日記・blog

【使命・天職】【ビジョン】に導く【神の愛】!

青年よ大志を抱け!【聖書】を通じて【神の愛】を学び、自分の心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】に【ミッション:使命・天職】を発見し<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】で前進することを総合的に支援します!

全て表示する >

NO.785:【ビジョン】で<神愛トーク>に導く【神の愛=主イエス】!

2017/12/07

第785回【2017年12月7日に作成した<第690回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<神愛トーク>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇
 
★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
http://www.youtube.com/watch?v=lKdFip1MhO0&feature=share&list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

私は最近初めて<ペップトーク:Pep Talk・短い励ましの言葉>を知りました。
スポーツ界ではコーチが選手に向けて試合直前や試合中に勇気と希望を与える
<ペップトーク>のおかげで奇蹟的大逆転勝利を獲得した数々のエピソードが
あるようです。名コーチや名教師や<理想的リーダー像>に通じます。

●凡庸な教師は、ただしゃべる
 良い教師は、説明する
 優れた教師は、自らやってみせる
 偉大な教師は、心に火をつける(ウィリアム・アーサー・ワード)
●大切なのはどれだけたくさんのことをしたかではなく、
 どれだけ心をこめたかです(マザー・テレサ)
●大切なのは、大きなことをすることではありません。
 小さなことに大きな愛を込めることです(マザー・テレサ)
  
私のわずかなNYマンハッタン在住経験ですが世界で有数のエキサイティングな
街である背景には日常の至る所で<ペップトーク>が盛んであると実感できます。
挨拶にしても店員やドアマンやパーキングの人や、出会った見知らぬ人とでも
 「Have a nice day/evening/weekend!<善い一日/夕べ/週末を!>」
 「You too!<君もね!>
と気楽に交わし合えるので、一日の始まりで気分が落ち込んでいても、誰かから
声をかけられる事で自然と気分が明るく前向きになって今度は元気になれた私も
自然に誰かに先に声をかけて<神愛バトン>を受け渡して街全体が明るく元気に
なっていることが実感できました。

●自分を励ます最上の方法。それは誰かを励まそうと努力することだ
 (マーク・トゥエイン)
●やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でもずっとずっと心にこだまする
 (マザー・テレサ) 
●思いやりのある言葉は短く簡単なものであっても、その反響は実に無限である
(マザー・テレサ)
●心の奥底に達してあらゆる病を癒せる音楽、それは暖かい言葉だ(エマーソン)
●ほめ言葉をもらえれば、それだけで二カ月間幸せに生きられる
 (マーク・トゥエイン)
 
勇気や希望や励ましの<ペップトーク>が得意な人は単なる話し上手というより
ほめ上手で、聞き上手で、何よりも相手の立場への<共感上手>と実感できます。
まさに【キリスト道:聖愛・聖義・聖徳・聖善】に通じます。

●歓ぶ者と共に歓び、泣く者と共に泣きなさい(ロマ書12−15)
●与えよ、さらば与えられん(ルカ伝6−38)
●受けるより与えることの方が幸いなり(使徒行伝20‐35)

日本では見知らぬ人とでも気楽に<ペップトーク>を交わし合える雰囲気がなく、
私には名コーチや名教師や理想的リーダーがいつどこでも身近にいてくれません。
しかし心配ご無用です!いつどこでも何度でも勇気と希望と励まし続けてくれる
【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】が<神愛トーク>になってくれるからです!

●あなたの御言葉が見いだされたとき、わたしはそれをむさぼり食べました。
 あなたの御言葉は、わたしのものとなり、わたしの心は喜び躍りました。
 万軍の神、主よ。わたしはあなたの御名をもって呼ばれている者です
(エレミヤ記15−16)。
●御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。
 とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです
(テモテ後書4−2)
●御言葉はあなたの近くにあり、あなたの口、あなたの心にある(ロマ書10‐8)
●私の魂は塵に着いています。御言葉によって、命を得させてください
(詩篇119-25)
●わたしの魂は悲しんで涙を流しています。
 御言葉のとおり、わたしを立ち直らせてください(詩篇119-28)

【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】には★恐れるな!365回★喜べ!800回と
記されるように毎日触れているだけで、どんなに気分が落ち込んで後ろ向きでも
自然に【先駆開拓精神:★挑戦魂★前向き/プラス思考★オープン・マインド】に
【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が<パワー・アップ&アップ・グレード>され
<無制限・無尽・無償>【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
<一日一生!日々新た>の【バイタリティ:生活力=生命力+活力】に満ちます!

