

 各制度の中では、その人がもらったひとつの年金番号を、一生使い続ける事
になっていたはずでした。(その人が加入した制度の数だけ、その人は年金番
号を持つ事になります)

 しかし、その人が(別の制度から渡って来て)その制度には初加入になるの
か、それとも再加入になるのかは、その人がその制度の年金手帳や被保険者証
を持っているかどうかで判断するしかなく「厚生年金? 今回が初めてだった
かな?」と言われればそれを信じるしかありませんでした。そのため、実際に
はひとつの制度内でも沢山の年金番号をもらってしまう人が数多く現れてしま
ったのです。

 年金の裁定請求(年金をもらう手続)の時に、その人が一体どれだけの年金
番号を持っているのかを特定する必要が出て来ました。そして、その特定がも
のすごく大変な作業になってしまったのです。

 その人が自分の年金番号の全てを覚えていれば支障はないのですが、相手は
手帳や証書を次々と無くす様な人なので、そうは行きません。数十年も過去の
記憶などあやふやな上に社会保険庁のデータベースも誤りが多くて検索も万全
ではなく、その人の年金番号の把握漏れ(加入歴としての記録は原簿にあるも
のの、個人と記録との関連づけが出来ていない記録=宙に浮いた年金記録)が
多く発生する様になってしまったのです。


●手帳番号——————————————————————————————

 基礎年金番号は各年金制度共通の番号で、しかも「ひとり1番号」が徹底さ
れているので「基礎年金番号? もらった事あったっけ?」などと言われても
徹底的に番号を調べるので、新しい番号を割り振ってしまう事はありません。
ですから基礎年金番号制度になってからは「宙に浮いた年金記録」が発生する
事はなくなりました。

 それ以前の記録はどうなったかと言うと、それぞれの制度が持っていたそれ
ぞれの年金番号を、各人の基礎年金番号に関連づけする作業が行われました。

 基礎年金番号制度スタート時には、明らかに同一人物だろうと思われる年金
番号をプリントアウトして「あなたの年金番号はこれだけでしょうか?」と全
国民に郵便を送り、返信を促しました。しかし、その返信率は1割しかありま
せんでした。

 そのため、基礎年金番号との関連づけが出来ていない年金番号(宙に浮いた
年金記録)が3億件も取り残される事となってしまったのです。

# 基礎年金番号に採用されなかった年金番号(その中でも特に「関連づけが済
# んでいない番号」)は、内部では「手帳番号」などと呼んでいます。

 その後の10年間の努力のおかげで、3億件あった「関連づけが済んでいない
番号」は5,000万件まで減りました。しかし、昨年はこの問題が国会で取り上
げられて世論が盛り上がったので、この5,000万件の「関連づけが済んでいな
い番号」を一気に片づける事にしました。

 そのために、今一度「あなたの加入記録はこれだけですか?」と言う郵便を
全国民に送る事になったのです。これが「ねんきん特別便」になります。


【編集後記】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨年のバッシングを受けて人員を減らされた社会保険事務所に、ねんきん特
別便絡みの人が大量に押し寄せており、どこの社会保険事務所も首が回らなく
なってしまっています。

 そこで民活と言う事なのでしょうか、我々社会保険労務士が臨時雇いとして
社会保険事務所に駆り出されています。かく言う私も週1の当番を割り当てら
れ、ねんきん特別便の相談に当っているのですが…これがとても疲れるのです。

───────────────────────────────────
年金は本当に破綻するの? 〜若者のための年金講座
◆編集:吉田健児(年金コンサルタント/社会保険労務士)
    吉田社会保険労務士事務所  http://www.h2.dion.ne.jp/~chimaki/
    487-0011 愛知県春日井市中央台 6-14-15
◆発行:ちまき亭
◆配送:メルマ     http://www.melma.com/backnumber_160509/
    カプライト http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/11985.html
    まぐまぐ   http://www.mag2.com/m/0000120046.htm
(c)NYAN@Chimaki-tei2003-2008  無断転載を禁止します…一報ちょーだいネ
───────────────────────────────────
購読解除
   購読解除は各メルマガスタンドから行う事が出来ます。
   また、このメールの返信で「年金講座購読解除」の一文とメルマガスタ
   ンド名を明記していただければ、代理で解除いたします。
免責
   扱うテーマが「年金」と言う制度と法律に関するものではあるのですが、
  概念的な部分を取り上げるため、どうしても厳密さや正確さに欠ける傾向
  にあります。ですから、何かの判断の参考にする場合や手続きを行う時は、
  必ず別の情報源でも確かめて下さい。本メルマガの記事により損害が発生
  しても、補償は一切いたしませんので、あらかじめご了承ください。
───────────────────────────────────


--





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-06-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示