●願わくは、あなたの僕への御言葉を思い出し給え。
 あなたは私がその御言葉を待ち望むようになさいました。
 これこそ悩みのときの私の慰め、まことに御言葉は私を生かします
(詩篇119−49〜50)
●どのようにして若者は自分の道を歩む道を清く保つことができるでしょうか。
 御言葉に従って道を保つことです(詩篇119−9)
●だから、あらゆる汚れやあふれるほどの悪を素直に捨て去り、
 心に植え付けられた御言葉を受け入れなさい。
 この御言葉は、あなたがたの魂を救うことができます(ヤコブ書1−21)
●今生れたばかりの乳飲み子のように、
 混じりけのない霊的な[御言葉]乳を慕い求めなさい。
 それによって成長し、救いを得るためです(ペテロ前書2−2)
●あなたの御言葉は、私の足のともしび、私の道の光です
(詩篇119ー105)
●まことに主よ、あなたは私のともし火、我が神は私の闇を照らされる
 あなたによって、私は敵の軍勢を襲い滅びし、我が神によって城壁を越える。
 我が神、その道は完全。主の御言葉は純粋で、約束は真実である。 
 主の御もとに身を避ける全ての者の、主は盾となってくださる。
 主の他に神はない。神の他に我らの岩はない。
 我が神こそ私の力強い堅固な砦、避け所である。私の道を完全に探り出される
 主は私の足を雌鹿のように速くし、高い所に安全に立たせ
 (サムエル後書22−29〜34)
 
さらに【先人・偉人の教え:名言・格言】も、私には<最高!最善!最美!>の
<ペップトーク>であり<神愛トーク>の【同労者・同志】となってくれます!

●世には沢山のいい格言がある。人がそれらを適用する事に欠けているだけだ
 (パスカル)
●よき金言、格言は時の歯がたつには堅すぎる。
 そしてどの時代にも食事と同じように栄養を与えるが、
 幾千年という歳月にも食いつくされはしない(シルス) 

【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】や【先人・偉人の教え:名言・格言】が
たとえ身近に見当たらなくなる孤立無援の最悪の状況に追い込まれてしまっても
心配ご無用です!私たち各自には特別固有の【賜物・無償ギフト・神恵】である
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】があるからです!
<人生の旗印>【ビジョン:理想・夢望・念志】は【神の愛=主イエス】が託す
<本分・本領・我が道:生き様死に様>【ミッション:大義・使命・天職】です!

●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり
(内村鑑三)
●神の御心にかなうことを求め行なう以上に
 快い気分を覚えさせ喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)
●人は自己を失わなければどんな生活を営んでもよい。
 自分の本領に留まるならば一切を失ってもかまわない(ゲーテ)
●人間の第一職分は、自家の天職を探求するのが第一で、
 其天職をどこまでも遂行するのが第二の本分であろう(徳富蘆花)
●自分の確信を捨ててはいけません。この確信には大きな報いがあります
(ヘブル書10−35)
●私たちは、最初の確信を最後までしっかりと持ち続けるなら、
 キリストに連なる者となるのです(ヘブル書3−14)
●キリスト教は理想ではない、事実である。
 理想が事実となって顕れたるものである。
 すなわち真個の理想である。
 「なすべき」はキリスト教ではない、
 「なしうる」がキリスト教である(内村鑑三)
●我々が、この人生に召されたのは、それは興味がなくなったら、
 勝手にこの人生から出て行っよいためではなく、むしろ、
 神が適当な時に我々を呼び戻すまで、
 自分や他人にとって有益な生活を営むためである(ヒルティ)
●諸君の精力と思考とを、自分の使命に集中させよ!
 なすべきことを、とことんまでやりぬけ。
 あらゆる改善をし、あらゆることに精通し、
 なすべき仕事を完璧にマスターせよ!(カーネギー)

私にとっては【ビジョン:理想・夢望・念志】こそが<最高!最善!最美!>の
<ペップトーク>で<いつも一緒!>の<神愛トーク>であると体感できます!
私が世間的無一物の落ちこぼれで連戦連敗の孤立無援になろうとも恩知らずでも
【ビジョン:理想・夢望・念志】だけは<いつも一緒!>で語りかけてくれます!
<大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】で前進あるのみ!

●<神意と人意>(内村鑑三)
 人は止まらんとし、神は動かんとし給う
 人は固執せんとし、神は溶解せんとし給う
 人は制定せんとし、神は産出せんとし給う 
●事実がたとえわかっていなくとも、とにかく前進することだ。
 前進し、行動している間に、事実はわかってくるものだ(フォード)
●間違いと失敗は、われわれが前進するための試練である(チャニング
●人類は絶えず進歩する。この前進運動は信仰の分野にもあらねばならない
 (トルストイ)
●予は常に青年の失敗を興味をもって見ている。
 青年の失敗こそは、彼の成功の尺度である。
 彼は失敗をどう思ったか、それから彼はどうしたか。
 落胆したか。引退したか、あるいは更に勇を鼓して前進したか。
 それで彼の生涯はきまるのである(モルトケ)
●なおも神の御手に御心に逆らわず、
 勇気と希望をすこしも捨てぬ。
 私は静かに耐えまっすぐに前進する(ミルトン)
●恐れてはならない、私はあなたと共にいる
 驚いてはならない、私はあなたの神である
 私はあなたを強くし、あなたを助け
 我が勝利の右の手をもって、あなたを支える(イザヤ書41‐10〜14)
●苦しみ悩みのうちから、私の主を呼び求めた
 主は私に応えて、私を広いところに置かれた(Set me free)
 主は私の味方、私は恐れない
 人は私に何ができようか(詩篇118−5〜6)
●我々はいつも行為によって完全なものになろうとするが、
 神はたいてい苦しみを通して我々を前進させようとし給う(ヒルティ)
●立ち上がれ、青年たちよ!
 思索せよ、青年たちよ!
 時を空しく過ごすなかれ!
 目を開け!
 大地を踏みしめ、未来へ進め!
 歯を食いしばり、前進せよ!
 まだ手を差し伸べられていない苦悩の民衆のために
 道を示し
 その智慧を引き出せ!
 明るい微笑みで、心をはずませ
 歓喜に魂を燃やしゆけ!
(キルギスの詩人チニスタノフ 
 独裁者スターリンの支配下にあって、恐れなく正義を叫び、
 戦い、三十七歳で殉じていった。
 キルギスの十ソム紙幣に肖像が印刷されている) 

皆さんも【ビジョン:理想・夢望・念志】が【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に
語りかけてくる<神愛トーク>【神愛力=隣人愛&奇蹟】の勇気と希望で励まされ
<不屈の楽観・楽天力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
【ビジョン:理想・夢望・念志】で【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】を体現し
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
決起する<福音の戦士>【福音の勢力】【愛と自由の戦士:神の僕・光の子】で
活躍されることを心より応援しています!

●あなたは絶えず、そしてできるだけ多く、愛の種をまかねばならない。
 あなたが学校教育を終えた後は、それが、あなたの生涯の仕事である。
 全ての種が芽を出すとは限らない。といって全ての種が石ばかりの地面に
 落ちて無駄になるわけではない。何故なら、この世は切実に愛を求めており、
 世の中自身には愛がない場合でも、常に愛を尊ぶであろうから(ヒルティ)
●恐れるな、語りつづけよ、黙っているな。
 あなたには私が共にいるからだ。
 誰もあなたを襲って危害を加えるようなことはない。
 この町には私の民が大勢いるからだ(使徒行伝18−9〜10)
●我はただ語る。人が聴いても語る。聴かないでも語る。
 我は我が歓喜を語らずにはいられない。我はヒバリがさえずるごとく
 人が聴く聴かざるに関せず語る。我は黙するにはあまりに嬉しくある。
 それであるから語るのである(内村鑑三) 
●<福音の勢力>(内村鑑三)
 福音は政治にあらず、しかれども国家を潔む
 福音は美術にあらず、しかれども美感を喚起す
 福音は哲学にあらず、しかれども思惟を刺激す
 福音は産業にあらず、しかれども富を増進す
 福音はこの世のことにあらず、しかれども人をその中心において
 活かすゆえに活動の全ての方面においてこの世を啓発す。
 この世以外の福音こそ、この世を救う唯一の勢力なれ。
●福音は社会のためにあらずして、社会は福音のためなり
 福音は顕れたる神の聖旨を実顕せんがために世を造り給いしなり。
 福音は目的にして社会は手段なり(内村鑑三)
●<キリスト教の真意>(内村鑑三)
 活動思索の全ての方面においてエホバの神を崇め奉る、
 これキリスト教の真実となす。
 −天体に神の栄光を探る
 −地層に神の御手の工(ワザ)を求む
 −詩歌に神の無限の愛をたたえる
 −美術に神の美妙の理想を現わす
 −農は神と共に神の地を耕すこと
 −工は神と共に造化の上に、さらに造化を加えること
 −商は神と共に神の物産を広く四方に分かつこと
●世に惨事多きや、福音を説くべし
 世に罪悪多きや、福音を説くべし
 国家を救わんと欲するや、福音を説くべし
 社会を改良せんと欲するや、福音を説くべし
 福音は世を救うための神の能(チカラ)なり(内村鑑三) 
●人は一人もこれを信ぜざるも、我が福音は真理なり。
 人はことごとくこれを棄却するも、我が福音は真理なり。
 人はこぞってそのために我を排斥するも、我が福音は真理なり。
 我が福音は人の福音にあらず、神の福音なり。
 ゆえに我れは神に拠(ヨ)り、独り終わりまでこれを保持せんと欲す
 (内村鑑三)
 
ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-06-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。